サンドウィッチマン「じゃらん東北」表紙に登場、地元グルメの話も

129

来月3月11日に発売される旅行情報誌「じゃらん東北2021-2022」(リクルートホールディングス)の表紙をサンドウィッチマンが飾る。

サンドウィッチマン

サンドウィッチマン

大きなサイズで見る(全3件)

じゃらん東北2021-2022

「じゃらん東北2021-2022」
Amazon.co.jp

「じゃらん東北2021-2022」表紙

「じゃらん東北2021-2022」表紙[拡大]

2012年3月に誕生し、東北の観光地やグルメスポットを紹介してきた「じゃらん東北」。今号では雑誌が10年目を迎えることを記念し、「東北の湯ヂカラ、ここに顕在!とことん温泉ランキング10」「東北在住者に聞いた 東北が誇る、10の絶景」といった「10」にまつわる企画を掲載する。

サンドウィッチマンは誌面にも登場し、お気に入りのバウムクーヘン、うどん、ラーメンなど地元グルメの話を展開。また伊達は「福島へ一歩入ると地元。宮城に入ったらもう家なので、未だに『東京に行ってくる』『仙台に帰る』って感覚はあります」と、富澤は「とにかく時間の流れがゆっくりしていて、人が温かくて落ち着きます」と地元への変わらぬ愛も語る。

この記事の画像(全3件)

サンドウィッチマンのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 サンドウィッチマン の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。