BAND-MAID「start over」 PR

BAND-MAID|新機軸で勢力拡大、ストイックに挑んだ“次なる一手”

経験を積み重ねてきた私たちの原点

──そんな中リリースされる今回の新曲「start over」は、バンド初のミディアムテンポのロックナンバーです。どんな流れで作られたものなんでしょうか?

KANAMI(G)

KANAMI いつもはさいちゃん(彩姫)とか小鳩から「こういうのがいいんじゃないかな?」って指示があって、それをもとに曲を作り始めるっていう流れなんですけど、今回は「次のシングルをどんなものにしたらいいのかよくわからない」という軽いスランプに陥ってしまって。それで今回は初めてメンバー全員で話し合ってから曲を作りました。

──そうだったんですね。

KANAMI それでみんなで話し合ったときに、もともとBAND-MAIDはポップ寄りな楽曲を作っていたので、このタイミングで原点を見直そうってことになったんです。あと、BAND-MAIDの曲は速いし言葉数も多くて、ご主人様やお嬢様(BAND-MAIDのファンの呼称)がカラオケで歌いづらいって意見もあったので、今回はカラオケ向けの曲にしてもいいんじゃないかという話になって。そこで、いろいろな経験を積み重ねてきた今だからこそできる、私たちの原点的な曲を作ろう、これまでに完成しつつあったバンドの世界観は残しつつ、新たなものを見せようということになりました。新しすぎるような気もするし、不安はあるんですけど……。

──確かに「WORLD DOMINATION」というものすごく勢いのあるアルバムを作って、「さあ、次はどうくるんだ」と思ったら、このミディアムチューンですもんね。

小鳩ミク(G, Vo)

小鳩 実は「WORLD DOMINATION」って、勢いのある曲を詰め込みすぎて。「次はどうしようか」っていう話し合いになったところもありますっぽ。

──でも、非常に素晴らしい曲になったと思います。

小鳩 今回は削って削っての作業だったっぽね。

KANAMI “メロディ命”の曲にしたかったので、演奏をとにかくシンプルにすることを意識しました。

──確かに今回は引き算の美学にこだわった、これまでのBAND-MAIDにはないタイプの曲だと思います。だけど、音数は少ないながらも演奏の随所がとてもオシャレで凝っています。

小鳩 ンフフ。華やかさはありますっぽね。

挑戦だらけの「start over」

──演奏面についてもじっくり聞いてみたいと思うんですが、まずはピアノで始まるという意外なオープニングです。

KANAMI そうなんですよ。さいちゃんからそういう提案があったので打ち込みで入れてみました。切なくて暗い感じにしたかったので、少し不協和音が入ってます。ベースとギターで同じような音を出すと気持ち悪くなるから、これはピアノならではのアレンジですね。

小鳩 でも、ピアノでメロディを作るのは今回が初めてじゃなくて、「Daydreaming」でも同じように作ってたんですっぽ。だから今回もピアノのイメージが湧きやすかったと思うんですっぽ。

──とても効果的なピアノですよね。そして、リズム隊が音数の少ない中でものびのびと遊んでると言うか。

MISA シンプルなのに、音階は広く動いたりしてます。ちょっと変わった動きを一瞬入れてみたりすることは意識しました。

──どういう発想であんなトリッキーなフレーズが出てくるんですか?

MISA(B)

MISA うーん、考えてやってるわけじゃなくて、一度録って、「もうちょっとここで動いたら面白いかな」ってところを録り直して、それをまた聴いて……っていうのを繰り返すことが多いですね。

──そうやってレコーディングを重ねていくうちにしっくりくるフレーズが生まれてくると。

MISA そうです。あとは一旦時間を置いて、飲んで(笑)、フレーズが舞い降りてきたらまた録音して。

小鳩 感性のベーシストなので(笑)。

──なるほど(笑)。そして、ドラムのフレーズも面白いです。

AKANE 今回ドラムは初めて引き算を意識しました。例えばサビでフィルを一切入れなかったのが自分の中では新しいですね。あと、今まではKANAMIが作ったデモに対して、スタジオで実際に叩いたものを録音して送り返していたんですけど、今回から打ち込みでドラムを入れるという試みをはじめました。打ち込みだと引き算をしやすいと言うか、自分の余計な手癖が入らないのでこれだけシンプルにできたという部分はありますね。

──感覚的に叩いていた部分を除いていったと。1番のAメロの入りも意外性のあるフレーズですよね。

AKANE オシャレと言ったらハイハットかなと思って。あはは!(笑)

