ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲

ゼブラーマンゼブラシティノギャクシュウ

2010年5月1日(土)公開 / 上映時間:106分 / 製作:2010年(日本) / 配給:東映

(C)2010『ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-』製作委員会

解説 '04年に主演・哀川翔、脚本・宮藤官九郎、監督・三池崇史で話題を呼んだ『ゼブラーマン』の第2弾。第1弾では主演100作目となった哀川だが、今回はデビュー25周年を記念して製作された。舞台は2010年から2025年の東京=ゼブラシティへ移り、さらにボルテージの上がった市川新市=ゼブラーマンの“白と黒の戦い“が繰り広げられる。

ストーリー ゼブラタイムが導入され、ゼブラシティと呼ばれる東京。市川新市は、ある朝、ひょんなことから連れて行かれた自給自足のコミューン“白馬の家“で、元教え子の浅野に再会。その一方で、ゼブラクイーンが世界征服を目論んでいて……。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全3件)