お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

阿佐ヶ谷姉妹の新ネタが1位「東京コントメンAWARD」ギース問題作は1票で最下位

504

後列左からライブプロデューサーでルールを決める“ルール涼太”こと大竹マネージャー、ラバーガール、ラブレターズ、阿佐ヶ谷姉妹、みさわ大福、司会のムロツヨシ。前列が「ツッコミ百人一首」のポジションにつくザ・ギース。

後列左からライブプロデューサーでルールを決める“ルール涼太”こと大竹マネージャー、ラバーガール、ラブレターズ、阿佐ヶ谷姉妹、みさわ大福、司会のムロツヨシ。前列が「ツッコミ百人一首」のポジションにつくザ・ギース。

昨日6月8日、ASH&Dコーポレーションのライブ「東京コントメンAWARD」の第1回が開催され、ザ・ギースラブレターズ阿佐ヶ谷姉妹、みさわ大福とゲストのラバーガールが出演。来場者投票により、阿佐ヶ谷姉妹の新ネタとギースのコントが同アワードにノミネートされた。

「東京コントメンAWARD」ではグランプリをはじめとする各賞や司会のムロツヨシによる個人賞を設定し、1年のうちに3回のネタライブと授賞式イベントを実施。ライブではASH&D所属の4組が披露する新ネタを含んだ2本のネタとゲストのネタを対象に審査を行い、上位2ネタをノミネート作に選出する。

審査方法は、観客がこの日のネタの中からもっとも面白かったと思う1ネタに投票するというもの。記念すべき第1回で見事1位を獲得したのは阿佐ヶ谷姉妹の誘拐を題材にしたネタだった。定番の設定に、誘拐するのもされるのも“おばさん”というオリジナリティを加えた姉妹。おばさん同士のゆるい会話が緊張感のあるはずのシーンに水を差して笑いを誘い、後半の大胆な展開でも客席を引きつけていた。

もうひとつのノミネート作はギースの「遡りカルチャースクール」。一方で、ギースの新ネタ「ツッコミ百人一首」は1票獲得で最下位に。観客のリアクションでなんとなくは察していたものの、まさかのたった1票という結果にギースの2人は膝から崩れ落ちる。ラバーガール飛永は「うちらのネタよりそのネタが面白いと思った人がいたのは悔しい」とその票を投じた稀有な存在に興味を持った様子だった。

毎回、その場で決めた方法でライブを締めるのが「コントメン」のリニューアル前からの楽しみのひとつ。今回はムロもお気に入りだという、「遡りカルチャースクール」の“極限にエロいこと”を念じてタイムスリップするシーンを各々アレンジすることに。今回1位の阿佐ヶ谷姉妹は「BCGの痕をなめられたい!」、ゲストのラバーガールは「女弁護士がジムで必死に走っている……」、ギース尾関は「歯の矯正をした人に首筋を噛まれたい!」と絞り出して舞台袖へ駆け出していく。最後に残されたムロは「急にこのライブ嫌いになった! なんで俺がやんなきゃなんないんだよー」と困り果て、「本当の性癖言うからな!」とやけくそ気味。「ダメ、ダメ。ダーメ。もうー。言われたい!」と言い放ってステージをあとにした。

次回「東京コントメンAWARD」は9月22日(土)に東京・武蔵野公会堂にて開催予定。

お笑いナタリーをフォロー