お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

桂文三が東京で初の独演会、銀シャリ橋本も応援「師匠はかわいいんです!」

57

桂文三が東京で初となる独演会「THE 文三」を7月15日(日)に東京・神保町花月にて開催する。

1991年に5代目桂文枝に入門し、2009年に文三を襲名、上方落語界の次世代を担う存在として注目を集めている桂文三。2016年には「繁昌亭大賞」を受賞した。東京初の独演会では3席を予定しており、はめもの(お囃子)を使う上方落語ならではの演出で来場者を楽しませるつもりだという。ゲストには柳家喬太郎。文三は「初めてのお客さまが多いと僕、ごっつう燃えますねん!『初めて観た落語が文三でよかった』と思われる会にしたいです」と意気込みを語っている。

開催に寄せて、銀シャリと兵動大樹がコメント。銀シャリ橋本は「後輩がこんなこと言うのもあれなんですが、師匠はかわいいんです、チャーミングなんです! 楽屋ではただのとんでもなくエロいおじさんなんですが……(笑)」と文三の人柄を紹介している。彼らのコメントは神保町花月などで配布されるチラシに掲載される予定。

桂文三 独演会「THE 文三」

日時:2018年7月15日(日)15:30開場 16:00開演
会場:東京・神保町花月
料金:前売2500円 当日3000円
チケット:チケットよしもと(Yコード:999070)、チケットぴあ(Pコード:597-723)、ローソンチケット(Lコード:32827)にて販売。
<出演者>
桂文三
ゲスト:柳家喬太郎

お笑いナタリーをフォロー