お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

「3LDKで3万円」松原タニシが池田エライザに事故物件の魅力アピール

146

昨日6月11日、映画「ルームロンダリング」の完成披露試写会が東京のニッショーホールで行われ、松原タニシがゲストとして登壇した。

7月7日(土)より全国公開される「ルームロンダリング」は、自殺や殺人などが起きた部屋をクリーンな空き部屋へと浄化することを生業とする女性・八雲御子を描く作品。完成披露試写会にはキャストの池田エライザ、オダギリジョー、渋川清彦、健太郎、監督の片桐健滋も出席している。

“事故物件住みます芸人”の松原はイベントの中盤に現れ、事故物件に関するクイズをキャスト陣に出題。「僕が体験した、事故物件に住んでいたよかったことはなんでしょう? 『鏡に文字が浮かんだ』『ものが勝手に動いた』この2択でございます」という問題に、池田はすかさず「どっちも嫌ですけどね!」とツッコミを入れた。

松原が発表した正解は「鏡に文字が浮かんだ」。彼は「お風呂入ってたら鏡に『シ』って文字が浮かび上がったんです。次に『ネ』ってなったら怖いなと思ったら小さい『ャ』だった。最終的に『シャンプー』って浮かび上がりまして、確かにシャンプーの容器が空になっていた。買い時を教えてくれたんです!」と不思議なエピソードを明かす。「本当ですか!?」と驚くエライザには「こちらも嫌がらなければ、向こうも生活に協力してくれます」と笑顔で返した。

改めてMCから「事故物件に住みたいと思いましたか?」と聞かれた池田は「巡り合えば……はい」と苦笑い。松原が「安いですしね。僕が今住んでるのは3LDKで3万円です」とアピールすると、客席からはどよめき混じりの笑いが起こっていた。

お笑いナタリーをフォロー