Laugh & Peace Music PR

“ネオ渋谷系漫才師”EXITの軌跡|やれること全部やるのがチャラ男

芸人のオリジナルソング、歌ネタ、リズムネタなど、よしもと関連楽曲を一覧できるサービス「Laugh & Peace Music」特集のラストを飾るのはEXIT。彼らはこれまで3曲のオリジナルソングを世に放ち、今後の新曲リリースに向けても動き出しているという。

2018年1月に初舞台を踏んで以来、“ネオ渋谷系漫才師”のキャッチフレーズで知られる通りのチャラ男キャラとにじみ出る人のよさで人気を集めるEXITだが、実はいわゆる“組み直し”のコンビ。共に相方の不祥事による解散という苦い思いを経験している。

本特集では、初単独ライブ即完、ルミネtheよしもと史上最速の単独ライブ開催、初登場から3カ月で「おはスタ」レギュラー獲得と、爆速で突き進んできた彼らの軌跡を振り返りながら、「チャラい、でも真面目」な彼らの本質に迫りたい。

取材・文 / 狩野有理 撮影 / 玉井美世子

思い出作りのはずが本気になっちゃった

──EXITのお二人は今回がお笑いナタリー特集初登場です。これを読めば結成から現在までのEXITのすべてがわかる!というインタビューにしたいと思っているので、いろいろ聞かせてください。

りんたろー。 おお! マジっすか。照れんなあ(笑)。

兼近大樹 丸裸っすね!

兼近大樹(左)、りんたろー。(右)。

──まずはコンビ結成のなれそめからお伺いします。りんたろー。さんがNSC東京の14期、兼近さんが19期と芸歴は離れていますが、もともと仲良しだったんですか?

兼近 いや、まったく知らない人でした。相方が事件を起こして解散した先輩っていうくらいで。

りんたろー。 ほぼしゃべったことなかったよね。

兼近 あるときりんたろー。さんがピンで“チャラ漫談”っていうのを舞台でやられているのを見て、「チャラ男いいな」って思ったんです。で、「チャラ男2人で『M-1』かき回しましょう!」って声をかけました。

りんたろー。 僕は「うわ、変なチャラ男が話しかけてきた!」と思って最初は嫌だったんですよ。チャラ男となんか仕事したくないじゃないですか。ちゃんとやらないから。

──あはははは(笑)。チャラ男のりんたろー。さんでもそんなふうに思っていたんですね。

りんたろー。 そのときは人となりも全然知らなかったんで。でも、5個も上の先輩に声をかけてくれた、その勇気を買おうと思って話を聞きました。まあ蓋を開けてみたらただのバカだったっていう。

兼近 あはははは!(笑)

りんたろー。 勇気もクソもなくて、ただやりたいと思ったことをすぐやっちゃう子ってだけでした(笑)。

兼近 そうっすね。とりあえず「M-1」で思い出作りてえな、みたいな感じで誘いました。

──お二人とも前のコンビを解散したあとはピンでやっていくのか、相方を探すのか、どうしようと思っていたんですか?

りんたろー。
兼近大樹

りんたろー。 僕に関しては、ピンでやりながらも「なんの意味もないな」って思いながら続けていたんです。がんばりたいけどがんばるものがないっていう状況で、劇場では笑いを取れたとしても、このままで売れることなんて絶対にないって理解していたのですごく腐っていましたね。ただ、アクションを起こしておけば何かにつながる、スベってものちのちトークのネタになるから、絶対にやっといたほうがいいよって同期が言ってくれて。で、実際にそれを見てかねち(=兼近)が声をかけてくれた。マジ同期には感謝です。

兼近 兼近は解散したあと海外でスターになりたいって意思が強かったんで、最後に日本で思い出残そうって感じで過ごしていました。それで「M-1」に出たっていう。

──その思い出作りにりんたろー。さんを誘ったんですね。

りんたろー。 よくないよ!(笑) まあまあの先輩付き合わせて。

兼近 えへへへ(笑)。でもそのときはお互いに思い出作りって気持ちでしたよね。

りんたろー。 確かに。……なんかカップルみたいじゃねえ?

兼近 最後の思い出作りのはずが2人共、本気になっちゃった(笑)。

──りんたろー。さんは解散後、荒んでいた時期もあったということですが、兼近さんはいかがでしたか?

兼近 コンビが休止になっちゃったときはめっちゃ悲しかったんですけど、次の日からはめちゃめちゃ仕事入れてました。俳優仕事とか地下アイドルさんのイベントのMCとか、前のコンビでできなかったこともやれるから1人になってラッキーって感じで。

──対照的ですね。

りんたろー。 かねちは落ち込むってことがないんですよ。そういうところはすごく影響されますね。かねちの横にいたら自分がマジちっぽけに感じます。なんでこんな小さなことでくよくよしてるんだって。

クソつまんないことも平気で言える

──お二人の間に決めごとってありますか? 今度のコンビは成功させたいという気持ちも強かったと思いますが。

兼近 正直ないっすね。

りんたろー。 マジないね。それぞれが思っていることはあるかもしれないですけど、決めごとが逆に関係性を崩すっていうのもわかっているし、お互いそんなのに飽き飽きしていて。

兼近 隠してることとかも別にないですしね。

りんたろー。 うん。俺は前の相方に自分のことを全部隠して生きてたんです。だから今、言えることがうれしい。

──普段からよく話すんですか?

