映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

演劇シネマ 流れる雲よ

エンゲキシネマナガレルクモヨ

解説

放送時、大きな反響を呼んだラジオドラマ『ひこうき雲』を基に舞台化され、その後も再演を重ねてきた公演の模様を“演劇シネマ“として上映。太平洋戦争時、爆弾搭載の飛行機もろとも敵艦に体当する特攻兵に選ばれた若者たちが、ラジオから流れた奇妙な放送で「日本が敗戦する」と知りながらも、祖国を守るため、特攻機に乗り込む姿を描く。

ストーリー

昭和20年の夏、戦況が悪化し、最後の抵抗戦が行われる中、幼なじみの光太郎と正人は鹿児島の航空隊で7年ぶりの運命の再会を果たす。特攻隊員となったふたりは特攻前夜、ラジオから流れる奇妙な放送を聞き……。

2011年7月16日(土)公開 / 上映時間:115分 / 製作:2011年(日本) / 配給:演劇集団 アトリエッジ

(C) PIA

映画ナタリーをフォロー