コミックナタリー

ボニータ新連載、紫堂恭子による冒険ファンタジー「テラ・インコグニタ」

110

紫堂恭子による新連載「テラ・インコグニタ」が、本日2月5日に発売のミステリーボニータ3月号(秋田書店)にて開幕した。

同作に登場するのは、荒涼たる土地「荒れ地の国」で護衛兵と案内人を務めるジェム。彼が新たに請け負った依頼は、あるさらわれた部族の王子を救出することだった。これまで多くのファンタジー作品を手がけてきた紫堂。タイトル通りテラ・インコグニタ(未知の大地)を舞台とした冒険譚に注目しよう。

また3月5日に発売されるミステリーボニータ4月号から、野間美由紀による推理マンガ「パズルゲーム☆はいすくーる」シリーズ最新作「パズルゲーム☆プレステージ」が開幕。また同号で亜月亮「キミノトナリ―闇都市伝説―」は最終回を迎える。

コミックナタリーをフォロー