映画 紙兎ロペ つか、夏休みラスイチってマジっすか!?

映画 紙兎ロペ つか、夏休みラスイチってマジっすか!?

エイガカミウサギロペツカナツヤスミラスイチッテマジッスカ

2012年5月12日(土)公開 / 上映時間:85分 / 製作:2012年(日本) / 配給:東宝映像事業部

(C)2012映画『紙兎ロペ』プロジェクト

解説 2009年から11年まで、全国のTOHOシネマズの幕間に上映されていたショートアニメが長編映画化。下町を舞台に、紙兎ロペと紙リスアキラ先輩の2人が映画館に行くまでの珍道中を描き、愛らしいルックスと、シュールでゆるい会話が話題を呼び、Youtubeでは再生回数250万回を突破した。今作では、夏休み最後の日に起きたドタバタ劇が展開される。

ストーリー 夏休み最後の日、アキラ先輩とロペは休みを満喫しようと大忙し。しかしアキラ先輩は、壊してしまった姉のピアスの修理と、自由研究の課題を抱えていた。そんな時、2人は公園で偶然イヤリングを発見。ところがそれは強盗団が美術館から盗んだ宝飾品だった。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全7件)