Qyoto「It's all in the game」 PR

Qyoto|個性豊かな6人が「BORUTO-ボルト-」彩るさわやかなアンサンブルを生み出すまで

京都出身の現役大学生6人組バンド、Qyotoが2ndシングル「It's all in the game」を7月11日にリリースした。フジテレビ系ノイタミナ枠のアニメ「DIVE!!」のオープニングテーマとして話題を呼んだメジャーデビューシングル「太陽もひとりぼっち」に続く新作。表題曲はテレビ東京系アニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」のオープニングテーマとして、カップリングの「君と僕とアクロス・ザ・ユニバース」は関西テレビほかで放送されていた横山由依(AKB48)初主演ドラマ「はんなりギロリの頼子さん」の主題歌として、それぞれ書き下ろされた。

本作の発売に際し、音楽ナタリーではQyotoのメンバー全員にインタビューを実施。新作についてはもちろん、デビュー以降のバンドの今についても聞くうちに、これまでベールに包まれていた個々のキャラクターやロックバンドらしさが見えてきた。

取材・文 / 田山雄士 撮影 / 大橋祐希

個性の強い6人

──今回はメンバー全員に来てもらったんですけど、やっぱりそれぞれの醸し出す雰囲気がどこか似てるような感じがします。

中園勇樹(Vo)

中園勇樹(Vo) どうなんだろう(笑)。とにかくみんな仲はいいですよ。

KENSUKE(Dr) うん。ものすごく個性が強い6人やけどな。

RYOTA.(Key, Sax) だからこそバランスが取れると言うかね。

TSUCHIYA(G) 各々の好きな音楽にしても違うしなあ。ただ、そこで「違うジャンルを知る機会になる」って思えるような性格なんです。

TAKUYA(B) 新曲の「It's all in the game」にしてもね。イントロはハードな側面が出てて、ロック寄りじゃないですか。あの部分は僕とツッチー(TSUCHIYA)とKENSUKEの好みが反映されてます。一方でメロディが懐かしい感じはQyotoの特徴やけど、それは勇樹とHIROKIとRYOTA.がもたらしてくれてるのかなと。

──バンドのリーダーっているんですか?

HIROKI(Violin) 実はいないんですよ。フラットな感じでやってますね。

中園 Qyotoを最初に組んだHIROKIでも僕でもない。

TSUCHIYA リハも誰となく「始めようか」「終わろうか」って言う感じやもんな。

RYOTA. 責任を押し付けるようなのはイヤだしね(笑)。

──じゃあ、バンマス的な性格なのは?

KENSUKE 楽曲制作に関してはツッチーが主導権を取ってくれることが多いよね。

TSUCHIYA そうだね。ライブとかステージ回りとかはTAKUYAが考えてくれます。曲と曲のつなぎや流れ、「ここでMCを入れよう」みたいな。

視覚的にも楽しめるライブを

──ライブはだいぶ場数を踏んできた感じですか? 前回のインタビュー(参照:「太陽もひとりぼっち」インタビュー)のときは、Qyotoとしてまだ1回(アニメ「DIVE!!」のイベント)しか人前で演奏したことがない状況だったので。

HIROKI(Violin)

HIROKI あーっ! そうかあ(笑)。インタビュー自体も初めてだったんですよね。

中園 すでに懐かしい! まだまだな部分もあるんですけど、1年前よりは確実に成長してると思います。

HIROKI 学業と並行しつつも、ライブは月に少なくとも2、3本はやる方針で。

中園 毎回のライブが終わったら反省会もして。

TSUCHIYA そう。必ず映像と音源でチェックして、見せ方や改善点についてミーティングを重ねてね。

KENSUKE 「It's all in the game」のギターソロとバイオリンソロの掛け合いはそういう中から生まれてきた発想ですね。

TSUCHIYA ステージではHIROKIの近くに行って、例えば背中合わせで演奏してみたり。わかりやすいツインソロの見せ方を考えてます。

TAKUYA 言ってしまえば、HIROKIはバイオリンを持って居てくれるだけで武器になるから。

HIROKI 視覚的にもね。

──バンドがバイオリン奏者とステージに立つのって、独特の距離感ですよね。

TAKUYA 僕は隣で演奏してることが多いんで、弓がぶつかりそうになります(笑)。

中園 あるある! 俺も1回当たったもん。なかなかスリリングですね。

HIROKI ま、僕はソロに徹する感じなので、ほかはあまり目立たなくていいんです。メインはボーカルだと思ってるから、歌がない箇所でがんばれれば。

RYOTA. 個人的には音だけではなく6人の動きでも躍動感を表現するライブパフォーマンスができるように変わってきてると思います。

Qyoto「It's all in the game」
2018年7月11日発売 / アリオラジャパン
Qyoto「It's all in the game」初回限定盤

初回限定盤 [CD+DVD]
1500円 / BVCL-891~2

Amazon.co.jp

Qyoto「It's all in the game」通常盤

通常盤 [CD]
1100円 / BVCL-893

Amazon.co.jp

Qyoto「It's all in the game」通常盤

期間生産限定盤 [CD]
1300円 / BVCL-894

Amazon.co.jp

CD収録曲
  1. It's all in the game
  2. 君と僕とアクロス・ザ・ユニバース
  3. 太陽もひとりぼっち -Special Acoustic ver.-
  4. It's all in the game -Instrumental-
初回限定盤DVD収録内容
  • 「It's all in the game」 MUSIC VIDEO
  • 「太陽もひとりぼっち directed by 大河臣」 MUSIC VIDEO
Qyoto road to Qingdom “生誕1周年”
ファンミーティング

2018年8月22日(水)大阪府 ヒルズパン工場

Qyoto(キョウト)
Qyoto
中園勇樹(Vo)、HIROKI(Violin)、TSUCHIYA(G)、TAKUYA(B)、KENSUKE(Dr)、RYOTA.(Key, Sax)の6人からなる京都出身のバンド。京都市内でストリートライブを行っていた中園に、HIROKIが声をかけ2016年に結成された。2017年8月にフジテレビ系ノイタミナ枠のアニメ「DIVE!!」のオープニングテーマ「太陽もひとりぼっち」でデビューを果たした。2018年7月にはテレビ東京系アニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」のオープニングテーマ「It's all in the game」と、ドラマ「はんなりギロリの頼子さん」の主題歌「君と僕とアクロス・ザ・ユニバース」を収めた2ndシングルをリリースした。