ナタリー PowerPush - 悠木碧×新居昭乃

世代を超えて通じ合う2人の「メリバ」トーク

「魔法少女まどか☆マギカ」のヒロイン鹿目まどか役などで知られる声優の悠木碧が、2nd“プチ”アルバム「メリバ」をリリースした。今作では昨年3月発売の1st“プチ”アルバム「プティパ」で見せた、どこかグロテスクながらもファンタジックな詞と曲の世界をさらに深化。悠木のフェイバリットアーティストである新居昭乃らを作家陣に迎え入れ、彼らとのディープな対話を重ねることで自身のインナースペースに大きく踏み込んだ5つの「メリーバッドエンド」な物語を作り上げている。

そこで今回ナタリーでは、悠木と新居の対談を敢行。2人が出会った経緯から、作詞時に行われたセッションの内容、ボーカリスト悠木碧像、さらには表現活動の本質に至るまで、大いに語り合ってもらった。

取材・文 / 成松哲 撮影 / 佐藤類

 
mixiチェック

「脳が活性化する」新居昭乃サウンド

──悠木さん。せっかくの対談なんですから、新居さんのほうを向いてお話しませんか?

左から悠木碧、新居昭乃

新居昭乃 さっきから目を合わせてもらえないんですよ(笑)。

悠木碧 ……すみません。すごく緊張してるんです(笑)。

──悠木さんにとって憧れのアーティストですもんね(笑)。最初に新居作品に触れたのはいつごろなんですか?

悠木 高校1年生くらいの頃だったと思うんですけど、ネットで「癒される音楽」「脳が活性化する音楽」として紹介されているのを見つけて、実際に曲を聴かせていただいたら本当に「ステキだわあ」「活性化するわあ」と思いまして……。

新居 あはははは(笑)。

悠木 それからずっと聴かせていただいています(笑)。

──悠木さんの思う新居作品の最大の魅力って?

悠木 なんて言うんでしょう……私、何かをしながら音楽を聴くことが多いんですけど、新居さんの曲にはその手が止まっちゃうくらい心を打たれるというか。透明だし、すごく優しい感じがするのに、実はすごく寂しいところがあったりして。1曲の中でさまざまな感情や世界を表現なさっているので、サラッと聴くつもりでも、すごくいろんなことを考えさせられてしまうんです。

新居 ありがとうございます。なんか私まですごく緊張してきちゃいました(笑)。

実は軽い気持ちで曲を書いていた気がする

──そして悠木さんからの熱烈なラブコールがあって、今回のコラボレーションが実現した、と。

悠木碧

悠木 2ndアルバムを作るっていうお話をいただいたときから「こういう世界観の音楽ができたらいいな」「新居さんにこの世界観を表現してもらえたらステキだろうな」っていうイメージはあったんですけど「ラブコールをさせていただいた」というよりは、むしろ「ご縁があった」っていう感じなんです。ディレクターさんから「好きなアーティストさんは?」って聞かれたときにはもちろんお名前を挙げていたんですけど、絶対に希望が叶うわけではない、とも思っていたので。だから、今回ご一緒できたっていうのは、私にとっては「まさか!」であり「ホントにうれしい!」っていうできごとなんです。

──新居さんが悠木さんのオファーを受けた理由は?

新居 お話をいただいたときには、前のアルバム「プティパ」しか悠木碧という人を知る材料が手元にはなかったんですけど、それを聴いてみたら、やりたいことが本当に明確で。「不思議の国のアリスのような世界を音楽でやりたいんだ」っていうイメージがはっきりしていて、これなら私自身迷わず曲を作れそうな予感があったのですぐにお引き受けしました。

悠木 ありがとうございます!

──実際、迷わず作曲できました?

