映画「インクレディブル・ファミリー」 PR

chayが語る「インクレディブル・ファミリー」|女の子だって赤ちゃんだってヒーロー!みんなが共感できるファミリームービー

ディズニー / ピクサーが手がける20作目の長編アニメーション映画「インクレディブル・ファミリー」が8月1日より全国の劇場で公開中。

「アナと雪の女王」「ファインディング・ドリー」を超え、全米アニメーション興収歴代ナンバー1となった本作は、かつてスーパーヒーローとして活躍するも、その活動を禁じられたMr.インクレディブルの家族の姿を描いた作品。「インクレディブル・ファミリー」では爽快感あふれるアクションシーンはもちろん、親なら誰でも感じる子育ての難しさや思春期の女の子がヒーローを務める葛藤などがユーモアたっぷりに描写される。

ナタリーでは本作の公開を記念し、映画、音楽とジャンルを横断した特集企画を展開。音楽ナタリーの特集にはディズニー作品が大好きなchayが登場する。数あるピクサー作品の中で「Mr.インクレディブル」をフェイバリットムービーに挙げる彼女が「インクレディブル・ファミリー」について語るこのインタビューでは、映画好きの父との思い出や各キャラクターの魅力が語られた。

取材・文 / 清本千尋 撮影 / 石井小太郎

女の子でも楽しめる要素がいっぱいのヒーロー映画

──chayさんはディズニーがお好きだそうですが、ピクサー作品はよく観ますか?

chay

はい。新作が出るたびに映画館に足を運んでいます。中でも「レミーのおいしいレストラン」、「Mr.インクレディブル」「トイ・ストーリー」シリーズは鉄板ですね。「トイ・ストーリー」は小さい頃から大好きで、2作目は家族と友達と一緒に大勢で観に行ったことを覚えています。最近は「リメンバー・ミー」を観て、また大好きな作品が増えました。

──「Mr.インクレディブル」「インクレディブル・ファミリー」はヒーロー映画の要素が大きい作品ですが、こういった作品もお好きなんですか?

映画「インクレディブル・ファミリー」より。

ヒーロー映画を観ないわけではないんですけど、自ら観に行くタイプの映画ではないですね。でも代表作はだいたい観てると思いますよ。「Mr.インクレディブル」は「女の子向けじゃないかな?」と思いつつも、ピクサー作品のファンなので映画館に観に行ったんです。実際に観てみたらヒーロー映画ではあるものの、それ以外の要素もいっぱいあって、すごく面白くて。末っ子のジャック・ジャックが本当に愛らしくて癒やされたことをしっかりと覚えています。私は東京ディズニーランドや東京ディズニーシーによく行くんですけど、パーク内でMr.インクレディブルを見つけるとうれしくて近付いていってしまいます(笑)。

ヴァイオレットとボブの関係は思春期の自分と父を見ているよう

chay

──どういうジャンルの映画が好きなんですか?

ヒューマンドラマが一番好きです。あとホラー映画も好きでよく観に行きます。洋画も邦画も韓国映画も……なんでも観ます。

──幅広く映画を観ているんですね。

父が映画好きなんです。「1年間で300本くらい映画を観てる」と言うんですけど、本当に観てるんじゃないかと思うほど、空いてる時間はずーっと映画を観ている人で。夜通し観るときは家族に迷惑をかけないように映画用の高音質のヘッドホンを付けて嗜んでいて(笑)。父の影響もあって私も映画好きで、今でもよく2人で映画を観に行きます。

──「インクレディブル・ファミリー」では娘のヴァイオレットが思春期だということもあって、お父さんのボブとうまくいかないシーンも多々描かれます。chayさんは昔からお父さんと仲がいいんですか?

映画「インクレディブル・ファミリー」より。

いや、実は中学2年生の頃にものすごい反抗期があって。「インクレディブル・ファミリー」で2人のやりとりを観て、そのときのことを思い出しました。だからヴァイオレットにすごく共感したんですけど、きっと女の子ならみんな共感できるんじゃないかなと思います。

覚醒した赤ちゃんヒーローに大興奮

──「インクレディブル・ファミリー」を鑑賞しての感想はいかがですか?

「Mr.インクレディブル」よりもいろんな面でパワーアップしてるなと思いました。戦闘シーンは3Dで観ているわけじゃないのに飛び出してくる感じがすると言うか、本当に迫力がすごかったです。最初から最後まで一時も目を離せなかったです。

──chayさんお気に入りのジャック・ジャックも大活躍でしたね。

chay

まるで主役のようにフィーチャーされていて、スクリーンに登場するたびに癒やされていました。超かわいかったです。ディズニー映画って子供や赤ちゃんがよく出てくると思うんですけど、どの子も本当にかわいいんですよね。ジャック・ジャックはとにかく仕草がかわいいし、悪気なくスーパーパワーを発揮しちゃうところが観ていてスカッとします。今回はたくさんのスーパーパワーが覚醒するので、ジャック・ジャック好きにはたまらない!

「インクレディブル・ファミリー」
2018年8月1日(水)全国ロードショー
「インクレディブル・ファミリー」
ストーリー

彼らは、どこにでもいる普通の家族ではない。パパもママも3人の子供も、それぞれ異なるスーパーパワーを持ったヒーロー家族である。超人的なパワーを持つパパ・ボブ、伸縮自在なゴム人間のママ・ヘレン、鉄壁バリアで防御できる長女ヴァイオレット、超高速移動できる長男ダッシュ。さらに、スーパーパワーに目覚めたばかりの赤ちゃんジャック・ジャック……その潜在能力はまだ未知数だ。“家事も育児”も“世界の危機”も、驚異のスキルと家族の絆で乗り越える姿を描いた一家団結アドベンチャー。

スタッフ

監督・脚本:ブラッド・バード

音楽:マイケル・ジアッキーノ

日本版キャスト

ボブ:三浦友和

ヘレン:黒木瞳

ヴァイオレット:綾瀬はるか

ダッシュ:山崎智史

アンダーマイナー:髙田延彦

ヴォイド:小島瑠璃子

ヘレクトリクス:サンシャイン池崎

chay(チャイ)
chay
1990年生まれの女性シンガーソングライター。小学生の頃からピアノで曲を作り、大学に入学すると同時にギターを始めて路上ライブなどの活動を開始する。2012年10月にロッテ「ガーナミルクチョコレート」のCMソング「はじめての気持ち」でワーナーミュージック・ジャパンよりCDデビュー。2013年10月から2014年3月までフジテレビ系「テラスハウス」にレギュラー出演し話題になる。2014年5月から雑誌「CanCam」の専属モデルとしての活動もスタート。2015年2月にフジテレビ系月9ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」の主題歌シングル「あなたに恋をしてみました」、同年10月に筒美京平作品のオマージュをちりばめたシングル「好きで好きで好きすぎて」をリリースした。2016年にはシングル「それでしあわせ」「運命のアイラブユー」を発表。人気ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」のオープニングテーマに、荒井由実の名曲「12月の雨」のカバーが採用された。2017年6月に2ndアルバム「chayTEA」を発表。8月にはアルバムを携えた全国ツアーを行った。2018年6月にはデビュー5周年を記念したアニバーサリーソング「ずっと きっと 叶う」を配信リリース。7月にはアニバーサリーライブを東京と大阪で開催した。