R-18文学賞 Vol.2ジェリー・フィッシュ

R-18文学賞 Vol.2ジェリー・フィッシュ

アールジュウハチブンガクショウボリュームツージェリーフィッシュ

2013年8月31日(土)公開[R-18] / 上映時間:92分 / 製作:2013年(日本) / 配給:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

(C)2013「ジェリー・フィッシュ」製作委員会

解説 『自縄自縛の私』に続く「女による女のためのR-18文学賞」作品の映画化シリーズ第2弾。『青いソラ白い雲』『百年の時計』の金子修介監督が、大学生作家の雛倉さりえが16歳のときに書いた同名小説に挑み、思春期の少女たち特有の友情と愛を描き出す。同性愛の感情が生まれるヒロインを映画初主演の大谷澪と花井瑠美が体当たりで演じる。

ストーリー 高校生の夕紀は周りに染まらず、クラスでどこか浮いた存在。ある日、彼女はクラスメイトの叶子に声をかけられ、そのまま唇を奪われる。以来、二人の関係は急接近。一緒にいる時間が増える。やがて、夕紀の中で叶子の存在は友情以上のものへと変化していく。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全19件)