音楽ナタリー Power Push - @JAM EXPO 2015

本番直前!晏美蘭が「@JAM EXPO 2015」をナビゲート

8月29日に神奈川・横浜アリーナで開催されるライブイベント「@JAM EXPO 2015」。初回となる昨年の「@JAM EXPO 2014」は総勢80組ものアイドルグループが参加し話題を集めたが、今年はさらに規模を拡大し120組以上のアイドルグループが出演する。また会場となる横浜アリーナ内には7つのステージが用意され、各所でアイドルたちが熱いパフォーマンスを繰り広げる。

@JAM ALL STARS 2015に選ばれたメンバーに話を聞いた前回のインタビューに続き、今回の特集では「@JAM EXPO 2015」の公式ナビゲーターに就任した小林晏夕(東京パフォーマンスドール)、富永美杜(callme)、溝呂木世蘭(Cheeky Parade)からなる晏美蘭(あんみらん)の3人と「@JAM」の橋元恵一総合プロデューサーが登場。4人にはユニットの結成秘話や公式ナビゲーターとして「@JAM EXPO 2015」の魅力などを語ってもらった。

取材・文 / 古川朋久 撮影 / 塚原孝顕

 
mixiチェック

最初のイメージはキャッツ・アイだった

──まずは晏美蘭としてお1人ずつ自己紹介をお願いします。

小林晏夕 晏美蘭の「晏」、小林晏夕です。

富永美杜 晏美蘭の「美」、富永美杜です。

溝呂木世蘭 晏美蘭の「蘭」、溝呂木世蘭です。

──自己紹介のときはそれぞれの名前を1文字ずつアピールするんですね。

溝呂木 これが定番になってますね。

小林 お披露目のときは特にそんな感じでもなかったんですけど、最近はこのパターンが定着してます。

──「晏美蘭」の名付け親は橋元さんですか?

橋元恵一 そうです。パッと見はあまりわかりやすくはなかったなと(笑)。最初、メンバーは世蘭ちゃんだけ決まっていたんですけど、彼女の名前から1文字「蘭」をもらおうと思って、それをきっかけにいろいろなパターンを考えました。“ミシュラン”とか“ACミラン”とか(笑)。

──溝呂木さんが決まったあとに小林さん、富永さんが参加することになって。それぞれ1文字ずつもらったということですね。

橋元 去年ナビゲーターを務めたユフ♬マリはカタカナを並べていたこともあって、今年のユニットの名前は絶対に漢字だけでいきたかったんですよ。なのでそれぞれの名前から特徴ある1文字をもらったという感じですね。

──小林さんの「晏」の文字は、普段生活しててもなかなか見る機会が少ないのである意味印象深いというか。

小林晏夕(東京パフォーマンスドール)

小林 たまに携帯の漢字変換にも入ってないことがあるくらいで。でもこの文字を見て私のことを思い出してもらえるならうれしいです!

──3人は今回「@JAM EXPO 2015」のオフィシャルナビゲーターに選ばれましたが、率直な感想は?

小林 私は東京パフォーマンスドールで活動しているんですけど、機会があればほかのグループの方とも一緒に何かやってみたいなという気持ちがもともとあって。なのでお声がけいただいたことは正直うれしかったです。晏美蘭で学んだことをTPDで生かしたいって思ってます。

富永 私はメンバーを聞いたときに年齢が一番年上だったので「ヤバい! 私がしっかりしなきゃ!」って思ったんですよ。私は今年の7月までDorothy Little Happyのメンバーとして活動していましたが、そのときは年上メンバーがいたので私はどちらかというと頼ってしまう側だったんです。だから正直、今まではそこまでしっかりすることもなかったので(笑)。でも晏美蘭では年上としてもっとしっかりしなきゃと思いまして……。

──リーダーシップを発揮して、みたいな。

富永 そうですね。晏美蘭でひと皮むけていきたいと思ってます。

──もうリーダーとしてグイグイ引っ張っていってる感じですか?

富永 それが……MCでは世蘭ちゃんが、歌では晏夕ちゃんが引っ張ってくれているので、私、また助けられているなと(笑)。でも本番までまだまだ時間があるのでここから本領発揮していきたいと思います!

