包帯クラブ

包帯クラブ

ホウタイクラブ

2007年9月15日(土)公開 / 上映時間:118分 / 製作:2007年(日本) / 配給:東映

(C)2007「包帯クラブ」製作委員会

解説 『永遠の仔』の天童荒太のベストセラー小説がついに映画化。人が心に傷を負った場所に包帯を巻く「包帯クラブ」の活動を通じて、生きることに臆病な高校生たちが助けあいながら自分と向きあっていく。今までのイメージをブチ破るハイテンション青年を演じた柳楽優弥と、久々の映画出演となる石原さとみの主演で贈る。監督は『トリック』の堤幸彦。

ストーリー 一見、普通の学生生活を送っている女子高生“ワラ“は実は心の奥底に深い闇を抱えている。ある日、出来心から病院の屋上フェンスを越えたワラはそこで、奇妙なアクセントの関西弁を話す高校生“ディノ“と出会う。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全4件)