お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

山里興奮「スタモン」ロンブー亮を王者℃-ute中島が撃破

218

昨日2月26日、東京・草月ホールにて南海キャンディーズ山里MCのライブイベント「スター妄想カードバトル スタモン」が開催された。

これは、芸人やアイドル、プロレスラーなど、ジャンルを超えて出演者たちが戦う「カードバトルイベント」。2011年9月の始動以来、数々の名勝負が繰り広げられてきた。出演者達は有名人の写真が載っている「スターカード」を使って、ステージ上のゲームデッキにスターを“召喚”。彼らにどんな攻撃をさせたら面白いかを、攻撃の言葉が記載されたもう1枚のカードとの組み合わせによって追求していく。

今回も約2時間半にわたり、ワンマッチ方式で全5戦を実施。第1戦は、これまでスタモンでその破壊力を見せつけてきた男色ディーノに、同じピンク色の装いでどことなく似たような匂いを漂わせるオードリー春日が満を持して勝負を挑む。布袋寅泰の「スリル」をBGMに登場したディーノは、さっそく客席の男性に次々と抱きついてはキスを強要する暴れん坊ぶり。一方の春日は大好きな電気グルーヴの「Shangri-La」に乗せてゆったりと壇上に姿を見せた。

その性的な趣向にまつわる苛烈なやりとりで早くもトークはヒートアップ。対戦そのものは「スタモン」では不利と言われる後攻を特に狙いもなく選択したにもかかわらず「とある大物ロックスターによるWebでの善行」を繰り出した春日が勝利した。春日は「さすがの春日も動揺しました」と後攻を選んだことを反省。ディーノは「強かった!」と素直に完敗を認めた。なお対戦後、ディーノからの要求によって2人は熱いキスを交わし、仲良く肩を寄せて退場している。

第2戦は女性アイドルグループ・BiSのプー・ルイとアルコ&ピース平子の「スタモン」初参戦対決。対戦前から平然と下ネタを言い放つ平子と、こちらも下ネタお構いなしのプー・ルイによるトークに、山里は「どうなってんだ今日は!」と呆れながらも嬉しそうだ。2人の対決は、平子が「とある外国の歌姫の行動」で勝利。しかし平子へのインタビューもそこそこに、アイドルファンの山里はプー・ルイに一瞬抱きつかれたりしながら「CD複数枚、買いますよ!」とメロメロの様子だった。

「新旧コント師対決」と名付けられた第3戦は、しずるvsうしろシティ。山里が「しずるが“旧”です」と冷徹にも位置づける中、2組は登場するなり戦闘モード全開で、うしろシティ阿諏訪が「しずるは昔テレビで見ていた」とうそぶくと、しずる池田も「うしろシティが今いるところは、しずるがいたところ。ひよひよ、ひよっ子さんよぉ!」と挑発した。このコンビ対決はうしろシティ優勢のまま進行し、最後はうしろシティ金子が提示した「とあるべテラン俳優の遅れてきた反抗期」のカードで勝利。なおこの対決中、第2戦を終えた平子とプー・ルイのコメントがともに冴えており、山里も「かなりデンジャラスな解説だった」と振り返っている。

出演者自ら「抱腹絶倒面白対決」と銘打ったのは、第4戦のせきしろvsバッファロー吾郎Aで、山里からは「この2人、無二の親友であります!」とお墨付き。ブーツインかつ「頭からきなこをかぶった」という金髪姿で登場したAが「オレがスタモンだ!」と宣言すると、このイベントの考案者・せきしろも「蛇口をひねればスタモンが出てくればいいのに!」と夢見がちな発言を繰り出す。その後も2人は対戦の名を借りた度重なる悪ふざけで、客席を爆笑の渦に。対戦はAが「とあるロックスターの特異な状態」を提示して勝利し、Aも「かなり久しぶりにこういうゲームで勝ちました」と率直に喜んだものの、山里は「場が荒れたことをお詫びします!」と客席に理解を求めていた。

ラストの第5戦は「スタモン」のトーナメントで優勝をしたこともある女性アイドルグループ・℃-uteの中島早貴と、「スタモン」の元祖ともいえる「落合記念館ゲーム」時代からイベントに出演していたロンドンブーツ1号2号・田村亮の対戦。亮は「呼ばなかったねぇ」とこれが久々の登場であることに複雑な心境を吐露しながらも、山里に「カードの使い方に評価が高い」と評価される。

この対戦は、2人が破壊力の強いカードの組み合わせを途切れることなく連発し、山里からも「この乱打戦すげぇ!」と驚嘆の言葉がつい漏れるほどの好ゲーム。ハイクオリティな攻撃でポイントの削り合いとなった挙げ句、勝利を収めたのは「とある尼僧」を効果的に配置した中島だった。ときおり小さなガッツポーズを見せながらも終始冷静にカードを出し続け、もはや王者の貫禄すら漂わせる中島は「前回のスタモンでも、私はだいぶこの方のお世話になった」とその尼僧について独特の言い回しで感謝を述べ、客席を大きくどよめかせる。山里が「この強さ、王者たるゆえん!」、亮も「最後にこのカードを取っておいた、というのがセンスを感じる」と認めるほどの圧倒的な勝ちっぷりだった。

エンディングでは、ほぼ全出演者が顔を揃える中、平子が「このゲームを俯瞰的に考えたとき、人生をがんばってきた先に、こうしたゲームのカードにされる。得てして懸命に生きてきた人達。真剣に生きてる人って面白いんだな」とクールな総括。最後には「痛みに耐えてよくがんばった! 感動した!」と往年の名ゼリフをそのまま叫んだバッファロー吾郎Aが、山里に「何してんだよ、もう!」と指弾されながらの陽気な幕引きとなった。

お笑いナタリーをフォロー