ナタリー PowerPush - 凛として時雨

TK「PSYCHO-PASS サイコパス」対談

凛として時雨にとって約2年ぶりの音源となるニューシングル「abnormalize」は、フジテレビ「ノイタミナ」アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」のオープニング・テーマ。「時雨がアニメのオープニング・テーマ?」と発表時にはファンも音楽シーンもざわついた感のある今回のコラボレーションだが、オンエアを観て互いの特徴を活かした新しい融合を確認した向きも多いことだろう。

今回はこのコラボレーションの必然をTK(Vo, G)と番組チーフプロデューサーである山本幸治の対談で解き明かす。「abnormalize」の制作の経緯や、クリエーター同士の対話を通じてそれぞれのモノ作りのスタンスも読み取ってもらえると思う。

取材・文 / 石角友香

 
mixiチェック

曲に取りかかるまではすごく早かった

──ではまず、山本さんが今回の「PSYCHO-PASS サイコパス」のオープニング・テーマを凛として時雨にオファーした理由を教えてください。

山本幸治 前から「ノイタミナ」で時雨にテーマ曲をお願いしたいと思っていたんですけど、「ノイタミナ」をずっと一緒にやってる佐野弘明さん(ソニー・ミュージックエンタテインメント所属の音楽プロデューサー)に、「よっぽどの企画でないと時雨さんとやるのは難しいと思うよ」って言われてたんです。でも「PSYCHO-PASS サイコパス」は結構力の入った企画だったんで、「今回はいきましょう!」みたいな会話の中で動いたって感じですね。

──企画書も力が入ったのでは?

山本 これは力を入れて書きましたね。

──オファーがあったとき、TKさんはどう思われましたか?

TK や、素直にうれしかったですけどね。すごくびっくりしましたけど。アニメとか元々あまり観ないんで。

インタビュー写真

──決断のポイントはどのあたりでしたか?

TK 最初に企画書をいただいたときに、表1のところにこれ(CDのブックレットの内側の絵)が描いてあって、それがもうすごくカッコよかったので、直感で「カッコよさそうだな」っていうのはあって。そこからアニメの世界観を聞いて、近未来の話だけど今みたいだなあ、なんてちょっと思ったり。曲に取りかかるまではすごく早かったですね。

──「今みたい」というのは?

TK んー、この作品の世界って街の景観がホログラムで映し出されていたり、正義っていうものが何かわからない中で数値だけが全てを語っていたりとか、でもそれが真実なのか?っていうことが多分テーマの一部になってると思うんですけど。なんか自分も普通に生活していて真実っていうものを追い求めていたとしても、それがわかったときに果たしてわかったほうが良かったのか?とか、本当にそれは真実なのか?とか、わからないような世界になってますし。異常なものが普通に見えるし、普通なものが異常になってるとか、逆さまに見える瞬間ってのもあったんで。ちょうどこのお話をいただいたときはたまたまそういうことを考えていた時期でもあったので、複雑に見えてすごくスッと入ってきた感じではありますね。

聴いた瞬間に「キタ!」と思った曲

──実際、完成したアニメを観ていかがでしたか?

TK カッコよかったですよ、すごく。

インタビュー写真

山本 アニメはあまり観ないってことですが、映画とかはどうですか?

TK 映画はたまに観に行くんですけど、基本的にテレビを観ないんで、アニメはだいぶ前で止まってますね。だからこういう大人向けのアニメっていうんですかね? カッコいい感じのアニメはほとんど観たことがなかったんで。

山本 なるほど。

TK うちの(ピエール)中野くんとかは「エヴァンゲリオン」とか「攻殻機動隊」を見てた人なんですけど。

──TKさんは最初からオープニングに使われる尺で曲を作ったんですか?

TK そうですね。

──曲が上がってきたときはいかがでした?

山本 いやもう、特に細かいことはお願いしてなくて、「時雨さんっぽい感じでお願いします」だけだったんで、聴いた瞬間まさに「キタ!」と思って。今回とにかくフリーハンドでやってもらいたいなっていうのがあったんで、バッチシでしたね。曲に関して事前に唯一言ったのは「狂気と静寂が共存してるとうれしいです」みたいなことで。それは映像もエンタメ性とエッジの立った感じのバランスをすごく考えていたので、そのバランスのもとにまとまったかなと。

ニューシングル「abnormalize」/ 2012年11月14日発売 / Sony Music Associated Records

CD収録曲
  1. abnormalize
  2. make up syndrome
  3. abnormalize(TV edit)
    期間生産限定盤のみ収録
期間生産限定盤DVD収録内容
  1. abnormalize(music video)
  2. 「PSYCHO-PASS サイコパス」non-credit opening movie
凛として時雨(りんとしてしぐれ)

TK(Vo,G)、345(B,Vo)の男女ツインボーカルとピエール中野(Dr)からなる3ピースバンド。2002年に地元・埼玉で結成し、2005年に自身で立ち上げたレーベル「中野Records」よりアルバム「#4」をリリース。その後も順調にライブの動員を増やし続け、2008年12月に1曲入りシングル「moment A rhythm」でメジャー移籍を果たす。 狂気がにじむギターロックの地平を、USオルタナ~エモ直系の金属的な轟音で爆撃するサウンドは、多くのファンを魅了。2010年4月にはさいたまスーパーアリーナでのワンマンライブを成功に収めた。同年5月には初のイギリスツアーを敢行。9月にリリースした4枚目のフルアルバム「still a Sigure virgin?」はオリコンウィークリーチャート1位を記録した。2012年11月、約2年ぶりの新作音源となるシングル「abnormalize」をリリースする。