ヒロシマへの誓い — サーロー節子とともに —

ヒロシマへの誓い — サーロー節子とともに —

ヒロシマヘノチカイサーローセツコトトモニ

2021年4月17日(土)公開 / 上映時間:82分 / 製作:2019年(米) / 配給:3DAP Japan

(C)2019 Not Just a Survivor Film, LLC

解説 “核兵器禁止条約”の推進に貢献し、ノーベル平和賞を授与された日本人女性・サーロー節子の活動を捉えたドキュメンタリー。核兵器廃絶国際キャンペーン=“ICAN”の代表に立ち、被爆者である自身の体験を語りながら、国際条約の締結に奔走した節子の姿をカメラが追う。彼女の軌跡を辿ることで、核兵器の恐怖が生々しく映し出された一作だ。

ストーリー 2021年1月22日、核兵器を違法とする“核兵器禁止条約”が発効される。原爆投下によって13歳の頃に被爆したサーロー節子は、その国際条約の締結に大きく貢献した人物として世界から称賛された。そんな彼女の4年間の活動記録を、カメラが映し出す。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:スーザン・ストリックラー

キャスト

サーロー節子
竹内道

ヒロシマへの誓い — サーロー節子とともに —の画像