溝呂木 私はSHOWROOMで「@JAM THE WORLD」という「@JAM」の情報番組のMCを担当しているので、今回「@JAM EXPO 2015」のナビゲーターに選んでいただいてとてもうれしかったです。正直「ついに来たか!」という感じでした。チキパ自体も最近はツアーとかライブが重なって「@JAM」と絡むことが少なくなってきてたので、ここでグループのことも含めてアピールしていきたいなと。

──でも晏美蘭を作るときに溝呂木さんは最初に選ばれたメンバーということで、彼女のイメージが今の晏美蘭を形作っているのではないかと思ったのですが。

橋元 そうです。世蘭ちゃんとは「@JAM THE WORLD」でずっと一緒にやってきて、今年の「@JAM EXPO 2015」の顔として彼女を外すことはできないなと思いまして。彼女を選んでからどういうユニットにしたいかを考えたときに、彼女はダンスが得意だったからダンスパフォーマンスに特化したユニットにしようと最初に思いました。で、歌もそれなりに歌えたらいいなとかいろいろと考えていくうちに、3人組がバランスがいいんじゃないかと。そこであと2人メンバーを検討することになって。

──ダンスが踊れて歌も歌えるっていうメンバーを探すのはなかなかハードルが高いですね。

橋元 おっしゃる通りで、その条件をクリアできる人を探すのは難しかったんですけど、僕としては晏夕ちゃんと美杜ちゃんの2人かなと思いお声がけさせていただきました。

──橋元さんとしてもベストな3人がそろったと?

橋元 ベストですね。最初はもうちょっとキャッツ・アイとかチャーリーズ・エンジェルみたいなクールでセクシーなイメージを考えていたんですけど、やっぱり無理かなって思って今のようなビジュアルイメージになりました(笑)。

晏美蘭は同級生とワイワイやってる感じ

──おそらくキャッツ・アイのイメージのままだったら、もっと楽曲もクールなものになっていたと思うんですけど、晏美蘭の楽曲「girls@party」はとてもポップに仕上がりましたね。

橋元 やっぱり「@JAM EXPO 2015」自体がお祭り感のあるイベントなので、にぎやかなほうがあっているなと思ったんです。すでに晏美蘭はいろいろなステージで歌わせてもらってきましたが、すごく評判がよくて。

──今年はアイドルイベントの壁を超えて「TOKYO IDOL FESTIVAL 2015」にも出演しましたね。3人は多くのアイドルファンの前で晏美蘭としてパフォーマンスを行いましたが反響はいかがですか?

小林 それまでも何度かステージには立ってきましたが、「TIF」で初めて観てくださった方からも「晏美蘭いいね!」って言っていただけて。

溝呂木 あと、ほかのアイドルさんからも「晏美蘭、好きです!」って言われました。ただどうやらアイドルとして好きっていうよりもビジュアルイメージとして目標にしたい、ということみたいで。

──どんどんハードルが上がりますね(笑)。ちなみにそれぞれのグループにいるときにはやらないけど晏美蘭ではやっていることって何かあります?

小林 それで言うと円陣を組みますね。

──3人で円陣を組むんですか?

小林 円陣っていってもすごくユルいですよ(笑)。これでいいのかってくらいのユルさなんですけど、私の場合はTPDにいるときは晏美蘭と真逆で、本番前もすごく緊張感があるんですよ。だからこれはこれで楽しいし気分も盛り上がれます。

──TPDの小林晏夕のイメージを守らなきゃいけないって思いは強いですか?

小林 それはちょっとありますけど、やっぱり違う顔も見せたいというか。TPDでの私はクールなイメージが強いと思うんですけど、晏美蘭だともっと女の子っぽい陽気な一面を見せることができるので、個人的には楽しいです。期間限定ではありますけど、TPDでは見せられないものを皆さんに見てもらいたいですね。

──そう言われると晏美蘭のときのほうがリラックスしてる気がします(笑)。

小林 あはははは(笑)。普段は猫かぶってるのかもしれませんよ!

