ナタリー PowerPush - MISIA

音楽の翼で羽ばたくペガサスに

MISIAの2014年第1弾シングル「僕はペガサス 君はポラリス」がリリースされた。前作「幸せをフォーエバー」から約5カ月ぶりの新曲となったこの「僕はペガサス 君はポラリス」は、現在放送中のテレビドラマ「S -最後の警官-」の主題歌として書き下ろされた楽曲だ。

インタビューではシングルの制作過程を詳しく語ってもらううち、昨年末に惜しまれつつこの世を去ったドラマー、青山純の話題に。今作にはMISIAがデビュー当時から時間をともに過ごしてきた名ドラマーとのゆかり深い思い出と、最後の共演となったプレイが収められている。

取材・文 / 平山雄一

 
mixiチェック

スローバラードとはちょっと違うBPM85の表現

──「僕はペガサス 君はポラリス」の制作はどんな風に始まったんですか?

ドラマのタイアップのお話をいただいてから、書き下ろしました。「ラブソングにもつながるバラード」っていうお話でしたが、台本と原作を読ませてもらって、男らしい強さをテーマにした世界観だと思ったので、もしかしたらバラードじゃないほうがいいかもっという印象でした。いわゆるスローバラードのテンポは、1分間に70拍以下というイメージですよね?「僕はペガサス 君はポラリス」は85ぐらいあるんです。このテンポは、バックが壮大だとバラードにも聞こえるし、ビートが細かく刻まれているとミディアムに聞こえるっていう、中間のテンポなんです。

──なるほど。

最初に集めたデモ曲、いい曲が多かったんですけど、その中でプロデューサーが、この曲がいいんじゃないかなって。最初は、これまでにはなかった曲なので、私に合うかな?と思いましたが、試しに歌ってみたらすごくよくて! ドラマにも「絶対これがいちばん似合う!」って。バラードにもなるし、ミディアムの熱いテンポのものにもなるっていう、すごく絶妙な感じ。それと、MISIAが今までやったことのないタイプの曲だったので、やっぱり新しさっていう意味でも聴いた人にハッとしてもらえるかなと。しかも、新しいタイプの曲って、私、歌詞を書きたくなるんです。

──へえー! そういうものなんですね。

だから、ものすごく創作意欲の湧く楽曲だなあって思ってました。そうしたら、次にドラマ側から来たのは「ラブソングだけじゃなくて、友情にもつながるような歌がいい」っていうオーダーでした。

──変わっちゃった(笑)。

そう(笑)。ラブソングも友情もっていう。たぶん愛の範囲がちょっと広くなってた。だったら、よりいいんじゃないかって「僕はペガサス 君はポラリス」をプレゼンしてみたら、向こうもすごく気に入ってくれてOKになったんです。じゃあ、さっそく歌詞を書こうって。

──創作意欲は満々だし(笑)。

そうそう。ただ「ああ 風になり ああ 光になり」っていうフレーズは、曲だけの状態のときからなんとなく聞こえてはいたんです。改めて原作を読んで、歌詞を書いて、同時にアレンジと楽器レコーディングを進めていきました。

横山裕章×重実徹×服部隆之

──作・編曲の横山裕章さんとは今回が初めて?

はい。でも彼は、MISIAの楽曲をデビュー当時から全部聴いてくださっていて。お話をしてると、私の楽曲のアレンジにも詳しくて、ものすごく音楽マニアなんですよ。なので、全体のプロデュースを重実(徹・MISIAのライブのバンマス)さんに、アレンジを横山さんにやってもらうことにして、さらにストリングスは服部隆之さんにお願いしましょうってなったんです。そうしたら、すごい面白いアレンジになりました。

──楽しくて、しかも思いどおりの制作だったんですね。

はい。楽器レコーディングは、「できることなら今回のツアーで一緒にやっているバンドメンバーとレコーディングができたらいいね」って、レコーディングのスケジュールを組んでいきました。

ニューシングル「僕はペガサス 君はポラリス」 / 2014年2月5日発売 / アリオラジャパン
初回限定盤 [CD] / 1500円 / BVCL-573
初回限定盤 [CD] / 1500円 / BVCL-573
通常盤 [CD] / 1200円 / BVCL-574
初回限定盤収録曲
  1. 僕はペガサス 君はポラリス
  2. Jewelry
  3. 君の太陽になろう
  4. 恋は終わらないずっと(Candle Night Live)
通常盤収録曲
  1. 僕はペガサス 君はポラリス
  2. Jewelry
  3. 君の太陽になろう
MISIA(みーしゃ)

長崎県生まれの女性シンガー。1998年2月にシングル「つつみ込むように…」でデビュー。同年6月に発表した1stアルバム「Mother Father Brother Sister」は200万枚以上を売り上げ、R&Bブームの火付け役存在となる。2000年に発表したシングル「Everything」はドラマ主題歌にも起用され、200万枚を超えるセールスを達成した。2013年2月にはデビュー15周年記念ベストアルバム「MISIA SUPER BEST RECORDS -15th Celebration-」を発表。その直後にスタートした全国ツアー「MISIA 星空のライヴVII -15th Celebration- Schedule」は2014年3月まで、合計75公演におよぶ。2014年2月に最新シングル「僕はペガサス 君はポラリス」をリリース。