東京ディズニーシー®︎PR

東京ディズニーリゾート®「ディズニー・ハロウィーン」千葉雄大×吉沢亮×中川大志|僕たちディズニーヴィランズ! いざ、冒険とイマジネーションの海へ

Making of Villains

Character

千葉雄大 as アースラ

千葉雄大

千葉が仮装したのは、ディズニー映画「リトル・マーメイド」に登場する下半身がタコの魔女アースラ。海の支配権を狙うアースラは、人間の王子に恋をした人魚アリエルをそそのかし声を奪ってしまう。衣装のポイントは、燕尾服の襟とパンツにあしらったスパンコールとパール。海のきらめきや泡沫、タコの吸盤を表現している。胸元のネックレスは、アリエルの声を閉じ込めた貝殻をイメージしたもの。逆立てた銀色のオールバックヘアでファンキーな雰囲気に。

  • 光沢感のある燕尾服の襟元とパンツのサイドラインには、1つひとつ手縫いで付けられたスパンコールとパールが輝く。貝殻のネックレスは、劇中でアースラがアリエルの声を閉じ込めたアイテム。
  • シルバーのウィッグを派手に逆立て、アースラの迫力あるオールバックヘアを再現。

吉沢亮 as クルエラ

吉沢亮

吉沢が仮装したのは、ディズニー映画「101匹わんちゃん」に登場する女性ファッションデザイナーのクルエラ。99匹ものダルメシアンの子犬を集めて特製のコートを作ろうとたくらむ。衣装で真っ先に目を奪われるのは、ダルメシアン柄とブラックの切り替えが大胆なファーコート。白と黒のヘアスタイルとダルメシアン柄のシューズを合わせた全身モノトーンのコーディネートに、赤いグローブの差し色が効いている。

  • 白黒デザインのファーコートの白地部分をダルメシアン柄に加工。クルエラが完成を夢見たのはこんなコートだったかも?
  • コーディネートのスパイスとなる真っ赤なグローブは、抜群のファッションセンスを持つクルエラらしいアイテム。
  • 白髪と黒髪のウィッグを合体させて再現したツートンヘア。

中川大志 as フック船長

中川大志

中川が仮装したのは、ディズニー映画「ピーター・パン」に登場するネバーランドの海賊・フック船長。自身の左手を切り落としてワニに食べさせたピーター・パンに恨みを抱き、復讐の機会を狙っている。ゴールドの装飾入りベストや大ぶりのラッフル、羽飾りが付いた帽子など、衣装には気品あふれるディテールが取り入れられた。ワニをモチーフにしたベルトやフォトプロップスのひげもプラスすれば、遊び心満点!

  • ベルトにちょこんと乗っているのは、フック船長の天敵であるワニ。
  • フォトプロップスのひげを当てて、お茶目な雰囲気に。パークでは顔に直接ヒゲを付けるとルール違反になるのでご注意を。
  • 豪華な羽飾りの付いた帽子と黒のロングヘアで“キレイめ海賊ファッション”が完成。
「ディズニー・ハロウィーン」
「ディズニー・ハロウィーン」
2017年10月31日(火)まで開催中
東京ディズニーリゾートでハロウィーンのイベントが始まって、今年で20周年。昨年までは全身のフル仮装が可能な日が限定されていたが、今年は10月31日まで連日フル仮装が楽しめることに。東京ディズニーランドでは「ハロウィーン・ミュージックフェスティバル」、東京ディズニーシーではディズニーヴィランズが主役のショーが繰り広げられる。特設サイトには仮装の条件や対象作品が明記されているのでルールを守って参加しよう。

※本記事内で紹介したグッズ、メニューの内容は予告なく変更になる場合があります。また品切れや販売終了の際はご了承ください。
©︎Disney

千葉雄大(チバユウダイ)
1989年3月9日生まれ。宮城県出身。2010年に特撮ドラマ「天装戦隊ゴセイジャー」のアラタ / ゴセイレッド役でデビュー。2016年の出演作「殿、利息でござる!」で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した。2017年には「Bros.マックスマン」「暗黒女子」「ReLIFE リライフ」「帝一の國」「兄に愛されすぎて困ってます」が公開されたほか、「亜人」が9月30日に公開される。10月2日放送開始のNHK連続テレビ小説「わろてんか」、10月16日スタートの月9ドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」(フジテレビ系)に出演。10月8日から31日に東京・シアターコクーン、11月9日から14日に大阪・森ノ宮ピロティホールで上演される舞台「危険な関係」に出演する。
吉沢亮(ヨシザワリョウ)
1994年2月1日生まれ、東京都出身。2011年に特撮ドラマ「仮面ライダーフォーゼ」の仮面ライダーメテオ / 朔田流星役で注目を浴びる。2013年に「ぶっせん」でドラマと舞台に初主演。主な出演映画に「アオハライド」「オオカミ少女と黒王子」「さらばあぶない刑事」などがある。2017年にはドラマと2本の映画からなる「トモダチゲーム」シリーズや「銀魂」に出演し、現在は舞台「百鬼オペラ『羅生門』」が東京・シアターコクーンにて9月25日まで上演中。10月21日に「斉木楠雄のΨ難」の公開を控えるほか、2018年には主演映画「あのコの、トリコ。」「ママレード・ボーイ」(桜井日奈子とのダブル主演)が公開。さらに「リバーズ・エッジ」「悪と仮面のルール」「レオン」への出演も発表されている。
中川大志(ナカガワタイシ)
1998年6月14日生まれ。東京都出身。2010年に「半次郎」で映画デビューを果たし、2011年のドラマ「家政婦のミタ」での長男・翔役や2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」の豊臣秀頼役で注目を集める。ドラマ「監獄学園-プリズンスクール-」「南くんの恋人~my little lover」、映画「青鬼 ver.2.0」「通学シリーズ 通学途中」「きょうのキラ君」「ReLIFE リライフ」で主演を務めたほか、2017年7月公開の「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」ではヘンリー・ターナー役の日本語吹替を担当した。2018年に公開を控える実写映画「坂道のアポロン」では、川渕千太郎役に抜擢された。

衣装協力 / シューズ:UNDERGROUND(吉沢亮)
コート、ベスト:CHRISTIAN DADA パンツ:AMBUSH®(中川大志)