日本零年 フクシマからの風 第二章

日本零年 フクシマからの風 第二章

ニホンゼロネンフクシマカラノカゼダイニショウ

2015年10月24日(土)公開 / 上映時間:91分 / 製作:2015年(日本) / 配給:きろくびと

(C)東風舎

解説 『フクシマからの風 第一章 喪失あるいは螢』の加藤哲監督が、福島第一原発事故から2年後の世界を切り取ったヒューマン・ドラマ。震災以後、不穏な空気がただよう日本を舞台に、子どもとともに姿を消した妻と、妻を捜して郷里の福島を訪ねる夫が織り成すドラマや、不安を抱えながら生きる人々の姿を描く。鳥羽潤、佐伯日菜子が夫婦役で出演。

ストーリー 福島第一原発事故から2年目の3月11日、妻が子どもを連れて姿を消した。夫は会社を休み妻の郷里・福島へと向かう。しかし手がかりはつかめない。東京に戻った夫のもとに、福島のバーで出会った女性サキが訪ねてくる。サキは妻のいない家に溶け込んでいく。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全9件)