手話で笑いを取る、次長課長・河本の挑戦に密着

750

次長課長・河本を特集した「OFLIFE」(MBS)が明日6月18日(火)深夜に放送される。

手話での講演に臨む次長課長・河本。(c)MBS

手話での講演に臨む次長課長・河本。(c)MBS

大きなサイズで見る(全4件)

「異言語脱出ゲーム」で参加者に手話で話しかける次長課長・河本(右)。(c)MBS

「異言語脱出ゲーム」で参加者に手話で話しかける次長課長・河本(右)。(c)MBS[拡大]

番組では2年前のある出来事をきっかけに手話を始めた河本が、岡山で開かれた「第65回中国地区ろうあ者大会」の講演会に臨むまでに密着。河本と一緒に健常者と聴覚障害者がチームを組んで課題をクリアする謎解きイベント「異言語脱出ゲーム」に参加したNON STYLE井上の言葉も交えて、河本が手話に力を入れている理由に迫る。

手話の先生でもあるデフアスリートの佐藤湊(右)の練習場を訪ねた次長課長・河本(左)。(c)MBS

手話の先生でもあるデフアスリートの佐藤湊(右)の練習場を訪ねた次長課長・河本(左)。(c)MBS[拡大]

河本の手話の先生は陸上棒高跳びのデフアスリート佐藤湊。河本は岡山での講演会のことを佐藤に相談し、40分もの手話講演で笑いを取るべく2人で新ネタを考える。聴覚に障害を持つデフアスリートはスタート合図となる音が聞こえないためほかの障害者とは一緒に競技できず、パラリンピックに参加できない。4年に一度開かれる聴覚障害者のためのデフリンピックの知名度も低く、河本はもっと多くの人にその存在を知ってもらいたいという。

この記事の画像(全4件)

OFLIFE

MBS 2019年6月18日(火)26:14~26:45
<出演者>
次長課長・河本
ナビゲーター:黒田博樹
VTRナレーション:手塚理美

全文を表示

次長課長のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 次長課長 / NON STYLE の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。