神聖かまってちゃん「夕暮れの鳥 / 光の言葉」 PR

神聖かまってちゃん|進撃のロックンロールバンド

神聖かまってちゃんがニューシングル「夕暮れの鳥 / 光の言葉」をリリースした。表題曲の1つ「夕暮れの鳥」はテレビアニメ「『進撃の巨人』Season 2」のエンディングテーマ。賛美歌のように美しく清らかな音色ながら聴き手に不穏な感情を起こさせるこの曲は、アニメの不気味で意味ありげなエンディング映像のイメージも相まって、番組放送開始と同時に世界中のアニメファンの間で話題を呼んだ。

音楽ナタリーではTOKYO MXでアニメの第1話が放送された直後に、の子(Vo, G)と「進撃の巨人」原作者・諫山創の対談記事(参照:テレビアニメ「『進撃の巨人』Season 2」特集|神聖かまってちゃん・の子と諫山創の「弱い人対談」)を公開。諫山がかまってちゃんへの熱い思いを語り、の子が諫山へのシンパシーを口にするこの対談は読者から大きな反響を集めた。そして今回、の子、mono(key)、ちばぎん(B)の男性メンバー3人に集まってもらい、改めてインタビューを実施。多くの人々から熱い視線が注がれている今の状況について彼らに聞いた。

取材・文 / 橋本尚平 撮影 / 上山陽介

  • 1032

    334

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

しゃべったらパーフェクトミュージックが潰れる

──アニメ「『進撃の巨人』Season 2」に曲を書き下ろしたことは第1話がオンエアされるまで明かされていなかったわけですが、放送後は視聴者からの驚きの声が皆さんにもかなり届いたのでは。

左からの子(Vo, G)、ちばぎん(B)、mono(Key)。

ちばぎん(B) そうですね。「めっちゃよかった!」とか。

の子(Vo, G) 「素敵でした」「ビックリしました」って感想はいっぱいもらいました。非難はマジでなかったな。エゴサしたけど「なんだよ、かまってちゃんかよ」みたいのは5回くらいしか見かけなかった。

ちばぎん 世間的に「ワッ」となるだろうなって思ってたのと同時に、アンチみたいなのも絶対に湧くだろうなって予想してたんですけどね。

の子 この曲を聴いて「かまってちゃん、見直した」って言ってる連中もいたけど、別に俺らがやってることの軸は変わってないよな。

ちばぎん うん。今までやってきたことと地続きで、過去の僕らになかった引き出しをアニメのタイアップだから特別出したってわけではない。

の子 むしろ、すごくウチらっぽい曲だと思う。歌詞が全部英語なのは初めてだけど。やっぱ今はみんな、エンディングの映像の印象も込みで「うわっ!」ってなってるところもあると思うから、発売された曲を聴いてまた改めて「よかった」って言ってほしい気持ちもありますね。正直言うと(笑)。

──確かに、昔からバンドの活動を追っているリスナーからすれば、これも1つの“かまってちゃんらしい曲”なんですよね。曲を書き下ろすことが決まったのはいつ頃なんですか?

ちばぎん だいぶ前ですね。1年半くらい前。

の子 この案件が決まったことをずっとみんなに黙ってたんで、それが辛かったっすよね。今までだったら配信とかでなんでも言っちゃってたのに(笑)。

ちばぎん 死ぬほど釘刺されたからね。「人にしゃべった場合は(所属事務所の)パーフェクトミュージックが潰れる」って言われた。

mono(Key) 「それはさすがにまずいね」って。

の子 でもこれで、俺らもやればできるなっていうのがわかりました。かまってちゃんは最低限の決め事は守れるんだって。CMでもなんでもできるってことを今回証明したわけですよ。もうすぐ結成10年目にしてやっと(笑)。

mono ちゃんと約束は守れますよってね。これでまたアニメのタイアップが来るといいね。

の子 だって俺らアニサマ(「Animelo Summer Live」)にだって出たことあるんですから。また出れんのかわかんねえけど。出禁にはなってないよね?

mono わかんないけど、なってそうな気がするんだよなあ(笑)。

もう放送事故は起こさないよ

──初めてタイアップの話を聞いたとき、どんな気分でした。

ちばぎん いや、もう「マジか……」って(笑)。

mono 這い上がるチャンスだと思ったよ、ホントに。

──「這い上がるチャンス」ということは、その時点では自分の中で停滞感のようなものを感じていたんですか?

mono 停滞感はありましたね。集客とかがどんどん右肩下がりになってるのを実感してた時期だったので、「俺ら、このまま何も大きな転機がなかったらヤバいんじゃね?」っていう雰囲気でした。

