コミックナタリー

「新宿スワン」が実写映画化、歌舞伎町の裏社会を描く

326

和久井健「新宿スワン」の実写映画化が決定した。これは本日2月25日発売の週刊ヤングマガジン13号(講談社)にて発表されたもの。

「新宿スワン」は歌舞伎町で働くスカウトマン・タツヒコを主人公に、裏ビジネスに従事する男たちのせめぎ合いを描く物語。タツヒコが属するスカウト会社が渋谷に進出する「渋谷AV編」、タツヒコがライバル会社に潜入する「ミネルバ潜入編」など、さまざまなエピソードを経て、現在は最終章「歌舞伎町ピカレスク編」が連載中だ。

実写映画のキャストや公開時期など、このほかの詳細は追ってヤングマガジンにて発表。単行本は34巻まで発売中、最新35巻は3月6日にリリースされる。

コミックナタリーをフォロー

  • コミックナタリー大賞