平手造酒

ヒラテミキ

上映時間:107分 / 製作:1951年(日本) / 配給:新東宝

解説 悲劇の剣客、平手造酒の半生を描いた作品。千葉周作門下として将来を期待されていた平手造酒だが、仕官の道は閉ざされ恋人は嫁に行きと、事がうまく運ばず、ついには酒びたりとなって喀血する。彼の腕を見込んだ渡世人・笹川の繁蔵は、平手を用心棒に雇った。そして繁蔵と飯岡の助五郎との間でケンカが持ち上がり……。山村聰が、自分の意に反して、孤独の中へ落ち込んでいく平手を悲愴感タップリに演じている。

情報提供:ぴあ