──なるほど(笑)。富永さんはどうですか? callmeも同じ3人組ですが印象はだいぶ違うかなと。

富永美杜(callme)

富永 全然違いますね。晏美蘭は普段なかなか集まれない友人とワイワイやっている印象です。「@JAM」シリーズもお祭り感のあるイベントですし、すごいぴったりなユニットだなって思います。あ、もちろんcallmeも楽しいですよ!

──callmeの秋元瑠海さん、早坂香美さんはそれこそドロシーからずっと一緒にやってきたメンバーで付き合いも長いかと思いますが、晏美蘭は新しくできた仲間って感じですか?

富永 callmeの2人からはずっと刺激をもらってきていたんですけど、晏美蘭の2人からはまた違った刺激をもらえるというか。若々しさももらってます(笑)。

溝呂木 そんなに歳変わんないじゃん(笑)。

富永 なんていうか女子力っていうか、そういうパワーをもらえるんですよ。あとはそれぞれのグループの特色だと思うんですけど、チキパさんからは攻撃的なところとか、TPDさんは洗練されたパフォーマンスとか。それぞれ今のcallmeに足りないところだったりするので、2人と一緒にいることで勉強できるし新しいオーラを出せるようになるかなと。

──チキパも晏美蘭とは印象がだいぶ違いますね。

溝呂木 なんかすべてが違いますね。例えばMCでも9人いるとリーダーにある程度任せてしまうんですよ。でも3人だとそれぞれが自発的にやっていかないとうまく回っていかないし。人数が少ないことがいい具合に働いてちゃんとしますね(笑)。

@JAM EXPO 2015

神奈川・横浜アリーナにて開催される総勢120組ものアイドルが参加する大規模イベント。大小さまざまな7つものステージが用意され、アイドルによるライブはもちろん握手会やトークイベント、DJライブといった盛りだくさんの企画が行われる。

@JAM EXPO 2015

2015年8月29日(土)神奈川県 横浜アリーナ

出演者

アフィリア・サーガ / 赤マルダッシュ☆ / アリスインアリス / アモレカリーナ / Ange☆Reve / ANNA☆S / 青山☆聖ハチャメチャハイスクール / ベイビーレイズJAPAN / バンドじゃないもん! / BELLRING少女ハート / Bitter & Sweet / C-Style / callme / CAMOUFLAGE / Cheeky Parade / choco☆milQ / Chu-Z / チャオ ベッラ チンクエッティ / Cupitron / Dancing Dolls / でんぱ組.inc / DIANNA☆SWEET / Dorothy Little Happy / drop / Especia / Faint★Star / フラップガールズスクール / FRUITPOCHETTE / Fullfull☆Pocket / FYT / GEM / はっちゃけ隊 from PASSPO☆ / ハコイリ♡ムスメ / ひめキュンフルーツ缶 / ひろしま MAPLE★S / 北斗夢学院桜組 / 放課後プリンセス / 百花繚乱 / アイドルカレッジ / iDOL Street ストリート生 e-Street'15 / iDOL Street ストリート生 w-Street'15 / アイドルネッサンス / JK21 / じゅじゅ / 神宿 / 清 竜人25 / KOTO / La PomPon / LAGOON / LinQ / ラブアンドロイド / 愛乙女★DOLL / Lunar / lyrical school / Magical Ban☆Bang / 小桃音まい / Maison book girl / Maria / まなみのりさ / みゆぃ♪ from Mi*N~Ki♡ / みきちゅ / みみめめMIMI / ミライスカート / 妄想キャリブレーション / ななのん / nanoCUNE / 二丁ハロ / 9nine / 乙女新党 / P.IDL / Party Rockets / PASSPO☆ / PassCode / PiiiiiiiN / POP / predia / PREDIANNA / ぷちぱすぽ☆ / READY TO KISS / 吉田凜音 / RYUTist / S★スパイシー / さくら学院 / 青SHUN学園 / 私立恵比寿中学 / SiAM&POPTUNe / Stand-Up! Hearts / Star☆T / STARMARIE / Stella☆Beats / さんみゅ~ / SUPER☆GiRLS / サンミニ / 転校少女歌撃団 / わーすた / Tick☆tik / とちおとめ25 / Tokyo Cheer② Party / 東京パフォーマンスドール / 東京ロケッツ / TPD DASH!! / 月と太陽 / つりビット / アップアップガールズ(仮) / VERSUS KIDS / VibeS / マボロシ可憐GeNE / Whoop!e whoop!e / WHY@DOLL / X21 / 山口活性学園アイドル部 / 吉川友 / ゆるめるモ! / 寺嶋由芙 / ユフ♬マリ / 夢みるアドレセンス / ずんね from JC-WC / 晏美蘭