MISA 安易だなあ(笑)。

AKANE(Dr)

AKANE そう(笑)。BAND-MAIDの曲ではタムとキックとスネアを使ったコンビネーション系のフレーズをよく使ってるんですけど、16ビート系のハイハットが少なかったので、「いい味出せるかな」と。

彩姫 「いい味出せるかな」って料理の師匠かよ(笑)。

AKANE (笑)。サビのフレーズはメロディを一番目立たせることを考えて作ったので、そういうのも聴きやすさにつながってるのかなと思います。

──わかりました。次にギターですが、今回はこれまで必ず入れてきたソロパートがないという。

KANAMI さいちゃんから「この曲はギターソロはなし」って言われて。これまで自分が作ってきた曲には必ずギターソロを入れてきたんで、内心ザワザワとはしたんですけど……。

──そうなりますよね。

KANAMI これまでも“速弾き禁止令”というのはあったんですけど、ついに“ギターソロ禁止令”が出ちゃって。でも、ソロをなくすことでメロディにより集中できると思ったんで、これでよかったんだと思います。

──今まであれだけ強烈なギターソロやインパクトのあるリフを入れてきたKANAMIさんにとっては、なかなか発想できないことですよね。

KANAMI そうですね。自分にはない発想力をさいちゃんが持っていて、そうやって指示してくれるからこそ新しいものが生まれてくるんだろうなと思ってます。作曲のクレジットを私個人じゃなくて“BAND-MAID”にしてる理由は、みんなからいろんなアイデアをもらって作ってるからなんです。みんなの作品だと思ってます。

最後のFワードでドヤッ!

──続いて歌詞について聞きたいんですが、僕はこれを読んで“長年連れ添った男女”というイメージが浮かびました。

小鳩 歌詞のテーマとしては「矛盾の愛」なんですけど、それが夫婦なのか恋人なのか幼なじみなのか友達なのか、1つのイメージには縛りたくなくて。矛盾の愛の中にもいろんなものがあると思うし、さっきもお話ししたように、今回は曲を作るときに「初心を忘れない」というテーマがあったので、「いろんな壁があるけど、うまくやっていこう」っていう自分たちのことも含めて歌詞に込めたいと思ったっぽ。

──とは言え、そんなにシリアスな内容ではないですよね。

小鳩 そうですっぽね。基本的にBAND-MAIDのゆっくりした曲ってすごく暗い感じの歌詞が多かったけど、今回は初期のイメージを大事にしたかったので、さわやかな雰囲気を取り入れるつもりで書きましたっぽ。今までなかったBAND-MAIDの歌詞になったと思いますっぽ。

──物語としても面白いです。聴きやすいメロディや演奏を貫いておきながら、歌詞の最後にFワードを入れるという。

小鳩 そうなんですっぽ! 小鳩的には最後で「ドヤッ!」って感じですっぽ。「ただキレイなままでは終わらせないぞ」っていうBAND-MAIDのロックな部分を入れたかったので、歌詞に隠し玉を入れてみましたっぽ。

──この歌詞を歌う彩姫さんとしてはいかがでしたか? 一言では簡単に言い表せない感情がこの歌詞にはあると感じたんですが。

彩姫(Vo)

彩姫 メロのよさに寄り添えるように歌いたいなと思ってました。私のクセが出すぎないような歌い回しを考えてもらったり、強く歌うだけじゃなくて、優しくさわやかに聴こえるように意識しました。

──彩姫さんは最近、さまざまな歌い方を探ってる感じがしますね。

彩姫 そうですね。「Daydreaming」発表前までは喉の調子的にいろんなことに挑戦できる状態ではなかったんですけど、今は回復してやれることが増えたので、曲に合わせてニュアンスを変えるようにしてます。

──さっき、「優しくさわやかに」とおっしゃいましたけど、それだけじゃなくて、苦笑いしながら「しょうがねえなあ」と相手を受け入れているようにも聴こえます。

彩姫 うんうん、それは私の性格ですかね。

小鳩 最近歌詞に“愛”っていう言葉を入れ始めたんですけど、これまではゆっくりなテンポの曲で愛を表現することがなかったので、レコーディングのときにはさいちゃんが「恥ずかし……」って言ってましたっぽ(笑)。

──ああ、なるほど。彩姫さんの気持ちと歌詞がうまくリンクしたのかもしれないですね。歌詞を書いた小鳩さん的にはどうでしたか?

