お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

夜ふかしの会が「SPEC」を全力サポート「いい相乗効果を」

274

東京・TBS前の赤坂サカスにて人気ドラマの映画化「劇場版 SPEC~天~」の「大流し餃子イベント」が3月30日に開催され、主演の戸田恵梨香、加瀬亮のほか、本作に出演している夜ふかしの会が登場した。

2010年10月より連続ドラマとしてレギュラー放送された本作は、謎に満ちた展開とSFの要素を加えた斬新な映像表現で多くのファンを獲得。本日4月1日(日)にスペシャルドラマ「SPEC~翔~」としてオンエアされるほか、4月7日(土)には「劇場版 SPEC~天~」が全国東宝系にて公開される。このイベントでは、映画の重要なシーンで登場する「流し餃子」が全長約40メートルのビッグサイズで「大流し餃子」として派手に出現した。

夜ふかしの会はこのイベントのお手伝い役として登場したほか「SPEC」をテーマにしたコント「立てこもり」を披露。コントを見終えた加瀬は「いつも打ち上げなどで楽しませてくれている。今回も面白かった」と好意的な感想を語った。また40メートルを滑降した果てに流れ着いた「流し餃子」は、主演の2人ではなくなぜか鬼頭が試食することに。大役を担った鬼頭は餃子を口にして「バカうまです!」と笑顔を見せた。

夜ふかしの会と「SPEC」の縁はもともと、本作で演出を務める堤幸彦の監督映画「20世紀少年」に鬼頭が出演したことがきっかけ。堤監督が「自分の作品に男の集団をキャスティングしたい」と希望したことから話がつながり、現在では夜ふかしのライブに堤監督が花を贈ったり実際に来場したりするなど、親密な交流が続いている。

今回の劇場版には鬼頭、三宅、砂川が「ブブゼラ隊」として登場するほか、大重と原はレギュラー放送版の第2話に刑務官役で出演。お笑いナタリーの取材に対し、原はドラマの撮影を振り返って「演者のみなさんがまぶしく光っていて『俺らなんか“土”じゃん!』と思った(笑)」と自虐的に述べると、大重は「ここから木を生やそうぜ!」と力強く拳を握りしめた。

「SPEC」の作品自体について、三宅は「堤監督ならではの小ネタやボケがいろんなところにあって油断できない」、砂川は「何回も見たくなるのがすごい」と見どころをそれぞれコメント。さらに砂川は「『SPEC』さんといい相乗効果を生み出すことができれば」と今後の活動について意気込みを見せ、鬼頭は「『SPEC』があり、6月の単独ライブも成功させて、その流れで今年の『キングオブコント』決勝に乗り込みたい! というのが青写真です」と今年2012年の展望を語った。

SPEC~翔~

TBS系 2012年4月1日(日) 21:30 ~ 放送予定

劇場版 SPEC~天~

2012年4月7日(土)より全国東宝系にて公開
<出演者>
戸田恵梨香 / 加瀬亮 / 伊藤淳史 / 栗山千明 / 浅野ゆう子(特別出演) / 福田沙紀 / 神木隆之介 / 椎名桔平(特別出演) / 竜雷太 / 夜ふかしの会 ほか

お笑いナタリーをフォロー