EXIT

兼近 なんでも話します。プライベートのことまで。「昨日あのあとどうしたんですか?」とか聞きますし。普通にりんたろー。さんが何してるか気になるんですよね(笑)。俺、めちゃめちゃつまんないことも平気で言うんですよ。実家かっていうくらい。家族の前だと面白くないとか気にしないで思ったこと言えるじゃないですか。そんな感じっすね。

──リラックスできる関係性なんですね。

兼近 前までは俺がつまんなかったら終わりだと思っていたんですけど、今は俺がつまんなくてもりんたろー。さんに「つまんねえな」って返してもらえるだけで完結する。だからクソつまんないことも平気で言ってます。

りんたろー。 あはははは(笑)。まあ単純に、楽しくやってないと生まれてこないものってあるじゃないですか。今は失敗すらも味になってる気がしていて、努力を怠ったりはしないですけど無理はしないようにしているかも。

兼近 楽しくなくなるまで根詰めたら元も子もないんで。例えばりんたろー。さんがネタ作り嫌になっても、まあドンマイというか。今はあざーっすですけど、それはそれでいいや、くらいの気持ちで。「今日は俺が適当に作っていきますわ!」つって、なんとかやれんじゃね?みたいな。

りんたろー。 それはやべえだろ!(笑)

りんたろー。は愛されて育ったチャラ男、兼近はアバター

──ネタ作りはりんたろー。さんが担当しているんですね。

りんたろー。 最初2人で案出しして、それを軸に作ってきてまた2人で調整って感じです。

兼近 俺、せっかくりんたろー。さんが作ってきてくれたネタ、めっちゃ切っちゃいますから。大先輩が作ってきたネタに「ここちょっと長くなりそうなんで、まるごとイケます(=削れます)?」とか言って。

りんたろー。 あはははは(笑)。作ってるほうは客観的に見れなくなるんで、それは全然頼りにしてます。

EXIT

──ネタの中ではベタなことをチャラ男流にアレンジしていて、王道の笑いとキャラとのギャップが面白いです。

兼近 それはもうりんたろー。さんの作戦です(笑)。あえてバレやすい伏線回収とかやってます。

りんたろー。 言うなや! 誰も笑わなくなるわ(笑)。

──EXITのプロデュース的な役割もりんたろー。さんが?

りんたろー。 それはかねちです。俺、めっちゃ優柔不断なんで。節目節目は全部かねちに決めてもらってます。

兼近 なるようになれ精神で。迷う必要はないです。失敗しようが何しようが、そのときそうなったことが事実なんで。

──カッコいいですね。ちなみにお二人は実際にチャラ男なんですか?

兼近 りんたろー。さんはガチチャラ男っすね。ついていけなくなるときありますもん。

──例えば?

兼近 ここでは言えないくらいの(笑)。そのうち週刊誌にバシバシ撮られると思います。

りんたろー。 やめろ(笑)。てか、最近よくわかんないことになってて。こっちはずっとチャラいですって言ってるのに「実は真面目」とか言われて、もし週刊誌に出たとしたら「やっぱりチャラいじゃねえか」ってなるじゃないですか。いや、だからチャラいって言ってるじゃん!っていう。

──あはははは(笑)。

兼近 勝手に真面目にしてんの誰?っていうね!

りんたろー。

りんたろー。 だからパニックなんですよ(笑)。変に好感度上がってるのが嫌。チャラいはチャラいんで。

兼近 小さい頃ちゃんと愛されて育ったチャラ男って感じですね。根は真面目。

──服装もこういうテイストのものがお好きなんですか?

兼近 りんたろー。さんはそうですけど、兼近は服にまったく興味ないです。

──え、今日のこの格好は?

兼近 これもこれもこれも、全部もらいもの。アバターです。

りんたろー。 着せ替え人形だ(笑)。

──本来は地味な服を着たいということですか?

兼近大樹

兼近 うーん、着たいとかがないですね。なんでもいいんで。地味な服のほうが目立たなくて済むかなってくらいです。

──髪色も頻繁に変えていらっしゃいますが、こだわりなのでは……。

兼近 「適当で」ってお願いして、終わったら美容師さんが今日のカラーは何色ですって教えてくれます。

──本当は黒髪がいい?

兼近 なんだっていいです。坊主でもいいぐらい。

りんたろー。 マジかよ(笑)。自分に関するこだわりってないの? でも頑固は頑固だよね?

兼近 うっすい線があるんですよ。ほっそい硬い芯だけ残ってて、あとの周りはぶにゅぶにゅ。めっちゃ流されやすいって言われるんですけど、「ここだけは」っていう譲れない部分があるタイプで。それに関係ないことだったらなんでもいい。服は裸を隠すためのものですね。