さくらしめじ「うたはつづくよどこまでも」 PR

さくらしめじ|2人の未来照らす意欲作 インタビュー&コレサワ対談で徹底解剖

さくらしめじが11月28日にミニアルバム「うたはつづくよどこまでも」をリリースする。

7月には東京・日比谷野外大音楽堂でのワンマンライブを成功させた彼ら。2人にとって「大きな変化があった」というこのライブを経て発表される新作は、これまでのさくらしめじの楽曲のイメージを覆すような四つ打ちのミドルチューン「My Sunshine」をリード曲とする作品で、2人はこの楽曲にさくらしめじの新たな“決意表明”の思いを込めた。

彼らが今作に乗せたメッセージとは、いったいどんなものなのか。音楽ナタリーの特集では、田中雅功と髙田彪我に今自身が感じていること、楽曲への思いを語ってもらった。加えて特集後半には、今作のカップリング「届けそこねたラブソング」の作詞作曲を手がけたコレサワとさくらしめじの対談も掲載する。

取材・文 / 三橋あずみ 撮影 / 須田卓馬

さくらしめじインタビュー

見える世界が変わってきました

──まずは、2018年がさくらしめじにとってどんな1年だったか、というところから話を聞けたらと思うのですが。特に印象に残っている出来事などはありますか?

田中雅功 今のところ一番大きな経験は7月にあった日比谷野外大音楽堂でのワンマンライブ(参照:さくらしめじ、湿度MAXの野音で菌育完了!雨中の大合唱で「ずっと一緒に!」)です。この野音を経て、今まで感じていた以上にライブの楽しさを感じるようになりました。野音では「お客さんと一緒にライブを作る」っていうことを意識してステージを作っていったんですけど、その甲斐もあってか、みんなでライブを作る楽しさがよりわかるようになって。今までは本番前に「決めごとを覚えていられるかな、ミスしないかな」とか不安がよぎったりもしたんだけど、最近は楽しみでしかない、と言うか。

髙田彪我 うんうん。

田中雅功

雅功 ライブをすることに緊張して硬くなっちゃう部分が多少なりともあったんですが、みんなで心の底から盛り上がって一緒に歌うっていうことを野音で経験して、「ライブってこんなにも素敵なんだ」と改めて感じることができたから、見える世界が変わってきました。

──それってすごく大きな変化ですよね。

雅功 はい。今はホントに純度100%で「ライブが楽しい!」って思います。

彪我 僕も雅功と同じ気持ちで、野音を経てからライブへの楽しみがより強くなりました。アンコールを待つ間に、皆さんが「おもいでくれよん」を歌ってくれたんですけど、それがもう……。

雅功 鳥肌立った! 感動したよね!

彪我 もう、すーごいうれしかったんですよ。みんなで一緒に歌うとか手拍子してもらうってことが、こんなにも楽しいものなんだなって改めて実感できて。

雅功 最近はライブ前、「楽しみだねー!」とか言いながら2人で準備してます。今まではすごく真面目な感じで準備してたけど、最近は緊張も楽しめると言うか。緊張を緊張と思わなくなってきた感じがあるよね。

彪我 ちょっとしたドキドキはあるけど、それもライブの楽しみの1つだと考えられるようになりました。

「いい経験になるんだろうな」ということはリハーサルのときから感じていた

──野音を振り返ると、ものすごい雨だったじゃないですか。

髙田彪我

彪我 僕はすごく燃えましたよ! あんな天気だったにも関わらず、すごくたくさんの方が来てくれて……真夏の太陽が照っている野音も楽しかっただろうなと思うけど、あの雨の野音ではまた違った団結力が生まれたんじゃないかなって思います。

──あの環境にいたら「絶対楽しんでやる!」って燃えますよね。

彪我 そうなりますよね!(笑)

雅功 「台風なんかにつぶされてたまるか!」と、そういう感じがすごくありました。あんな雨の中でのライブなんてなかなかないと思うし、「これはきっと僕たちのいい経験になるんだろうな」ということはリハーサルのときから感じていたんで、「楽しむしかないだろう」と考えていましたね。

──ただ、2人の心境にそんなに変化があったライブだとは思っていませんでした。

雅功 準備の段階から「何かをつかめるライブにしよう」とは思っていたんです。これからもさくらしめじとして活動していくうえで、何か得るものがあるように……と思ってリハーサルを進めていたので、本当にそうなってよかったなって思います。