popoq「Essence」 PR

popoq|「popoq」という“固有種”になるための第一歩

テーマは3つの夢

──ミニアルバム「Essence」の1曲目「flower」は、バンドの初音源「Othello」にも収録されている楽曲ですよね。なぜこの曲を改めて収録したんでしょうか?

上條 4人編成だった頃は僕と右京は曲を書いていなかったんです。コンポーザーが脱退して、僕が初めてpopoqとして書いた曲が「flower」なんです。この曲が完成したことで、今のpopoqのサウンドの方向性が定まった手応えがあって。

右京 最初に渉さんが「flower」を持ってきたときは驚きました。「え、こんな曲書けたの!?」って。「flower」が生まれる前のpopoqは、ざっくりとしかバンドの方向性が見えてなかったんですよ。

上條 僕の中で表現したいテーマが見つかったのも「flower」ができたおかげですね。僕、歌詞に必ず「夢」というテーマを込めているんです。夢にも3つの意味があって、将来とか目標に向かっていく夢、眠ったときに見る夢、儚さや幻想的である様子を表す夢、この3つをテーマに詞を書いているんです。

──3年ぶりにレコーディングをしてみて、バンドのサウンドはどう進化しましたか?

右京(Dr, Cho)

右京 何年も演奏してきた曲なので、メンバーの曲に対する理解度が深まっている実感があるんです。3年前はできなかった挑戦的なことも今回できるようになって。例えばシンセサイザーを使ってオルガンの音を再現してみたり、ちょっとコーラスの重ね方を変えたりしています。

オグラ 僕らの音楽にはシューゲイザーの要素も入っているんですが、3年前は自分たちで曲を作っておきながら、シューゲイザーというものを完全に理解していなかったんですよね。今の僕らは自分たちの楽器に対する理解度も上がっているから、各自がどう楽器を鳴らせば浮遊感が出せるのかとか、いろいろサウンドに対するアプローチが変わっていると思います。

上條 僕らは3人だから3つの楽器しか使えないという考え方はまったくなくて、音源ではやりたいことを全部やって1つの作品を完成させたいと思っているんです。だから「flower」にはシンセを入れてギターも重ねて、いろんな音を混ぜ込んで今の僕らでこの曲を完成させたかったんです。結果として納得いく作品になりました。

あえて無機質に歌う

──ミニアルバムのタイトルが「Essence」で、今作には「essence ~intro ~」「essence」と表題を背負った曲が2曲収録されています。「Essence」にはどういう意味が込められているんですか?

右京 初の全国流通盤だから、僕らはストレートにバンドの本質を詰め込んだ作品を打ち出したくて「Essence」という言葉を選びました。

上條 「Essence」には今までの自分たちが込められているし、これからの自分たちの可能性を切り開くような曲も入っていると感じているんです。いろんな方向性の曲を詰め込んだんですけど、今のpopoqらしい6曲がそろったミニアルバムになったのかなと思っています。

オグラユウキ(B, Cho)

オグラ 今まで僕らの音楽を聴いてくれてる人たちには納得してもらえると思うし、この作品で僕たちの音楽を知ってくれた人たちにも伝わりやすい作品になったんじゃないかな。

──表題曲「essence」はキレイなメロディとノイジーなサウンドが共存した、popoqの要素を1曲に凝縮したような曲ですよね。

右京 メロディがキレイなのは大前提として、渉さんのボーイソプラノを一番生かすサウンドを意識しながら書いた曲ですね。エモーショナルな部分もあるんですけど、どことなくクールな感じが出したくて、あまりエモくなりすぎないように気を付けています。

上條 ボーカルの歌録りにはけっこう気を使いました。エモい部分で僕が気持ちを入れすぎてしまうとクールな感じにはならないんですよ。あえて無機質に歌うというか、どれだけキレイに歌い上げられるかをすごく意識しました。

──それは上條さんのハイトーンを生かすための工夫ですか?

上條 そうですね。思いや感情は歌詞に込めているんです。もちろんそれを歌で表現することもできるんですけど、ボーカリストとしての僕はあくまでこの声を届けたい。この声を一番魅力的に届けるための歌い方を選びたいんですよね。

──ちなみに「essence」のイントロを「essence ~intro~」として別のトラックにしているのはなぜですか?