の子 まあでも、俺は「そうなってしまってもいい」っていう気持ちもありますけどね。俺らが俺らであることがすべてなんで、そこが変わらなければ商業的にどうなってもいいかなって。今回も、タイアップをもらえたのはうれしいけど、そこにすがっちゃいけないってのは常に思ってます。“「進撃の巨人」のバンド”じゃなくて、俺らにはその先があるんで。もし世間的にこれが代表曲だって見られたとしてもそれはそれでいいんですけど、自分らは自分らの力で踏みしめて前に進んでいかなきゃいけない。

──たぶん今回のアニメタイアップをきっかけに「神聖かまってちゃんっていい曲作るな」と初めて興味を持ってくれる人も多いと思います。そういう人に対して「神聖かまってちゃんはこういうバンドです」っていうのを伝えるとしたら、なんて言いますか?

の子 ああ、「もう放送事故は起こさないよ」って。そういうことは別のバンドに期待しとけ。俺はもうやり終わったんだよ(笑)。

ちばぎん 僕はそういう新規の方にはちょっと不安も感じてます。もちろんこの「夕暮れの鳥」っていう曲は神聖かまってちゃんの中の1つの要素ではあるんですけど、かと言ってこういう曲ばっかりやってるバンドでもないから。これを入り口に入ってくれたお客さんが、これから出す曲とか過去の曲を聴いてくれたときに、どれだけ付いて来てくれるのかが全然見えないんですよね。

──それについて言うと、今回のシングルは「光の言葉」との両A面なのがいいなと思いました。この曲はこの曲で、また違ったタイプの「神聖かまってちゃんのど真ん中」という曲なので。

ちばぎん ですね。

──「光の言葉」も「進撃の巨人」のタイアップが決まって書き下ろした曲の1つだと諫山先生との対談で言っていましたが(参照:テレビアニメ「『進撃の巨人』Season 2」特集|神聖かまってちゃん・の子と諫山創の「弱い人対談」)、この曲も「ナウシカのオープニングみたいな映像にしたい」という諫山先生のイメージを汲んで作ったものなんですか?

の子 アニメの制作サイドからは「エンディングテーマを作ってほしい」って言われてたんですけど、途中で「やっぱ歌詞は英語で書いて」って話になったり、長い期間にいろんなやりとりがあったんです。そうしてるうちに「こんだけいろいろ作ってんだからオープニングテーマも勝ち取れるんじゃねえかな?」「これ、俺がどんな球を投げるか次第でどうにでもなるんじゃね?」って気になってきたんですよ。いろんなの作っとけば、オープニングは無理でもアニメの中で使われるんじゃないかとか。

mono 挿入歌ね。

の子 そうそう。それを狙って書いたところはあります。「光の言葉」は。

ちばぎん そういう意味では“攻めの1曲”なんですよね、アニメのスタッフに対しての(笑)。

神聖かまってちゃん「夕暮れの鳥 / 光の言葉」
2017年5月24日発売 / ポニーキャニオン
神聖かまってちゃん「夕暮れの鳥 / 光の言葉」

[CD]
1620円 / PCCA-04531

Amazon.co.jp

収録曲
  1. 夕暮れの鳥
  2. 光の言葉
  3. 男はロマンだぜ!たけだ君っ(2017新録音ver.)
  4. コンクリートの向こう側へ(2017 最新リマスター)
進撃のかまってちゃん駆逐ツアー
2017年6月23日(金)
大阪府 umeda TRAD
2017年6月29日(木)
愛知県 名古屋CLUB QUATTRO
2017年7月2日(日)
東京都 東京キネマ倶楽部
神聖かまってちゃん(シンセイカマッテチャン)
神聖かまってちゃん
の子(Vo, G)、mono(Key)、ちばぎん(B)、みさこ(Dr)の4人からなる“インターネットポップロックバンド”。の子による2ちゃんねるバンド板での宣伝書き込み活動を経て、自宅でのトークや路上ゲリラライブなどの生中継、自作ビデオクリップの公開といったインターネットでの動画配信で注目を集める。2010年3月に初のCD作品となるミニアルバム「友だちを殺してまで。」を発表したのち、ワーナーミュージック・ジャパン内のレーベル・unBORDEと契約してメジャーデビュー。子供の頃の暗い記憶やニートの抱える不安な感情などを美しいメロディに乗せた楽曲、予測のできない破滅的なライブパフォーマンスでファンを増やした。2014年9月にフルアルバム「英雄syndrome」、2016年7月にミニアルバム「夏.インストール」を発表。2017年4月から放送のテレビアニメ「『進撃の巨人』Season 2」にエンディングテーマとして「夕暮れの鳥」を書き下ろし、同曲を収めたシングル「夕暮れの鳥 / 光の言葉」を5月にリリースした。