音楽ナタリー Power Push - MISIA

多彩な“愛”詰め込んだアルバム「LOVE BEBOP」

MISIAの12枚目となるニューアルバム「LOVE BEBOP」が1月6日にリリースされる。

2014年4月発表の前作「NEW MORNING」の完成直後に制作をスタートさせたという本作は、最新シングル「オルフェンズの涙」をはじめ、「白い季節」「桜ひとひら」「Candle Of Life」などの既発曲に4つの新曲を加えた全13曲を収録。制作過程で見付けた「愛こそが新たなものを生み出していく=LOVE BEBOP」というテーマのもと、さまざまな愛の形を多彩なサウンドで高らかに鳴り響かせている。

約1年10カ月に及んだ制作期間を経て届けられる本作について、MISIA本人に話を聞いた。

取材・文 / もりひでゆき ライブ撮影 / 田中雅也

 
mixiチェック

前作リリース前からスタートしたアルバム制作

──今回の取材にあたってニューアルバム「LOVE BEBOP」の制作進行表をいただいたのですが、2014年の3月にはすでに制作がスタートしていたことにまずビックリしました。

11枚目のアルバム「NEW MORNING」ができた直後にはもう次の制作に入っていましたね。前作の作業が終わった翌週くらいにプロデューサーから「次のアルバムなんだけど」みたいな話をされたときは「早いな!」って思いましたけど(笑)。ただ2013年から1年ちょっとかけて77本のツアー(「星空のライヴⅦ~15th celebration~」)を回っていた時期でもあったので、ライブで映える曲を作りたい、アップビートの曲を歌ってみたいというモードだったんですよね。

MISIA

──だからこそすぐに次の動きに移れたと。制作はまず鷺巣詩郎さんとのやり取りから始まったそうですね。

はい。プロデューサーと「鷺巣さんの曲をしばらく歌ってないから今回はやりたいよね」って話になったんです。鷺巣さんはロンドン、パリ、日本など世界中を行ったり来たりされている方なんですけど、ちょうど日本に帰ってきてらっしゃるタイミングだったので、まずはそこで打ち合わせさせていただいて。お互いに最近よく聴いている曲や、今いいと思っているサウンドについて話しながら、とにかく楽曲をどんどん作っていこうということになりました。

──かなりの数の楽曲がその段階で生まれたとか。

そうなんですよ。毎日2、3曲くらいのペースで鷺巣さんがどんどん作ってくださって(笑)、結局20曲以上できたんです。そこからぜいたくにも曲をセレクトさせていただき、日本である程度の骨組みを作ってから、2カ月後にはロンドンに行きました。

──それが2014年の6月のこと。

はい。まずはアデルさんも使ってらっしゃるEast Coast Studiosでバンドのレコーディングをしたあと、Abbey Road Studiosでストリングスを録音しました。アビーロードでのレコーディングに立ち会うのは初めてだったんですけど、リバーブをかけなくてもスタジオ全体に音が響いてるみたいに深い音のするすごいスタジオだなって思いましたね。私たちは、フルオーケストラが余裕で入るようなアビイロード内の「Studio One」という大きなスタジオでストリングスを録ったんです。多くの有名な映画音楽もレコーディングされる場所で「スター・ウォーズ」シリーズの劇伴もそこだから、スタジオの廊下にはたくさんポスターが貼ってありましたね。そこでできたのが「真夜中のHIDE-AND-SEEK」と「オルフェンズの涙」です。

──しょっぱなでそんな素晴らしい2曲が生まれれば、それはもうアルバム制作自体、勢い付いたでしょうね。

ほんとにすごい曲が最初にできちゃいましたからね(笑)。でも歌入れに関してはまだそこではやらず、できたトラックを日本に持ち帰り、その後にそれ以外の曲も含めてリリックを詰めていく作業をしていきました。

「LOVE BEBOP」の意味

──今回のアルバムは、それぞれの曲でいろいろなタイプの愛が描かれていますよね。当初からこの方向性でリリックを紡いでいったんですか?

当初は「Candle Of Life」や「桜ひとひら」のように未来や平和への願いを書いてもいたんですけど、最終的に愛というテーマに行き着いた感じなんですよ。制作作業の最後にレコーディングした「LOVE BEBOP」と「Butterfly Butterfly」がきっかけだったんですけど。

──その2曲は2015年の10月にレコーディングされていますよね。

MISIA

はい。ともにSAKOSHINさんが作ってくださった楽曲なんですけど、いただいた1曲に“LOVE BEBOP”って聞こえるメロディがあって。そこでビバップの意味を改めて調べてみたところ、ジャズの中でそれまでの概念を覆すサウンドとして生まれたジャンルであり、引いてはそれまでの決まりごとを打ち破って新しいものを作るっていう意味もあったんです。それってすごくいい言葉だなって思ったんですよね。

──そんな意味を持つ「BEBOP」に「LOVE」というワードが付くことで大きなメッセージが生まれますよね。「愛こそが常識を打ち破って新たなものを生み出していく」という。

今って時代がすごく変わりつつあるような気がするんですよ。アメリカで同性婚が認められたし、日本でもそういった動きがあるじゃないですか。それって愛が常識を変えたんだと思うんです。そう考えると、世の中にいろんな形の愛があったとしても結局1つの「愛」という形で集約されるよねと思って。そこで「Love is Love」という言葉が出てきて、そのインスピレーションをもとに歌詞を書いていったんです。その結果、生まれたのが「LOVE BEBOP」と「Butterfly Butterfly」の2曲で、それがアルバム全体のテーマにもなっていった感じなんです。

──なるほど。とは言え、その2曲の前に生まれたほかの楽曲群でも愛は描かれていますよね。

そうなんです。結局、今の私はそういうことが言いたかったんだと最後に思いました。愛がすべてを変えていけばいい、そういうことが言いたくていろんな歌詞を書いてたんだなって。

ニューアルバム「LOVE BEBOP」 / 2016年1月6日発売 / アリオラジャパン
「LOVE BEBOP」
初回限定盤 [CD] 3564円 / BVCL-963
通常盤 [CD] 3240円 / BVCL-964
収録曲
  1. あなたにスマイル:)
  2. Butterfly Butterfly
  3. LOVE BEBOP
  4. オルフェンズの涙(Long Ver.)
  5. 真夜中のHIDE-AND-SEEK
  6. 白い季節
  7. 明日はもっと好きになる
  8. Oh Lovely Day
  9. FREEDOM
  10. 桜ひとひら
  11. Candle Of Life
  12. 流れ星
  13. LOVE BEBOP (Love Is All Remix)(※初回限定盤ボーナストラック)
MISIA(ミーシャ)

長崎県生まれの女性シンガー。1998年2月にシングル「つつみ込むように…」でデビュー。同年6月に発表した1stアルバム「Mother Father Brother Sister」は200万枚以上を売り上げ、R&Bブームの火付け役となる。2000年に発表したシングル「Everything」はドラマ主題歌に採用され、200万枚を超えるセールスを達成した。2013年2月にはデビュー15周年記念ベストアルバム「MISIA SUPER BEST RECORDS -15th Celebration-」を発表。2015年4~10月に全国ツアー「MISIA 星空のライヴⅧ MOON JPURNEY」を実施し、2016年1月には12枚目となるアルバム「LOVE BEBOP」をリリースする。