ナタリー PowerPush - LOVE LOVE LOVE

“あの頃”の景色と気持ちを歌で伝えるスリーピースバンドがメジャーデビュー

誰もが経験する甘酸っぱい青春の1ページ。ずっと続くと思っていた、そんなあの頃の気持ちを素直なリリックで表現するのが、京都発のスリーピースバンド・LOVE LOVE LOVEだ。

彼らのデビューミニアルバム「ソライロノオト」は、寺井孝太(Vo,B)の空に対する想いから生まれた曲「夕焼けルーシー」を中心に全7曲を収録。不思議と心が優しくなり、思春期の気持ちを思い出して胸がチクッと痛くな る……そんな至福の音に包まれてみてほしい。

取材・文/川倉由起子 インタビュー撮影/中西求

 
mixiチェック

大学時代のサークルでは、ブラスを取り入れた音楽をやっていた

インタビュー写真

──皆さんはもともと滋賀県立大学の音楽サークルで出会われて。

寺井孝太(Vo,B) そうですね。でも、出身は僕が大阪で……。

澤本康平(Dr) 僕、兵庫です。

浦山恭介(G) 名古屋です。

──バラバラなんですね。

浦山 滋賀は誰もいないんです、実は。

寺井 なので、「どこのバンド?」みたいに聞かれたら、そのときどきに応じて(笑)。

浦山 でもずっと京都を中心に活動してきたので、一応は京都のバンドということで。滋賀県に住んでたときは、琵琶湖の湖畔をぐるっと回っていつも京都へ繰り出してましたね。

──結成のきっかけとなった大学の音楽サークルって、どんな感じだったんですか?

浦山 最初はビッグ×バンド部っていうサークルに入ってて。今のスタイルとかけ離れたブラスを取り入れたバンドのコピーとかをやってたんです。

──まずはそこで3人が出会って。そこからどうやって今のバンドの形に?

寺井 この3人はサークル内でも同じバンドに所属してて、休憩時間に適当に音を合わせたりしてたんです。

浦山 ビッグ×バンド部にいながら3人の活動もコソコソするようになったんですが、結構肩身が狭い感じで(笑)。当時、寺井が軽音部にも兼部で入ったので、僕らもそこに移籍したんです。

寺井 ライブ活動は学内というより、外をメインにやってた感じでしたね。

初ライブでは「愛を届けに来ました!」みたいなこと言ってて

──では、具体的な結成日というのはなく?

寺井 そうなんです。強いて言うなら初めてライブをやることになったあたりですかね。ただそのときはバンド名もなくて。名前つけなきゃっていうときに、当時「♪LOVE LOVE LOVE~」って 言いまくってたパンキッシュな曲があったんです。「じゃあそれでいっか?」って(笑)。狙ったわけではなく、ただ目立つ名前がいいっていうそれだけで。途中で1回、本当にこれで行くのかっていう話にはなったんですけど、変えるのも何かダサいなと思ったし。

浦山 最初にやったときの衝動を忘れないためにも。多分、1回聞いたら忘れないインパクトはあると思うんですよね。

澤本 最初は恥ずかしかったんですけど、最近は自信を持って言えるようになって。今はけっこう気に入ってますね。

インタビュー写真

寺井 よく「女の子3人組だと思いました」とか言われるんですけど、そのときはなんだか申し訳なくて(笑)。でも、そのギャップもまた良しかな、と思ってます。

──寺井さんは当時、やっぱり愛を求めてたんですかね?

寺井 求めてましたねー(笑)。

浦山 初ライブのMCでも確か愛について語ってたよね?

澤本 「愛を届けに来ました!」みたいなこと言ってて。やっぱり愛を求めてたんだろうなあ。

寺井 ……(笑)。

──話は戻って、そこからインディーズでの活動が始まるわけですね。

寺井 単発で終わるつもりだったんですけど、やってみたら割と「お、イケる!」と思えて。あの時の実力を今考えるとそれは大きな勘違いだったんですけど、そこから定期的にやるようになりました。いろんな人がかかわってくれるようになって、オーディションにも出るようになり。そこで何かが開けてきた感じはありますね。

──そして2008年春にいよいよ上京。トントン拍子な感じでしたか?

寺井 いや、自主で出してた頃からいろんなところへデモテープを送ったりしてたんですが、ぜんぜんリターンがなくて。オーディションにはけっこう参加してましたけどね。インディーズで2枚出して、家族や友達と離れるのは嫌だったんですけど、やっぱり夢は捨てられなくて。それで上京してきたんです。

澤本 より厳しい状況に身を置こうっていうのと、リリースのタイミングとも重なってた時期だったので。

浦山 僕たち自身の気持ちもグッと上げるために。東京では地盤も何もなかったので、ほぼゼロからのスタートでしたけどね。

ミニアルバム『ソライロノオト』 / 2009年5月27日発売 / 1800円(税込) / SPEEDSTAR RECORDS / VICL-6334

  • Amazon.co.jp
CD収録曲
  1. 夕焼けルーシー
  2. マッシュ
  3. ランドリー
  4. 夜の果て
  5. 消えた財布と落とすバカ
  6. 狂える僕らの深層心理
  7. ハルカナ、ハル
LIVE INFOMATION
LOVE LOVE LOVE LIVE TOUR 2009 「ソライロアワー」
2009/06/26(金)新代田FEVER
出演:LOVE LOVE LOVE/乍東十四雄/and more
OPEN 18:30 / START 19:00
2009/06/30(火)大阪LIVE SQUARE 2nd LIVE
出演:LOVE LOVE LOVE/D.W.ニコルズ/サンゼン
OPEN 18:30 / START 19:00
2009/07/01(水)名古屋APOLLO THEATER
出演:LOVE LOVE LOVE/D.W.ニコルズ/and more
OPEN 18:30 / START 19:00

前売り ¥2,500(D代別)

LOVE LOVE LOVE(ラヴラヴラヴ)

寺井孝太(Vo,B)、浦山恭介(G)、澤本康平(Dr)によるスリーピースバンド。2003年に大学の音楽サークルで出会いバンド結成。2004年より京都を中心に活動を始め、2008年から拠点を東京に移し全国的な活動を 開始。2008年9月に発表したミニアルバム「ターコイズ」がインディーズシーンで話題を集める。 その後もライブハウスやフェスなどへの出演を重ね、2009年5月27日にミニアルバム「ソライロノオト」でSPEEDSTAR RECORDSよりメジャーデビュー。そのポップなサウンドとみずみずしい世界観が高く評価されている。