音楽ナタリー PowerPush - BUMP OF CHICKEN

アニメ「血界戦線」主題歌に投影した自らの感情

BUMP OF CHICKENが4月22日にニューシングル「Hello,world! / コロニー」をリリースする。

本作はアニメ「血界戦線」のオープニングテーマ「Hello,world!」と映画「寄生獣 完結編」の主題歌として書き下ろされた「コロニー」を収録した両A面シングル。ナタリーでは3月に「寄生獣 完結編」特集を実施し、4人から表題曲の1つ「コロニー」の制作エピソードを聞いたが(参照:「寄生獣 完結編」特集 BUMP OF CHICKENインタビュー)、今回はもう一方の表題曲「Hello,world!」に焦点を当て、彼らがどんな状況でこのナンバーを生み出したのかを語ってもらった。

取材・文 / 柴那典

 
mixiチェック

4曲入りのミニアルバムを作るような作業

──去年の秋から今年にかけてBUMP OF CHICKENは「ファイター」「パレード」「コロニー」「Hello,world!」と4曲を発表しているわけですが、これらは同じ時期に作った曲だったんでしょうか。

藤原基央(Vo, G) 細かく分けるならば「ファイター」「パレード」の時期と「コロニー」「Hello,world!」の時期に分かれるんですけど、ほぼ同じですね。だからこの4曲はそれぞれ影響を与え合っていて、結果的には「この曲があるからこの曲がこういう表情になった」ということになっていると思います。制作は4曲入りのミニアルバムを作るような作業でした。

──映画「寄生獣」2作品と「コロニー」「パレード」についてお伺いした前回のインタビューでは、かなりスケジュールの詰まった中で作っていたというお話でした。同時期に作っていた「Hello,world!」もスケジュール的には相当大変だったのでは?

藤原 タイトでしたね。はい。

──アニメ「血界戦線」の主題歌を作るというのは、どういうふうに決まったんでしょうか。

直井由文(B) 昨年のツアーが終わって、スタッフの方から「こういうアニメ主題歌のオファーがあるんだけど、どうかな」という話があって。僕はマンガ「血界戦線」も、アニメを手がける松本理恵監督もファンだったので「やりたいに決まってんじゃん!」って最初に思ったんです。でも、ふと藤原くんを見て「あれ? 藤くん去年のツアーが終わってからもう何曲も書いてるな。ここでさらにオファー受けたらどうなる?」とも思いました。「やりたい、けど藤くん死んじゃうな……」って(笑)。

──メンバーの中で直井さんが一番このオファーに対して熱量が高かった?

直井 そうですね。メンバーみんな「血界戦線」が好きなんですけど、その中でも僕がこの話に対してかなり興奮状態で(笑)。

──マンガ「血界戦線」はどういうところが好きだったんでしょうか。

直井 「血界戦線」はスカッとするんですよ。人の心を深く探求するようなところがある一方で、登場人物が必殺技の名前を叫ぶようなバトルシーンも出てくる。そこが僕はたまらないなって。あと「トライガン」のときからずっとなんですが、僕は作者の内藤泰弘先生が描く絵やデザインも好きなんです。これが映像化されたらすごいことになるだろうなと思いました。それに理恵監督の前の作品も大好きだったので。

──前作というと、アニメ「京騒戯画」も好きだったんですね。

直井 そうです。内藤先生と理恵監督の組み合わせなら最高の作品になるだろうとしか思えなくて。だから制作期間もそんなになくて、物理的に可能なのかという心配もあったけど、メンバーと話してやることに決めました。

僕は僕の曲しか書けない

──松本監督とはお会いしました?

直井 過去に2度ほどライブに来てくださっていて、ライブ後にお会いしました。あと藤原くんと理恵監督は主題歌の話が正式に決まってから会ってるよね。

藤原 一度打ち合わせをしました。打ち合わせっていうか、ワイワイしゃべっただけというか(笑)。

──音楽ナタリーには松本監督と「京騒戯画」の主題歌を担当されたたむらぱんさんとの対談も載っているんですが(参照:たむらぱん「love and pain」特集 たむらぱん×「京騒戯画」監督・松本理恵対談)、そのとき監督は最初の打ち合わせで作品そのものより人生哲学のようないろんな話をするとおっしゃっていました。藤原さんはどんな話を?

藤原 「『MOTHER』はやったことある? ドラクエはどう?」っていうゲームの話とか、「どうやって監督になったんですか?」とか、そういう話が多かったと思います。

──お互いの好きなものや、どんな過程を経て今の自分に至っているかを話した。

藤原 はい。お話を聞いてるだけですごく面白かったですね。

──先日の「コロニー」のインタビューで、藤原さんは主題歌を作るにあたってストーリーに寄り添うことは考えない、作品の持っている熱量や色や方向が自分の持っているものと重なる部分を探すとおっしゃっていましたよね。それは今回の曲に関しても同じ?

藤原 そうですね。やっぱり僕は僕の曲しか書けなくて、自分の知っているもの、自分の経験したこと、自分の記憶、なったことのある感情、見たことのある景色……そういうものしか書けない。今回も同じなんです。それがとても自然なことなんだと思います。

BUMP OF CHICKEN ニューシングル / 2015年4月22日発売 / TOY'S FACTORY /「コロニー / Hello,world!」
期間限定盤 [CD+DVD] / 1500円 / TFCC-89539
通常盤 [CD] / 1080円 / TFCC-89540
「Hello,world! / コロニー」
初回限定盤 [CD+DVD] / 1500円 / TFCC-89538
期間限定盤、通常盤CD収録曲
  1. Hello,world!
  2. コロニー
期間限定盤DVD収録内容
  • 「Hello,world!」スタジオライブ映像
初回限定盤CD収録曲
  1. コロニー
  2. Hello,world!
初回限定盤DVD収録内容
  • 「コロニー」スタジオライブ映像
BUMP OF CHICKEN「Hello,world! / コロニー」CD購入者限定リリース記念スペシャルライブ
2015年7月30日(木)大阪府 インテックス大阪
2015年8月4日(火)神奈川県 横浜アリーナ
BUMP OF CHICKEN(バンプオブチキン)

藤原基央(Vo, G)、増川弘明(G)、直井由文(B)、升秀夫(Dr)の幼なじみ4人によって1994年に結成。地元・千葉や下北沢を中心に精力的なライブ活動を展開し、1999年に1stアルバム「FLAME VEIN」、2000年に2ndアルバム「THE LIVING DEAD」をリリースする。これが大きな話題を呼び、同年9月にシングル「ダイヤモンド」でメジャーデビュー。2001年にはシングル「天体観測」が大ヒットを記録し、ロックファンを中心に熱狂的な支持を集めた。その後順調にキャリアを重ねていき、2014年には7枚目のオリジナルアルバム「RAY」の発表をはじめ、初音ミクとのコラボレーション、地上波音楽番組への生出演、初の東京ドーム公演などでも話題を集める。同年11月、羽海野チカ作のマンガ「3月のライオン」のテーマソングとして書き下ろした「ファイター」、映画「寄生獣」の主題歌「パレード」をそれぞれ配信リリース。12月にツアー「WILLPOLIS」を追ったドキュメンタリーとオープニングムービーで構成された映画「BUMP OF CHICKEN "WILLPOLIS 2014" 劇場版」が全国の劇場で公開され、2015年2月にはDVD / Blu-ray化された。4月には映画「寄生獣 完結編」の主題歌「コロニー」とテレビアニメ「血界戦線」の主題歌「Hello,world!」を収録した両A面シングルをリリースする。