ナタリー PowerPush - PUFFY

石野卓球と初タッグ「しまじろう」曲

昨年はデビュー15周年ということで、ファンクラブの期間限定結成やアニバーサリーライブ等で大忙しだったPUFFYの2人。今年初リリースとなるシングル「トモダチのわお!」は、作詞作曲(詞はPUFFYとの共作)を石野卓球が手がけた、PUFFYにとって新たな挑戦を含んだテクノナンバーだ。そんな今作について、また、気になる今後の活動について、2人に語ってもらった。

取材・文 / 向出早苗

 
mixiチェック

卓球さんが「こういうの待ってたんだよね」って

──去年はイベントもいろいろ盛りだくさんの1年でしたけども、終えてみての心境は?

インタビュー写真

吉村由美 もう隠居しようかなと。

大貫亜美 スナックPUFFYでも開いて(笑)。

──じゃあもうやり切った感覚?

由美 と思ったら、そんなに明確にがっつりやったなって印象がないというか。すごく忙しかったけど、終わってしまえば全然平気だね、って話になって。

亜美 あのときはあれがめいっぱいだったんだけど、終わってみると、何がそんなに忙しかったっけ?って。ただ忘れっぽくなってきてるのかもしれないけど(笑)。

──で、今回の作品なんですが、テレビ東京系でオンエア中の「しまじろうのわお!」のエンディングテーマとしてオンエアされてますね。

亜美 最初にエンディングテーマのお話をいただいたのは去年の年末頃で。

由美 レコーディングは今年に入ってすぐくらいだったと思います。

──石野卓球さんと制作した作品ということで、聴いていてとても新鮮でした。

亜美 しまじろうの番組のエンディングっていうのは決まってたから、どうしたらPUFFYらしくもあり、今までやったことない感じにもなり、なおかつ子供たちにも喜んでもらえて、あとになって自分たちの作品としても「とてもいいものになったね」って言えるようなものになるかと考えたんですよ。そうしたら、卓球さんにお願いしてみたらどうかって、テクノに造詣の深い(笑)由美ちゃんが提案して。

由美 ……そうそう。亜美か由美かっていったら私になるよね(笑)。

亜美 ……このやりとり、これ以上続かないね(笑)。まあ、そもそもこれまでも、アルバムの制作ミーティングとかで卓球さんのお名前はたびたび挙がってたんですよ。でもほかの(楽曲を提供してくれる)方と並んだときに、やっぱりどうしても色が違いすぎるんじゃないか、もし合わなかったらどうしよう、って躊躇もあって。でも今回はシングルだし、お願いするのにもいい機会なんじゃないかと思って決めました。そしたら後日、卓球さんが「こういうの待ってたんだよね」って言ってたと伺って、あー、お願いして良かったーって思いましたね。

本人が歌ってるデモテープを聴けるのはホント贅沢

──曲を最初に聴いたときは、どんな印象でした?

由美 私たちって、いつもはリズム録ってダビングして歌を歌って、って流れだけど、今回はちょっと違ったんですよ。ベースのトラックがあって、それに歌を乗せて、またいろいろと音を足して、というような作り方だったので、そこが面白いなあと。あとは、ミックスでこんなに曲が変わるんだって改めて感じたり……すごく勉強になりました。

亜美 大丈夫かな、私歌えるかなってくらいシンプルな曲で、でもビートは決まってるでしょう? それも初めてだったから、始めは探り探り歌ってたんですけども、結構淡々と録れましたね。

由美 あと、曲を提供していただくといつも思うんですけど、ご本人が歌ってるデモテープを聴けるっていうのはホント贅沢ですよね。今回の卓球さんのデモも、そっちを皆さんに聴かせたら私たちのよりいいって絶対言われるから聴かせられないね(笑)っていうくらい良かったです。

ニューシングル「トモダチのわお!」/ 2012年5月23日発売 / Ki/oon Music

  • Amazon.co.jpへ
  • 初回限定盤[CD+DVD] / 1575円(税込)/ KSCL-2038/9 / Amazon.co.jpへ
  • Amazon.co.jpへ
  • 通常盤[CD] / 1223円(税込)/ KSCL-2040 / Amazon.co.jpへ
CD収録曲
  1. トモダチのわお!
  2. トモダチのわお! ~しまじろうとあそぼ!ヴァージョン~
  3. トモダチのわお! カラオケ!
  4. トモダチのわお! TVエンディング!
初回限定盤DVD 収録内容
  • トモダチのわお!Music Video

トリビュートアルバム「PUFFY COVERS」/ 2012年7月4日発売 / 3200円(税込) / Ki/oon Music / KSCL-2061 / Amazon.co.jpへ

  • Amazon.co.jpへ
参加アーティスト / 収録曲
  • 井上陽水奥田民生「アジアの純真」
  • 奥田民生「サーキットの娘」
  • 奥田民生「オリエンタル・ダイヤモンド(宅録DEMO音源)」
  • OKAMOTO'S「ジェット警察」(※新録)
  • 氣志團「マイストーリー」(※新録)
  • ギターウルフ「女マシンガン」(※新録)
  • グループ魂「渚にまつわるエトセトラ」(※新録)
  • 斉藤和義「晴れ女」(※新録)
  • ザ・クロマニヨンズ「はさんじゃうぜ」
  • The Birthday「誰かが」(※新録)
  • the pillows「海へと」(※新録)
  • スピッツ「愛のしるし」
  • フジファブリック「Bye Bye」
  • 真心ブラザーズ「これが私の生きる道」(※新録)
  • 吉井和哉「くちびるモーション」
  • LOW IQ 01「MOTHER」(※新録)
  • ROLLY「たららん」(※新録)

※曲順は後日発表。

PUFFY(ぱふぃー)

プロフィール写真

大貫亜美、吉村由美の2人からなる女性ボーカルデュオ。1996年に奥田民生プロデュースのシングル「アジアの純真」でデビュー。力の抜けた自然体のスタイルと、ハイクオリティな楽曲で一躍注目を集め、「これが私の生きる道」「サーキットの娘」「渚にまつわるエトセトラ」などヒット曲を連発する。その後も草野正宗、宮藤官九郎、斉藤和義、椎名林檎、志村正彦、チバユウスケ、東京スカパラダイスオーケストラ、トータス松本、細美武士、山中さわおといった国内の著名アーティストや、アヴリル・ラヴィーン、アンディ・スターマー、ブッチ・ウォーカーといった海外アーティストによる楽曲提供を受け、音楽性の幅を広げつつさらなる活躍を続ける。2002年には「Puffy AmiYumi」名義で北米ツアーを敢行。2004年からは2人をモデルにしたアニメ「ハイ!ハイ!パフィー・アミユミ」が全米でブレイク、世界110カ国以上でオンエアされた。2011年4月にはデビュー15周年を記念したニューアルバム「Thank You!」をリリースし、全国ツアーを実施。同年11月に2枚組のベストアルバム「15」を発売した。2012年最初のシングルは、テレビ東京「しまじろうのわお!」エンディングテーマに起用された「トモダチのわお!」。