映画ナタリー

ひかりのたび

ひかりのたび

ヒカリノタビ

解説

2007年に発表した絵本『幼なじみのバッキー』が岡本太郎現代芸術賞に入選するなど異色の経歴を持つ澤田サンダー監督の商業デビュー作。地方都市を舞台に、町を裏切り続ける不動産ブローカーの父親と、町に愛着を持つ高校生の娘の関係を描く。土地の買い占めなどの社会問題を題材に、物の価値だけでなく人間の本質的な真価を見つめた意欲作だ。

ストーリー

高校生の奈々は、父と暮らすこの町に愛着を抱き、町で働きたいと思っていた。しかし、土地を外国人に売りさばき、町を荒らしている不動産ブローカーの父のせいで、奈々は周囲から嫌がらせを受けていた。ある日、学校の駐輪場で、奈々の自転車が壊されていて……

2017年9月16日(土)公開 / 上映時間:91分 / 製作:2017年(日本) / 配給:太秦

(C)2017『ひかりのたび』製作委員会

(C) PIA

映画ナタリーをフォロー