映画「ジョゼ」イベントで盛山がリリーに「日本初やぞ!一言のセリフで舞台挨拶立つ奴」

1074

劇場アニメ「ジョゼと虎と魚たち」の公開記念舞台挨拶が昨日12月26日に東京・丸の内ピカデリーで行われ、ゲスト声優の見取り図が出席した。

劇場アニメ「ジョゼと虎と魚たち」公開記念舞台挨拶の様子。左から見取り図、中川大志、タムラコータロー。

劇場アニメ「ジョゼと虎と魚たち」公開記念舞台挨拶の様子。左から見取り図、中川大志、タムラコータロー。

大きなサイズで見る(全10件)

2003年に実写映画として公開された田辺聖子の小説「ジョゼと虎と魚たち」をタムラコータロー監督がアニメ化した本作。留学する夢のためにアルバイトに勤しむ大学生・恒夫と、かわいらしい見た目とは裏腹に口が悪い、車椅子に乗ったヒロイン・ジョゼの物語だ。中川大志が恒夫、清原果耶がジョゼに声を当てている。

見取り図

見取り図[拡大]

舞台挨拶には見取り図、中川大志、タムラコータローが登壇。冒頭の挨拶では、駅員を演じた見取り図リリーが「今作では駅員が準主役ということで……」と話し始め、盛山から「どこがやねん! 一言しかしゃべってへんがな!」とツッコまれる。またアフレコについて「一言だけの出演ではあったんですけど、20テイクくらいやらせてもらいまして、そのときに監督からすごくありがたい言葉をいただいたんです。それが『もう少しうまくできませんか』でした」と振り返り、盛山は「真正面から言われとるやないか。シンプルやなあ」と苦笑いしていた。

見取り図・盛山

見取り図・盛山[拡大]

ダイビングショップの店長の声を担当した盛山は初のアフレコを「すごく難しかったです。大阪弁のキャラなんですが、何回か録り直しているうちに大阪弁がわからんようになってきて……。最終的にエセ関西弁みたいにしゃべってしまいました」と回想。リリーが意気揚々と「声優の仕事大好き。本当に楽しくて……。もし続編があったら僕にジョゼ役をやらせてください」とコメントすると、「無理やろ! お前一言しかしゃべってへんねんで」「俺、見終わったあとお前どこかわからんかった」「絶対にここ(舞台)立つな!」「日本初やぞ! 一言のセリフで舞台挨拶立つ奴」と罵声を浴びせるかのようなテンションでツッコミを連発した。

見取り図と中川大志は今月12月10日に行われた大ヒット祈願イベントでリモート漫才に挑戦したが、対面するのは今回が初めて。中川は「まずは『M-1グランプリ』本当にお疲れ様でした。ようやく長髪とデザインパーマに会えました(笑)」「テレビの前でめちゃくちゃ応援していました! 自分も見取り図かのような気持ちで観させていただいて。感動したし、めちゃくちゃ笑いました」と興奮気味に語り、客席からは見取り図を労うような拍手が。盛山は中川について「少女マンガから飛び出てきたような人。タキシード仮面かと思いました」と述べ、リリーは「トイレで大をしたあとに個室から出たら大志くんがいまして、それが最初の出会いでした。すごく気まずかったです」と裏話を明かした。

見取り図リリー

見取り図リリー[拡大]

タムラコータロー監督は見取り図を起用した理由を「原作者の田辺聖子さんが大阪を舞台に小説を書き続けている方なので、大阪の要素は絶対に外せなかったんです。大阪の芸人さんで誰かいい人いないかなと思っているところに『見取り図さんがいいんじゃないですか』という声があったから選ばせていただきました」と説明。リリーは「僕の大阪の家で一緒に鍋パしましょう」と監督を馴れ馴れしく誘うが、盛山から「家賃4万1000円の家に呼ぶな!」と制されてしまった。

この記事の画像(全10件)

関連記事

見取り図のほかの記事

リンク

(c)2020 Seiko Tanabe/ KADOKAWA/ Josee Project

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 見取り図 / 中川大志 / タムラコータロー / ジョゼと虎と魚たち の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。