食堂かたつむり

食堂かたつむり

ショクドウカタツムリ

2010年2月6日(土)公開 / 上映時間:119分 / 製作:2009年(日本) / 配給:東宝

(C)2010「食堂かたつむり」フィルムパートナーズ

解説 『ウール100%』の富永まい監督と、柴咲コウの顔合わせで、小川糸のベストセラーを映画化するというガーリーな感触の1本。恋と金を同時に失い、ショックで声も失ったヒロインが、里帰り。風変わりな母の家で暮らし、1日1組限定の食堂を開くことになる。シリアスにしてポップ。オムニバスのようでシンプル。多彩な輝きがぎゅっと詰まった“食べごたえ“のある作品だ。

ストーリー 一緒に住んでいた恋人の外国人に家財一切持ち逃げされ、ショックで口がきけなくなった倫子は仕方なく苦手な故郷に帰る。馴染めない母ルリコと暮らし、一日一組予約限定の食堂を始める。料理で客を幸せにしていく倫子だが……。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全4件)