ナタリー PowerPush - Acid Black Cherry

1人でも多くの笑顔のために Project「Shangri-la」の軌跡

Acid Black Cherryは2013年夏から「Shangri-la」と題したプロジェクトを行っている。これは、新作リリース、全都道府県ツアー、ファンと直接触れ合えるイベント、という3つを並行して行うというもの。「yasuの音楽を愛してくれる人が1人でも多く笑顔になってもらえたらうれしい」、そんな想いから実施されている。

このたび、「Project『Shangri-la』」のトリを飾る第3弾シングル「君がいない、あの日から…」がリリースされたことを受け、ナタリーではプロジェクトの軌跡をたどる特集を制作した。現在も全都道府県ツアーと触れ合いイベントの真っ最中ではあるが、「Project『Shangri-la』」始動からこれまでの約8カ月間、Acid Black Cherryが全精力を注いで取り組んだ「Project『Shangri-la』」の全貌を写真とテキストで堪能してほしい。

文 / 武市尚子

 
mixiチェック

Acid Black Cherryの魅力

「Shangri-la Meeting」の様子。

Janne Da Arcのボーカリスト・yasuによって2007年の夏に立ち上げられたソロプロジェクト・Acid Black Cherry(略称:ABC)。ABCがコンセプトとして掲げるのは、人間の3大欲求である“食欲”“睡眠欲”“性欲”のうちの1つを担う“エロ”。yasuは、“エロ”こそが一番嘘をつけない“人間の基本的な部分”であると言う。偽善を嫌い、何事にも真っすぐに向き合い、嘘をつかず自分に素直に生きるyasu。そんな飾り気のないyasuのスタイル(生き方)に多くの人たちの共感が集まっている。

Acid Black Cherryの描き出す歌詞と、ヘビーなサウンドに絡む伸びやかで特徴的な唄声、その人間性が支持を集め、ファン層はコアなロックユーザーに加え、男女問わず小さい子供から親世代にも広がっていった。彼は現在、2013年8月13日の福島公演を皮切りにスタートした全都道府県ツアーを行っている最中だが、最近のライブではカップルや親子連れも多く見られるようになっているのも大きな変化で、その人気が拡大していることを伺わせる。

「Shangri-la Meeting」の様子。

ポップでキャッチーでわかりやすいものこそが大衆的とされるが、yasuの生み出すAcid Black Cherryの音楽の軸は、あくまでも彼のルーツでもあるヘビーなサウンドなのである。大衆性とは正反対にあると言ってもいいコアでヘビーなロックが、ここまで大衆を惹き付けているのは、新たな現象だと言っても過言ではない。

「自分が憧れていた音楽を、自分が聴きたいと思える音楽をただ作っているだけ」と語るyasuの信念は、彼が音楽を作り始めた頃から何ひとつ変わってはいない。軸がブレることなく、ヘビーなサウンドの中に自分なりのキャッチーさを宿しているところこそがAcid Black Cherryらしさ。まさに、その共存できるセンスこそが、大衆を惹き付ける大きな鍵となっているのだろう。

「Project『Shangri-la』」とは

「Shangri-la Meeting」の様子。

そして、彼は自分の音楽を求めてくれる人たちに、とことん向き合おうとしていた。そんな想いが、「Project『Shangri-la』」につながった。

「唄で世界は変えられない 唄で世界は救えない でも君が笑顔になるなら 唄いたい」。そう唄われている「シャングリラ」の歌詞。その想いを形にしたのが、現在行っている「Project『Shangri-la』」であり、まさに「Project『Shangri-la』」の意味はここにあると思うのだ。

yasuは、このプロジェクトを掲げたとき、そこに3つの約束を置いた。その1つが、新たな音源をリリースすること。2つ目は、全国の“君”に自ら出向いて会いに行くことを目的とした全都道府県ツアーを行うこと。3つ目の約束は、触れ合いイベント「Shangri-la Meeting」と題したラジオやテレビの公開録音やハイタッチ会で、全国の“君”と触れ合うことだった。

「Shangri-la Meeting」の様子。

彼はその約束通り、ツアーが始まる直前でもあった2013年8月7日に第1弾シングル「Greed Greed Greed」をリリース。この作品では、ベースのスラップを軸にして作られた、キャッチーさとはほど遠い彼の音楽の原点を感じさせる“攻め曲”を提示。第2弾として11月20日にリリースされた「黒猫 ~Adult Black Cat~」では、Acid Black Cherryらしいシャッフルチューンに、自身のデビュー曲であった「SPELL MAGIC」と絡めたと思われる歌詞を乗せて唄った。

また、全都道府県を5つのブロックに分けてすべての都道府県に訪れ(道内も1カ所だけではなく5カ所を回った)、これまで行ってきたアルバムツアーとは異なる、いつも以上にオーディエンスの目線に立った距離の近さを感じさせるライブを行った。「Shangri-la Meeting」では、地方のラジオ番組やテレビ番組を公開収録形式にし、集まったお客さんの前で現地のDJたちと屈託のないトークを繰り広げ、ハイタッチ会では1人ひとりとしっかりと向き合って笑顔で手を重ねた。

「Greed Greed Greed」CD+DVD盤ジャケット 「黒猫~Adult Black Cat~」CD+DVD盤ジャケット
Project「Shangri-la」のトリを飾る第3弾シングル「君がいない、あの日から…」/ 2014年3月11日発売 / motorod
CD+DVD 1680円 / AVCD-32234/B
CD 1050円 / AVCD-32235
Special Price盤 394円 / AVCD-32236
CD収録曲
  1. 君がいない、あの日から…
  2. Forget-me-not(Recreation Track)(※尾崎豊カバー)
Special Price盤
  1. 君がいない、あの日から…
CD+DVD盤DVD収録内容
  1. 君がいない、あの日から…(music clip)
  2. OFF SHOT

(全14分)

Project「Shangri-la」第2弾シングル「黒猫 ~Adult Black Cat~」/ 2013年11月20日発売 / motorod
CD+DVD 1680円 / AVCD-32230/B
CD 1050円 / AVCD-32231
スペシャルプライス 394盤 394円 / AVCD-32232
Project「Shangri-la」第1弾シングル「Greed Greed Greed」/ 2013年8月7日発売 / motorod
CD+DVD 1680円 / AVCD-32227/B
CD 1050円 / AVCD-32228
スペシャルプライス 394盤 394円 / VCD-32229
Acid Black Cherry(あしっどぶらっくちぇりー)

Janne Da Arcのボーカルyasuによるソロプロジェクト。2007年7月にシングル「SPELL MAGIC」でメジャーデビュー。2011年にはデビュー4周年を記念し、「ABC Dream Cup」と題して着うた無料配信、4万人フリーライブなど4つのプレゼントを発表。さらに9月から5カ月連続シングルリリースを行い、話題を振りまく。2012年3月、約2年半ぶりとなる3rdアルバム「『2012』」を発売し、自身初のオリコン週間チャート1位を記録。20万枚を超えるヒット作となる。「『2012』」を引っさげた全国ツアーは全カ所、一般発売開始1分足らずで完売。計7万2000人を動員した。2013年8月からは新作リリース、全都道府県ツアー、ファンと触れ合うイベントを並行して行う「Project『Shangri-la』」を行っている。