ナタリー PowerPush - 八王子P

ボカロ流ポップスの最新型「ViViD WAVE」

2009年末にニコニコ動画に登場して以来、圧倒的にポップかつダンサブルな楽曲で一躍大人気となった八王子P。昨年はボーカロイド曲をまとめたアルバム「electric love」をリリースしたほか、中川翔子、吉木りさ、渡辺麻友などの楽曲のプロデュース・編曲にも参加した。すっかり著名になった彼だが、今夏にはさらに全曲ボーカロイドの新アルバム「ViViD WAVE」をリリースするという。超メジャーシーンとボカロシーンを自在に行き来する八王子Pは、今ポップスとボカロに何を感じてこのアルバムに行き着いたのか?

取材・文 / さやわか インタビュー撮影 / 小坂茂雄

 
mixiチェック

ボカロにしか歌えないアルバム

──今回、トイズファクトリーからのリリース第1弾ということで、アルバム制作に変化はありましたか?

八王子P

去年からプロデュースの仕事をしたり、フェスに出演したりする中で、「プロとしてやっていかなきゃ」という気持ちの面での変化がありましたね。そういう一連の活動をまとめたのが今回のアルバムかなと思います。まあ曲を聴いて「こいつ明らかに変わったな」みたいな感じは全然ないと思うんですけど、どんな曲でもリリースする以上は人目に触れる可能性があるわけじゃないですか。そういう心構えができましたね。

──プロデュースの仕事は、普段のボーカロイドを使った楽曲制作と違いが大きそうですね。

プロデュースの経験は、今回のアルバムにかなり影響したと思います。今まではずっとボーカロイドで制作してきたので、どんな曲でも歌詞でも、自分の好きなように作ることができたんです。でもプロデュースでは「こういうテーマで」と指定されることもあるし、そもそもボーカリストが歌えるキーも限られてるじゃないですか。そういう制約の中で作った経験が今までほとんどなかったんでいい経験になったし、作品の幅も広がってよかったですね。例えば9曲目の「Little Summer of Love feat. GUMI」って曲とかは、中川翔子さんのプロデュースをやらせていただいたときにアイドルソングをいろいろ聴いて、そこで得た経験があって作った曲だったりします。

──しかし人間のボーカリストをプロデュースした経験が、人間ではない、ボーカロイドを使った曲作りに影響するというのは面白いですね。ボーカロイドの使い方が変わったんですか?

いや、根本的には変わってないです。自分の中では初音ミクを使うのも、人間のボーカリストさんに歌っていただくのも、実は一緒なんです。ただボーカリストの皆さんとやらせていただいたことで、またボーカロイドのよさもわかったというか。例えばボーカリストさんに歌っていただくときは、今言ったようにその人が一番歌いやすいキーレンジを意識して作りますよね。だけど今回のアルバムはボカロなので、もうとにかくボカロにしか歌えないようなキーの高い曲とか譜割りが難しい曲を意識して作るようにしています。

──言ってみれば、人間のボーカリストに1人1人の特徴があるように、ボーカロイドにも「人間に歌えないものを歌える」という個性があるということですね。

人間が歌える曲だったら、人間が歌えばいいじゃんと思っちゃうんですよね。ボーカロイドをいかにも生身の人間っぽく歌わせるのも、自分にはできない技術だし、すごいなって思いますけど。でも自分で曲を作るときはそういう考え方になりますね。プロデュースの仕事をやらせていただいて、その意識がさらに強くなったと思います。

人間からかけ離れた感じに魅力を感じる

──以前livetuneのkzさんが、ボーカロイドを人間らしく歌わせるためにパラメータをいじったりはしないとおっしゃっていたんですけど、八王子Pさんはどうですか?

八王子P

まったく一緒ですね。特に初音ミクは、オートチューンでケロらせた(ロボット音声のようなエフェクトをかけた)声がすごくいいんですよ。だからパラメータを細かくいじって表情を付けていくみたいなことはほとんどしないで、すぐにオートチューンをかけてしまいますね。

──あのケロらせたときの独特な声に魅力を感じるわけですね。

ケロらせることで、いっそうボカロ感というか、ロボット感というか、人間からかけ離れた感じが出るのがいいと思います。ボカロは生身の人間ではないから、だからこそケロらせたほうがいいのかな、と。

──ということは、八王子Pさんはボーカロイドで作っていても、ニコニコ動画の「歌ってみた」みたいに人間がカバーすることを想定せずに作っているということですね。

まったく意識してないですね。もちろん、ボカロで作った曲を歌う人がいてもいいとは思います。最近は最初から人間でも歌えるように作られた曲も多いですよね。でも自分はそこでブレちゃいけないと強く意識しています。

ニューアルバム「ViViD WAVE」 / 2013年7月17日発売 / TOY'S FACTORY
初回限定盤[CD+DVD] / 3000円 / TFCC-86441
初回限定盤[CD+DVD] / 3000円 / TFCC-86441
通常盤[CD] / 2300円 / TFCC-86442
  • レコチョクからダウンロード
CD収録曲
  1. Monochrome
  2. GAME OVER feat. 初音ミク
  3. fake doll feat. 初音ミク
  4. take it easy feat. 初音ミク
  5. エレクトリック・マジック feat. 鏡音リン・鏡音レン
  6. Dream Creator feat. GUMI
  7. PARTY KiLLER feat. 巡音ルカ
  8. TRAP×TRAP feat. 初音ミク
  9. Little Summer of Love feat. GUMI
  10. IZAYOI feat. IA
  11. SECRET GiRL feat. 巡音ルカ
  12. フカヨミ feat. 初音ミク
  13. HORIZON feat. 初音ミク
  14. ViViD WAVE feat. 初音ミク
初回限定盤DVD収録内容
  1. GAME OVER feat. 初音ミク
  2. Dream Creator feat. GUMI
  3. fake doll feat. 初音ミク
  4. HORIZON feat. 初音ミク
八王子P(はちおうじぴー)

八王子P

ボーカロイドを使用して音源制作をするボカロPとして活躍中の男性アーティスト。クールな4つ打ちトラックにキャッチーなメロディを乗せたダンスチューンを得意とする。2009年12月、ニコニコ動画で公開した「エレクトリック・ラブ」が注目を集め有名ボカロPの仲間入りを果たす。2011年11月に台湾でリリースしたベストアルバム「Sweet Devil feat. 初音ミク」は現地の週間売上チャートで4位に入る健闘ぶりを見せた。2012年2月、アルバム「electric love」でメジャーデビュー。2013年7月17日にはトイズファクトリーからニューアルバム「ViViD WAVE」をリリースする。