小鳩 この曲はもともと英語詞の部分が多かったんですけど、さいちゃんに提出したら、「うーん、英語はちょっと違う。日本語かな」って言われたので、さいちゃんが歌ってカッコよく聴こえる歌詞を必死にイメージして書いたっぽ。なので、レコーディングではイメージ通りでしたっぽ。さいちゃんの憂いのある声のおかげで哀愁が出たし、キレイなだけじゃない歌詞の世界観が歌からも感じ取れるから、よかったなと思いましたっぽ。

BAND-MAID「start over」
2018年7月25日発売 / 日本クラウン
BAND-MAID「start over」初回限定盤A

初回限定盤A
[2CD+Blu-ray+ボーナスカード]
7980円 / CRZP-35

Amazon.co.jp

BAND-MAID「start over」初回限定盤B

初回限定盤B [CD+DVD]
3980円 / CRCP-10406

Amazon.co.jp

BAND-MAID「start over」通常盤

通常盤 [CD]
1080円 / CRCP-10407

Amazon.co.jp

CD収録曲
  1. start over
  2. Screaming
初回限定盤A付属 特典CD収録曲
  1. BAND-MAIKO「secret MAIKO lips」
初回限定盤付属Blu-ray&DVD収録内容

2018.04.13「BAND-MAID WORLD DOMINATION Tour 2018【宣告】」@ZEPP TOKYO

  • DOMINATION
  • Play
  • Spirit!!
  • the non-fiction days
  • モラトリアム
  • Alive-or-Dead
  • CROSS
  • Turn me on
  • Don't you tell ME
  • Daydreaming
  • One and only
  • Puzzle(acoustic)
  • anemone(acoustic)
  • DICE
  • secret My lips
  • CLANG
  • FATE
  • onset
  • Carry on living
  • alone
  • Rock in me
  • I can't live without you.
  • you.
  • FREEDOM
  • REAL EXISTENCE
  • Choose me
ツアー情報
BAND-MAID WORLD DOMINATION TOUR 2018-2019【侵略】
  • 2018年9月12日(水) 神奈川県 CLUB CITTA'
  • 2018年9月15日(土) 石川県 金沢EIGHT HALL
  • 2018年9月17日(月・祝) 新潟県 NEXS Niigata
  • 2018年9月22日(土) 広島県 広島CLUB QUATTRO
  • 2018年9月24日(月・振休) 岡山県 CRAZYMAMA KINGDOM
  • 2018年9月28日(金) 愛知県 Zepp Nagoya
  • 2018年9月30日(日) 宮城県 Rensa
  • 2018年10月7日(日) 香川県 高松MONSTER
  • 2018年10月8日(月・祝) 大阪府 なんばHatch
  • 2018年11月4日(日) 北海道 札幌PENNY LANE24
  • 2018年11月30日(金) 福岡県 DRUM LOGOS
  • 2018年12月1日(土) 熊本県 熊本B.9 V1
  • 2018年12月8日(土) 京都府 京都FANJ
  • 2018年12月9日(日) 兵庫県 Harbor Studio
  • 2018年12月14日(金) 長野県 NAGANO CLUB JUNK BOX
  • 2018年12月16日(日) 山梨県 甲府Conviction
  • 2019年1月11日(金) 東京都 新木場STUDIO COAST
  • 2019年1月12日(土) 東京都 新木場STUDIO COAST
BAND-MAID(バンドメイド)
BAND-MAID
2013年7月に秋葉原のメイド喫茶で働いていた小鳩ミク(G, Vo)を中心に、彩姫(Vo)、KANAMI(G)、AKANE(Dr)、MISA(B)の5人で結成されたガールズロックバンド。メイド服を身にまとい、ライブを“お給仕”、ファンを“ご主人様”、“お嬢様”と呼ぶスタイルで活動している。2016年3月にアメリカ・シアトルで実施された日本文化のコンベンションイベント「SAKURA-CON」に出演し、約3000人の観客を前にパフォーマンスを披露。同年5月に3rdミニアルバム「Brand New MAID」を日本クラウンよりリリースしメジャーデビューした。その後国内外でライブ活動を展開し、2018年に2月にメジャー2ndアルバム「WORLD DOMINATION」、7月に3rdシングル「start over」をリリース。9月からはライブツアー「BAND-MAID WORLD DOMINATION TOUR 2018-2019【侵略】」を開催する。