新居 声を聴いてすごくかわいらしい印象を受けたので「私の曲の中でも一番ポップなものにしたい」っていう感じでパーッと作って、ササッとお渡ししました(笑)。まずは試しにお渡ししてみて「こういうんじゃなくて」って言われたら、そのときまた考えよう、と。

悠木 あはははは(笑)。

新居 あと「夜の扉とメリーゴーランド」は私は作詞だけで、作曲は(新居との共作を多く手がけ、今作で新居関連楽曲の全編曲を担当した)保刈久明くんなんですけど、ある日突然「オレも曲をプレゼンしてみる!」みたいなことを言い出しまして。それも「オレも仲間に入れてよ」くらいの感じだったので、実は2人とも軽い気持ちで書いていた気はします。

──その保刈さんのアレンジも、いつもの新居作品とはまた少し違った肌合いになっていますよね。例えば「ポポン...ポン!」では4つ打ち、「夜の扉とメリーゴーランド」ではマーチングドラム、「サンクチュアリ・アリス」ではブレイクビーツと、よりビート感が強調されています。

新居 最終的なアレンジを詰めたのは保刈くんなんですけど、私もある程度はタッチしていて。やっぱりポップなものが作りたかったので、こういうアプローチにしてみました。

──その「ポップ」な3曲を聴いた悠木さんの感想は?

悠木 こういうことを言うのは本当におこがましいんですけど「やっぱりスゲーなあ」と(笑)。「私はやっぱり新居さんのことがチョー好きなんだな」っていうことを再確認させていただきました。

──じゃあ「こういうんじゃなくて」なんてお話は……。

悠木 もちろんなかったです!

ペラッに広がる果てしなき悠木ワールド

──一方、資料によると、詞については悠木さん自ら考えた各曲の物語とキャラクターが書かれたメモを各作詞家さんに渡したとあります。

新居 最初、勝手な仮歌を乗せて歌っていたんですけど、その詞については「こういうんじゃなくて」というお話をいただきまして(笑)。「じゃあ、お会いしてお話を聞かせてください」ってお願いさせていただいたら、当日、碧ちゃんがペラッっていう感じのメモを、ね。

悠木碧

悠木 「新居さんにこんな稚拙なものをお渡ししていいのかな?」っていう感じのペラッっていうものを(笑)。

新居 でも、そのペラッの中には本当に果てしないワールドが広がっていて。曲ごとに物語やキャラクターのイメージが書き込まれていただけじゃなくて、実は「プティパ」の曲とも連動している、みたいなことまでちゃんと考えられていたんです。それで「そこまで考えているんなら、ぜひご一緒に」ってメールアドレスを交換して「この曲はこういうストーリーでいいのかな?」って話し合いながら作っていきました。

悠木 曲ごとにキャラクターのパーソナルな設定をご相談したり、あとは「ここの表記、ひらがながいいんですけど」っていうワガママを言ったりしながら一緒に作らせていただきました。

2nd“プチ”アルバム「メリバ」 / 2013年2月13日発売 / FlyingDog
初回限定盤 [CD+DVD] / 2800円 / VTZL-55
通常盤 [CD] / 2400円 / VTCL-60321
収録曲
  1. ポポン...ポン!
    [作詞・作曲:新居昭乃 / 編曲:保刈久明]
  2. 夜の扉とメリーゴーランド
    [作詞:新居昭乃 / 作・編曲:保刈久明]
  3. I Can Fly!
    [作詞:藤林聖子 / 作・編曲:大西省吾]
  4. サンクチュアリ・アリス
    [作詞・作曲:新居昭乃 / 編曲:保刈久明]
  5. Mon Ciel Bleu~わたしのあおいそら~
    [作詞:藤林聖子 / 作・編曲:佐々倉有吾]
悠木碧(ゆうきあおい)

プロフィール画像

3月27日生まれ、千葉県出身の声優・歌手。4歳の頃から子役として活動し、2003年にテレビアニメ「キノの旅」で声優デビューを果たし、2008年放送の「紅」で初のヒロインに抜擢。その後さまざまな作品で主要キャラクターを演じ、2011年には「魔法少女まどか☆マギカ」の主人公、鹿目まどか役で大きく注目を集めた。2012年3月28日の誕生日に1st“プチ”アルバム「プティパ」を発表しアーティストデビュー。2013年2月6日に2nd“プチ”アルバム「メリバ」をリリースした。

新居昭乃(あらいあきの)

8月21日生まれ、東京都出身のシンガーソングライター。1986年7月にシングル「約束」でメジャーデビューを果たす。以降、種ともこ、PSY・S、CHARA、安藤裕子ほか多数のアーティストのライブやレコーディングにコーラスで参加する一方、ソングライターとしてもアニメの劇中曲やCM音楽などで幅広く活躍。通算11枚のアルバムを発表している。2013年1月30日にはアニメ「まおゆう魔王勇者」のエンディングテーマに起用された新曲「Unknown Vision」をシングルとしてリリースした。