お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

南キャン山里が司会者役で名調子、劇場版「ONE PIECE」アフレコに決意

135

映画「ONE PIECE STAMPEDE(スタンピード)」の公開アフレコイベントに登場した(左から)南海キャンディーズ山里、ユースケ・サンタマリア、指原莉乃。

映画「ONE PIECE STAMPEDE(スタンピード)」の公開アフレコイベントに登場した(左から)南海キャンディーズ山里、ユースケ・サンタマリア、指原莉乃。

本日7月9日、映画「ONE PIECE STAMPEDE(スタンピード)」の公開アフレコイベントが都内スタジオにて行われ、この作品にゲスト声優として出演する南海キャンディーズ山里、ユースケ・サンタマリア指原莉乃が登場した。

山里が演じるのは作中の「海賊万博」を熱狂の渦へ誘う司会者、ドナルド・モデラート役。海賊万博の主催者ブエナ・フェスタをユースケ、海賊万博を彩る歌姫アンを指原が演じる。公開アフレコで山里はときにドスを効かせたような声や巻き舌などのテクニックを駆使して気迫のこもった名調子を繰り広げ、司会者に魂を吹き込んだ。

そんなアフレコ中、ユースケが山里や指原の名前をセリフに盛り込むアドリブを披露して2人を困惑させ、山里が「そのセリフないです!」、指原が「こんなにふざけていい場所なんですか?」とツッコむ場面も。ただ実際の台本上でユースケがアドリブを求められるシーンは多いという。アフレコ後に山里は「ONE PIECE」の声優を務めることに「ルフィたちに会うのは『ONE PIECE』が始まったときからの夢。でも、この作品を邪魔したくないという葛藤でめちゃくちゃ悩みました。録る前日は緊張で眠れなかった」と真摯に話した。

そのほかユースケが「山ちゃんはこの声をやるために海水を飲んで喉をつぶした。もんたよしのりさんのように」といったような真偽不明の話を繰り返して混沌とさせたこのイベント。山里は自身の結婚について取材陣に尋ねられると「この仕事をしているときは結婚が決まっていた。これから1人じゃないんだぞという決意が声に出ていたかもしれない」と述べる。最後に「今回の映画は何がすごいって劇場に行くというよりも“海賊万博を観に行く”。今までで一番ルフィたちに近づける作品!」とPRした。

この「ONE PIECE STAMPEDE」は尾田栄一郎原作アニメ「ワンピース」の放送20周年記念作となる劇場版シリーズ第14弾で来月8月9日(金)公開。ルフィたち麦わらの一味が訪れる「海賊の、海賊による、海賊のための世界一の祭典」海賊万博を巡る大乱戦の模様が描かれる。

(c)尾田栄一郎 / 2019「ワンピース」製作委員会

お笑いナタリーをフォロー