コアラモード.「空色コントラスト」 PR

コアラモード.|ゆかりの6人が吹き込んだ新しい風

コアラモード.が描いてこなかった失恋

──2曲目の「夏ノ詩」は、アレンジを島田昌典さんが手がけた曲ですね。

小幡 これまではサウンドプロデューサーを迎えたことがなかったんですけど、どなたかにサウンドの部分を彩ってもらうことができたらコアラモード.としてのイメージをガラッと変えられるかもしれない、新たなバリエーションが見つかるかもしれないという思いもあって。今回、島田さんにお願いしました。

あんにゅ aikoさんの「カブトムシ」であったり、いきものがかりさんの「帰りたくなったよ」であったり、島田さんは美しいバラードをアレンジされるイメージがあったので、私たちもバラードをお願いしようと。

小幡 なおかつ僕らがこれまであまり作ってこなかった失恋の曲にすることで、1つのチャレンジができるかなという狙いもありました。僕の書いた歌詞がけっこうボリュームのあるものになってしまったんですけど(笑)、そこを島田さんのアレンジでうまくバランスを取っていただいた感じでしたね。

──アレンジはシンプルで美しさがありますよね。

小幡 そうですね。ワンコーラス目は鍵盤とメロトロン、あとはバイオリンのカルテットだけ。で、2コーラス目からバンドがインしてくるっていう。確かにシンプルではありますけど、全体のバランスの取り方や、メロディの裏に入ってくるストリングスのフレーズ1つひとつとってもホントに素晴らしいなと思いました。僕は今回、コアラモード.としては初めて歌詞と曲を書くことだけに集中できたのもあって。それもすごく新鮮でしたね。

あんにゅ 小幡さんが女性目線で失恋の曲を書いてきたこと自体、新鮮でしたしね(笑)。この曲では歌のディレクションも島田さんにやっていただくことができて。島田さんはうまく歌えているテイクではなく、ちょっと震えているような頼りないボーカルであったり、より女性らしさの出ているボーカルをOKにしてくださるんですよ。ボーカリストとしてはうまく歌えたテイクを使ってほしい気持ちもあるんだけど、そうじゃないテイクにこそ響くものがあったりもするんだっていうことを、今回のレコーディングでは学ばせていただけました。

コアラモード.

音色に名前が書いてある、武田真治のサックス

──3曲目は、武田真治さんがサックスで参加されている「夕焼けのファインダー」です。

小幡 曲ができた段階で、これにサックスを入れたら絶対もっとよくなるはずだと思ったんですよ。で、サックスの方をいろいろ探していたところ、僕らと縁のある素晴らしいサックスプレイヤーの方がいるじゃないかと。ただ、今ものすごくお忙しいと思うんでね(笑)、ダメ元でお願いしてみたんです。

あんにゅ テレビで見ない日はないくらいですからね。

──筋肉方面で(笑)。

小幡 でも快く引き受けてくださったんですよ。で、通して1本吹いていただいたんですけど、そのテイクがもう素晴らしくて。「1秒でも使っていただけたらうれしいです」ってすごく謙虚なことをおっしゃっていましたけど(笑)、そのパワフルで躍動感にあふれたサックスは、音色に名前が書いてあるかのような、武田さんにしか吹けないもので。だから見せ場としてサックスソロのパートやアウトロをあとで付け加えたりもしたんですよね。この曲はCBCテレビ「チャント!」に書き下ろしさせていただいた曲なのですが、元ネタはいつかリリースしたいと思って、かねてから大切に温めていたものでもあったので、それを武田さんのサックスで彩っていただけたのがすごくうれしかったです。

あんにゅ 優しくてあったかい家族の絆を歌った曲なので、きっと皆さんにも共感していただけるんじゃないかなと思います。レコーディングでは、ちっちゃい子供のいるお母さんの気持ちを考えながら歌っていました。

小幡 そばにいる大切な人たちへの感謝を忘れず、過ぎていく一瞬一瞬を大切にしたいよねっていう僕らからのメッセージを感じてほしいですね。

コアラモード.

もっとニャンニャンした、女の子っぽい曲を歌った方がいい

──「夏ノ詩」「夕焼けのファインダー」というバラードゾーンから一転、4曲目にはコレサワさんが作詞したポップナンバー「トマレーニャ」が。

小幡 この曲はコアラモード.結成当初に作ったデモがもとになっていて。

あんにゅ うん。仮タイトルは「トマレーニャ」と似てるんですけど「トラワレノミ」だった(笑)。

小幡 曲としては気に入っていたんだけど、歌詞がずっとひらめかなかったんですよね。なので今回、せっかくいい機会だからということでコレサワさんに歌詞をお願いすることにしたんです。

あんにゅ メロディ的にもコレちゃんに合うような気がしたしね。で、お願いするにあたって私とコレちゃんの2人でハンバーガー屋さんに行って打ち合わせをしたんです。そこで、「コアラモード.にはあんまり恋愛の曲がない。あったとしても恋の始まりを歌ったようなさわやかな曲だと思う」と言われ、「だからもっとニャンニャンした、女の子っぽい曲を歌った方がいいと思う」って提案されたんです。結果、書いてきてくれたのが、「ナデナデナ~デして」とか、女の子が甘えている歌詞になっていて(笑)。コレちゃんらしくて、面白かったですね。

小幡 さすがですよね。遊び心満載なんですけど、メロディが呼んでいる言葉をバチッとハメてくれているから。やっぱり天才だなって思いましたね。

──ちょっとトリッキーなアレンジも斬新な雰囲気ですよね。

小幡 そうですね。あえて今までのコアラモード.のスタイルから外した、ちょっとバサッとしたロック感を意識してアレンジしました。サウンド的にも遊び心を加えつつ。

あんにゅ 歌はキュートに、チャーミングに歌おうってことだけを心がけましたね。ただ、あまりコミカルになりすぎるのも違う気がしましたので、ちょっとロックな雰囲気のあるサウンドに合わせるように、いい具合に力を抜きながら歌ったかな。これはもうホントにレコーディングが楽しかったですね(笑)。