お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

カンニング竹山と高橋みなみがナビゲーター、子供の職場を親が見学する新番組

165

新番組「ノゾキミ企業参観!子どもの職場が見たい」でナビゲーターを務める(左から)カンニング竹山、高橋みなみ。(c)BS朝日

新番組「ノゾキミ企業参観!子どもの職場が見たい」でナビゲーターを務める(左から)カンニング竹山、高橋みなみ。(c)BS朝日

明日4月6日(土)に新バラエティ番組「ノゾキミ企業参観!子どもの職場が見たい」(BS朝日)がスタートし、カンニング竹山と高橋みなみがナビゲーターを務める。

この番組は昨年2018年12月に放送された特番のレギュラー化。自分の子供が働いている様子を親が職場で“ノゾキミ”(=モニタリング)し、最後には親がこっそり潜入していたことを子供にネタバラシする。レギュラー初回に登場するのは女性用下着メーカーの男性社員、ウイスキー製造会社の職人見習い、幼稚園の先生といった面々だ。

先日都内スタジオにて行われた収録は、進行役の高橋に竹山が合いの手を打つ形で展開された。収録後に竹山は「基本的には、たかみなが全部進行をしてくれるんで、私は仕事しないんですよ(笑)。普通にV(=ビデオ)を観ているだけ。たかみなはうまいなと思いました。もうアナウンサーみたいでした」と感心しきり。高橋は「竹山さんがいらっしゃるので掛け合いができるのがうれしい。すごく優しいので、隣でリラックスしていられます」と収録を振り返る。

また竹山は番組内容について「僕は子供がいないから、よくわからないところもあるけれど、子育てが終わって立派な社会人になっても、やっぱり親目線になるんだなと思いました」とコメント。「幼稚園はビックリしました。今の幼稚園って、こんなになっているんだ、先生も23歳くらいだけども、あんなにがんばっているんだな」と印象的なシーンを語った。

ノゾキミ企業参観!子どもの職場が見たい

BS朝日 2019年4月6日スタート 毎週土曜19:00~20:54
<出演者>
ナビゲーター:カンニング竹山 / 高橋みなみ

お笑いナタリーをフォロー