右京 初の全国流通盤なので、1曲目は今のpopoqの始まりの曲である「flower」にしたくて。そこから2曲目に入る前に、ちょっと大きな転換というか、場面の切り替わりをインストで表現したかったんです。さっき話したようにSFも僕らの中で大事にしている1つのテーマなので、ワープというか、ちょっとワクワクする音作りの曲で「essence」という曲へのブリッジを作ってみました。

──ミニアルバムの最後に収録されている「solaris」という楽曲も、SFの要素が含まれた世界観の楽曲ですね。

右京 「solaris」は渉さんが半年ぐらい前からずっと弾いてた曲だったんですけど、なかなか仕上げまで進まなかったんです。なので曲を預けてもらって、僕が作曲を担当することにして、徐々に今の形に近付けていきました。

上條 「solaris」という曲は「惑星ソラリス」(1972年公開のSF映画)という作品が元ネタなんです。この映画は、惑星ソラリスに近付くとその人の潜在意識にある願いごとが叶う、という話なんですけど、人間によって願いごと、望むものって違うんですよね。作品の中で描かれているフィクションの部分と、自分の経験をベースにしたノンフィクションの部分を織り交ぜて、すごく気持ちが入った1曲になったと思います。

──この曲はMVも公開されていますね。

右京 僕らが表現するSFの要素をMVで形にしたくて、きれいな景色ときれいな演者を使ってちょっと不思議なMVを作ってもらいました。

上條 「惑星ソラリス」で描かれているのが海なので、キレイな海をロケ地にしてもらって。あとは森ですね。ちょっと電飾を使ったりして、森での演奏シーンは幻想的な感じになっているんです。

popoqという生き物になりたい

──今後バンドとしてどうなっていきたいか、具体的なビジョンはありますか?

オグラ まず今年1年はやっと全国に僕らの音源が届けられたので、「Essence」というミニアルバムを1人でも多くの人に聴いてもらいたいです。この次はもっと挑戦的な作品を作りたいよね。

右京 やりたいことはたくさんあるんです。もっとシンセサイザーを入れた曲を作りたいし、ブリティッシュポップのような要素を入れた曲とか、いろんなサウンドを詰め込んだドリームポップを作りたいとか……。

上條 僕は個人的にアコースティックな曲に挑戦していきたいですね。シンプルになればより歌を届けやすくもなると思うので。

──8月からは全国ツアーが開催されます。CDの音源を3人で再現するのはけっこう大変ですよね。

右京 同期に頼りすぎてもバンドとしてカッコよくないので、最低限の音を入れつつ、なるべく生っぽいサウンドをライブでは届けるようにしています。

──例えば右京さんの場合、ドラムを叩かなきゃいけないけどシンセも弾きたい、みたいな欲求はありますか?

右京 メッチャあります。シンセ大好きなので(笑)。

上條渉(Vo, G)

上條 僕ら担当楽器はそれぞれあるんですけど、3人共その楽器に縛られる必要はないな、と思ってるんです。右京がギターやシンセを弾く曲があってもいいし、例えばオグラさんがシンセ系のベースを鳴らす曲があっても面白いと思うし。

右京 オグラさんにもドラム叩いてほしいなあ。

オグラ (笑)。各自が好きなことをやったとしてもpopoqという軸からブレないバンドを目指したいですね。

上條 ポストロックとかオルタナティブとか、popoqはいろんなジャンルに当てはまるようで当てはまらないんですよね。「popoqのようなサウンドのバンド、ほかにないよね」と言われるくらい、圧倒的な存在になりたいです。

右京 popoqをジャンルにしたいんですよ。もっと言うとpopoqという“生き物”として認識されたいんです。

──生き物ですか?

右京 生き物って「あ、犬だ」みたいに種類で呼ばれるじゃないですか。それくらいpopoq存在が知れわたって、気軽に呼ばれるような存在になりたいんです。

オグラ ホールツアーとかアリーナツアーとか、そういう大規模なライブが打てるような存在にはなりたいですね。そのためのいい第一歩が「Essence」で踏み出せたと思ってます。

popoq
popoq「Essence」
2019年7月10日発売 / コドモメンタルINC.
popoq「Essence」

[CD] 1500円
CMI-0059

Amazon.co.jp

収録曲
  1. flower
  2. essence ~intro~
  3. essence
  4. echo (2019 mix / remastered)
  5. orelei
  6. solaris

ライブ情報

popoq「Essence Release Tour – the Impluse of "Essence" –」
  • 2019年8月3日(土)東京都 下北沢BASEMENT BAR
  • 2019年8月12日(月)京都府 GROWLY
  • 2019年8月13日(火)大阪府 北堀江club vijon
  • 2019年8月30日(金)茨城県 club SONIC mito
  • 2019年9月1日(日)宮城県 FLYING SON
  • 2019年9月8日(日)群馬県 GUNMA SUNBURST
  • 2019年9月12日(木)愛知県 APOLLO BASE
  • 2019年10月1日(金)東京都 下北沢MOSAiC
popoq(ポポキュウ)
popoq
上條渉(Vo, G)、オグラユウキ(B, Cho)、右京(Dr, Cho)の3人からなる3人組のロックバンド。2013年10月に群馬で結成され、2016年6月に初音源「Othello」を発表した。同年12月に開催されたコンテスト「RO69 JACK COUNTDOWN JAPAN 16/17」に入賞。2017年1月に自主企画イベント「Melt vol.1」を初開催し、以降定期的に同イベントを主催し続けている。2019年7月、コドモメンタルINC.より初の全国流通盤として1stミニアルバム「Essence」をリリースした。