お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

野性爆弾くっきー「スター・ウォーズ」の世界を“銀河杯将棋”実況で表現

307

野性爆弾くっきー監督「実況 銀河杯将棋」のワンシーン。

野性爆弾くっきー監督「実況 銀河杯将棋」のワンシーン。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のMovieNEXが4月25日に発売される。これに先がけて、野性爆弾くっきーが監督し、出演する映像がYouTubeにて公開された。

映像は「実況 銀河杯将棋」と題し、くっきー演じる川島名人とライバル高橋四段による白熱の将棋バトルを描いたもの。将棋盤の上で「レイとルークの出会い」「レイとカイロ・レンの共闘」「消えたルーク」を表現した。対局の様子は実況解説され、このシーンには「野性爆弾くっきーの持ち方先生」でおなじみのトリートメント・エレーンこと坂本麻子も出演している。音楽や細かい演出など、くっきーの世界観を存分に楽しめる映像をチェックしてみよう。

くっきーは将棋というテーマを選んだ理由について「うわさで聞いたことがあるのは『スター・ウォーズ』は黒澤明監督に影響を受けていますよね? どこか和のテイストを感じたし、甲冑っぽいものを着ていたり、そういう和を出せたらいいなと思って、将棋にしました」と説明。何度も見返すほど「スター・ウォーズ」シリーズの大ファンで、もし自身が出演するなら「金箔を塗って、リアルで肉々しいC-3POかな?(笑)」とコメントした。

お笑いナタリーをフォロー