お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

「和牛のモーモーラジオ」公開収録、水田が即興ソング弾き語り

1546

「和牛のモーモーラジオ」公開収録の様子。

「和牛のモーモーラジオ」公開収録の様子。

和牛が本日10月20日、パーソナリティを務める「和牛のモーモーラジオ」(文化放送)の公開収録イベントを東京・東京ドームシティ ラクーアガーデンステージにて開催した。

3度の特番放送を経てこの10月にレギュラー放送が開始された「和牛のモーモーラジオ」。公開収録を行うのは初めてで、天気に恵まれた野外ステージには多くのリスナーとファンが集まった。

ジェットコースターやメリーゴーラウンドなどアトラクションに囲まれた会場。定期的にコースターの轟音や悲鳴が聞こえる。水田は「ありがとー!」と高速で過ぎ去っていくジェットコースターの乗客に手を振り、「何人か川西のほうしか見てなかった!」と報告してみせた。また川西はメリーゴーラウンドの出発を待っている子供たちに「もうすぐスタートやんね?」と話しかける。「ちびっ子たちがあっち側に行ったらエッチな話していい?」という水田に、「今は昼の2時やけど、(番組が)流れるの深夜2時やもんね。テンションがようわからん(笑)」と笑いながら返した。

「よし、せーの」といつものタイトルコールを今日は来場している全員で行い、収録はスタート。リスナーからのお便りを少し紹介したところで、水田はいきなり「僕に歌ってくれってことなんでしょ?」と用意してあったギターに自ら触れた。「なんなん、歌いたそうにして」と怪訝そうな表情を見せる川西を無視して「やるなら練習させてくれんと。まあどうしてもって言うならやるけど。歌おうか?」とギターを抱える。そしてさっき作ったという「10月20日公開収録」と名付けたオリジナルソングを歌唱。本番直前の出来事を描写した歌で笑いを誘い、さらに“アンコール”を受けて「モーモーラジオ」のジングルも生歌で披露した。

2本目の収録にはゲストとして横澤夏子もトークに参加し、番組コーナー「水田の水に流せない話」の特別編などを展開する。それぞれの“ペラペラファン”の話題になると、和牛の2人がお互いの“ペラペラファン”を真似してヒートアップする場面もあった。

この日の様子は10月31日(水)、11月7日(水)にオンエアされる予定。会場に足を運べなかった人は放送をお楽しみに。

和牛のモーモーラジオ

文化放送 毎週水曜26:00~26:30
メールアドレス:メールアドレス:wagyu@joqr.net

お笑いナタリーをフォロー