黄金花-秘すれば花、死すれば蝶-

黄金花-秘すれば花、死すれば蝶-

オウゴンカヒスレバハナシスレバチョウ

2009年11月21日(土)公開 / 上映時間:79分 / 製作:2009年(日本) / 配給:太秦

(C)2009 PROJECT LAMU Inc. / UZUMASA All rights reserved

解説 日本映画史上最高齢での長編劇場映画デビューを果たし、ギネスブックにも登録された木村威夫監督の最新作。老人ホームで暮らす植物学者の夢と現実との狭間を行きかう時空を超えた魂のドラマが展開する。91歳とは思えない木村監督のみずみずしい発想力の光る映像表現がユニーク。原田芳雄や長門裕之、松坂慶子らベテラン俳優の競演も見どころだ。

ストーリー 老人ホームで暮らす、植物学者の牧。女も酒もとりたてて興味のない彼は、その人生を植物の研究に捧げてきた。80歳を迎えた誕生日、彼はホームの職員と裏山に自然薯掘りへ。森の奥深くにわけ入った彼は、長年探し求めていた不老不死の花“黄金花“を見つける。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全4件)