サイリウムクリエイションパフォーマンス

AXIS from ちゃま界隈 / ギニュ~特戦隊

DJ

DJダイノジ

@JAM ALLSTARS 2015

天野なつ (LinQ)、岡本真依(ひめキュンフルーツ缶)、藤咲彩音(でんぱ組.inc)、村上来渚(GEM)、渡邊璃生(ベイビーレイズJAPAN)

@JAM EXPO 2015関連特集
  • 相沢梨紗(でんぱ組.inc)×胡桃沢まひる(妄想キャリブレーション)
  • @JAM ALLSTARS 2015
晏美蘭 会場限定シングル「girls@party」 / 会場限定発売 / [CD+トレーディングカード] 1000円 / Zeppライブ / TGCS-8810
晏美蘭 会場限定シングル「girls@party」
収録曲
  1. girls@party
東京パフォーマンスドール(トウキョウパフォーマンスドール)

東京パフォーマンスドール

1996年に活動休止した東京パフォーマンスドールが2013年6月に新生・東京パフォーマンスドールとして始動。高嶋菜七、上西星来、櫻井紗季、浜崎香帆、脇あかり、飯田桜子、神宮沙紀、小林晏夕、橘二葉の9人がメンバーとして活動している。2013年8月から12月まで東京・CBGKシブゲキ!!にて演劇とライブが融合した「PLAY×LIVE『1×0』」を上演し2014年にはニューバージョンで再演。ライブでは先代TPDから受け継いだ、MCなしで歌とダンスをノンストップで繰り広げる「ダンスサミット」を展開し注目を集める。2014年6月にデビューシングル「BRAND NEW STORY」をリリースし、同年8月には初の東名阪単独ツアーを実施。さらに同年11月と2015年4月にはZeppツアーに挑戦し、「1×0」を冠したシリーズを完結させた。同年6月には結成当初から歌い続けてきた「DREAMIN'」を3rdシングルとして発表した。

callme(コールミー)

callme

KOUMI、RUUNA、MIMORIの3人からなるユニット。作詞をメンバー全員、作曲をMIMORI、振り付けをKOUMIが担当し、メンバー全員でセルフプロデュースを行う。2015年2月の「@JAM the Field vol.7」にてユニットをお披露目し、同年3月に1stシングル「To shine」をリリース。同年4月には1stワンマンライブを東京・TSUTAYA O-EASTにて開催し新曲を多数披露した。7月にはDorothy Little Happyを卒業しユニットとして本格始動。10月28日には1stアルバム(タイトル未定)を発表する。

Cheeky Parade(チィキィパレード)

Cheeky Parade

渡辺亜紗美、関根優那、島崎莉乃、鈴木友梨耶、溝呂木世蘭、山本真凜、永井日菜、小鷹狩百花、鈴木真梨耶からなる9人組ユニット。エイベックスのアイドル専門レーベル・iDOL Street所属でSUPER☆GiRLSの姉妹グループとして2012年2月に結成。「小生意気で攻撃的」をコンセプトにした激しいライブとダンサブルなパフォーマンスを武器に、アイドルファンのみならず同世代の女性からも支持を集めている。2013年1月に「BUNBUN NINE9'」でメジャーデビュー。2014年3月にはメジャーデビュー後初のワンマンライブ「Cheeky Parade PREMIUM LIVE『THE FIRST』」を成功させ、4月よりツアーファイナルのニューヨークを目指した1stツアー「NINE LIVES TOUR~ROAD TO NY~」を実施。同年10月にはアメリカ・ニューヨークで開催された音楽フェスティバル「The 3rd Annual CBGB Music & Film Festival」のメインステージでツアーファイナルのライブを行った。2015年7月には5thシングル「M.O.N.ST@R / カラフルスターライト」を発表した。