大怪獣バラン

ダイカイジュウバラン

製作:1958年(日本) / 配給:東宝

解説 ムササビからヒントを得たような大怪獣が活躍する一編。湖底から現れるスローモーションのカットや、山中で主人公たちを襲う場面など、出色の出来。脚本を担当した関沢新一は石井輝男とともに清水宏に師事した門下生。大詰め、羽田沖から都内へ上陸しようとするバランと、それを阻止しようとする自衛隊の攻防が見ものだ。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:本多猪四郎

キャスト

魚崎健二(生物研究員):野村浩三
新庄由利子(東日新報記者):園田あゆみ
堀口元彦(カメラマン):松尾文人
藤村博士(火薬学者):平田昭彦
勝本三佐:土屋嘉男