Palcy PR

Palcy特集|アラサーオタク女子集団劇団雌猫が「金田一少年の事件簿」を徹底解剖

講談社とイラスト投稿サイト・pixivの共同開発によるマンガアプリ・Palcy(パルシィ)が8月に1周年を迎えた。Palcyはオリジナル作品のほか、講談社の過去作などが楽しめるマンガアプリ。なかよし、別冊フレンド、デザート、Kiss、BE・LOVEといった、講談社の女性向けマンガ雑誌を中心とした作品がラインナップされており、8月より新たに天樹征丸原作によるさとうふみや「金田一少年の事件簿」シリーズ、小川彌生「きみはペット」、ひぐちアサ「おおきく振りかぶって」、小山宙哉「宇宙兄弟」といったヒット作品が投入されている。

コミックナタリーはPalcyの1周年を記念し、「浪費図鑑」で知られるアラサー女性4人からなるサークル・劇団雌猫の座談会をセッティング。新規投入作品の目玉となる「金田一少年」シリーズを、オタク女子ならではの独自の視点で読み解いてもらった。またPalcy編集長・助宗佑美氏へのインタビューもお見逃しなく。

取材・文 / はるのおと(P1~3前半)、増田桃子(P3後半) 撮影 / 佐藤類

インタビューに両親も喜んだ! 家族ぐるみで「金田一」ファン

──まずは自己紹介として、最近ハマっているものと、これまでどれくらい「金田一少年の事件簿」に触れてきたかを教えてください。

左からもぐもぐ、ひらりさ、ユッケ、かん。

もぐもぐ 私はもともと女子アイドルが好きでしたが、今は宝塚にハマっています。オタクになったのが大人になってからなので、「金田一」はアニメを少し観ていたくらい。マンガは今回、ほぼ初めて読みました。

ひらりさ 普段、私は映画やマンガ、アニメを広くチェックしています。子供の頃から「金田一」や「名探偵コナン」、小説「パソコン通信探偵団事件ノート」といった推理ものが好きで。中でも「金田一」は堂本剛が出ていたTVドラマシリーズの最終回「蝋人形城殺人事件」に出てきたアイアンメイデンが異常に怖かったのをよく覚えています。

ユッケ 私は中学生の頃からずっとジャニーズが好きなので、彼らがよく起用されるドラマ「金田一」は全部観ています。あと実家が理髪店なんですけど、「金田一」の単行本を置いていて家族ぐるみでファンだから、今回「金田一」のインタビューに出られるのは両親も喜んでいます!

かん

かん 確かに「金田一」は理髪店に置いてありがちな気がする(笑)。私は宝塚とK-POPが好きです。もともとミステリー小説が好きで、子供の頃から読んでいたんですけど、「金田一」は死体の描写が衝撃的で。

ユッケ 文章とマンガだと全然違う?

かん うん。壁に骨が埋まってたシーンとか首無し死体とかが子供心にすごくショックで、一旦「金田一」は離脱した。でも今回読み返したら全然読めるようになっていて、すごく面白かったです。

もぐもぐ 確かアニメは「金田一」と「コナン」で続けてやってなかった?

──「ミステリーアワー」という1時間の放送枠でした。

もぐもぐ そうですよね! 小学生的には「コナン」はまだ観られたけど、「金田一」は怖かった覚えがある。

「秘宝島殺人事件」より。女性の美作碧がトイレを使用していたはずだが、よく見ると違和感があって……?

──確かに「金田一」、特に初期はおどろおどろしい雰囲気が強く刺激が強いですね。その一方で、小説では表現が難しい、マンガならではの仕掛けも見どころです。

かん コマの中に、さりげなく犯人探しの手がかりが描かれていたりするんですよね。

「犯人たちの事件簿」3巻「金田一少年の殺人」より。犯人の都築哲雄が開いたドアを伝って足跡を付けずに移動するさまをギャグテイストで描く。

ユッケ あと「金田一少年の殺人」で、足跡が付かないよう、犯人がドアを伝って移動するトリックがありますよね。あれも文字で書かれていたら理解するのは難しそうだけど、絵で見ると「なるほどこういうことか」とすごくわかりやすい。実際にやるのはめっちゃ大変そうだけど(笑)。

かん 「水曜日のダウンタウン」でそのトリックを再現してるの観た!

──ミスターSASUKEと呼ばれる山田勝己さんが、「金田一」のトリックは実現できるか挑戦するという内容ですね。

ユッケ 「金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿」も読んだけど、犯人もすごくがんばってるんだなとわかった(笑)。だって、わざわざ死体を雪山にある風車にくくりつけるんだよ、タロットカードになぞらえるためだけに……。

かん すぐになぞらえたがるよね、犯人って。

完璧警視・明智健悟はアリ? ナシ?

──今回、皆さんにはPalcyで配信される事件を中心に「金田一」の代表的なエピソードを読んできていただきました。お気に入りのキャラクターはいますか?

かん 私は中性的なキャラクターが好きだから、明智(健悟)さんが特によかったです。

「蝋人形城殺人事件」より。明智ははじめとともに殺人事件を解決。それによって亡き父親が刑事として追っていた3億円事件の犯人を知った明智は、父の写真を前に事件が起きた年のワインを傾ける。

ユッケ 明智さん、初登場の「雪夜叉伝説殺人事件」では、すべての推理に失敗してるのに、それを忘れさせるかのようにその後はキラキラしてるからすごい。私は初期のイメージが強すぎて、ちょっと嫌な人だな……と思って見ちゃう(笑)。

──明智は事件が新しくなるほど設定が追加されていって、面白いキャラになりますよね。学生時代やロサンゼルス時代を描いた短編集でフェンシングやバイオリンが昔から得意だったとわかり、チェスやハッキングの腕前も超一流。旅客機まで操縦できるという。

ひらりさ ガチャピンみたい(笑)。

かん 完璧そうに見えるけど、プライベートでは甘えん坊なところがあったり……?と妄想のしがいがある。

「37歳の事件簿」1巻「歌島リゾート殺人事件」より。20年経ち、警視長になった明智。しかし見た目はあまり変わらない。

ユッケ うーん……ツンデレでかわいいところはあるかも……? 最近イブニングで連載している「金田一37歳の事件簿」で、はじめが電話で明智に助けを求めるんだけど、そのときの返事が「僕は偉くなりすぎて下っ端をすぐに動かせないから、君が推理で解決すればいいじゃないですか」なの。それなのに事件のクライマックスでは自衛隊のヘリで助けに来る。裏で動くくらいなら嫌味なこと言わずに「わかりました。そちらもがんばってくださいね」って言えばいいのに……って思った!

かん 私の中の明智彼女ヅラの人格が「うちの明智がごめんね」と言っている(笑)。

ひらりさ 駄目サラリーマンのはじめに発破をかけたいというのもあったんじゃない? 「助けに行くよ」なんて言ったら推理とかしそうにないじゃん、37歳のはじめ。

もぐもぐ 37歳で、主任にもなって発破をかけられなきゃ駄目なはじめ!(笑)

ユッケ 最初は嫌味だった、というキャラであれば、私はいつきさんが好き! ちょい悪な感じを残しつつも、はじめのことを助けてくれるのがカッコいいんだよね。しかも引き取った子供を男手ひとつで育てて。

ひらりさ いつきさんもいい人じゃん!