お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

くりぃむ上田ら出演ドラマ「天才バカボン」新作、西田敏行がバカ田大学の教授に

233

左から松下奈緒、西田敏行、くりぃむしちゅー上田。(c)日本テレビ

左から松下奈緒、西田敏行、くりぃむしちゅー上田。(c)日本テレビ

くりぃむしちゅー上田がバカボンのパパ、おかずクラブ・オカリナがバカボンを演じるドラマ「天才バカボン」(日本テレビ系)の第3弾がゴールデンウィークに放送されることが決定した。

これまで2016年3月、2017年1月にオンエアされた「天才バカボン」のドラマシリーズ。原作のキャラクターに酷似した上田やオカリナのビジュアル、タモリが歌唱した主題歌などが話題となった。

第3弾では、初登場の西田敏行がバカ田大学の紙一重(かみひとえ)教授を演じることに。ストーリーもバカ田大学が舞台で、バカボンのパパと紙一重教授の奇妙な研究プロジェクトなどが描かれる。バカボンのママ(松下奈緒)、レレレのおじさん(小日向文世)、おまわりさん(高嶋政伸)といったおなじみの面々も登場するのでお楽しみに。

くりぃむしちゅー上田 コメント

共演者の皆さんには、毎回、おんぶに抱っこなのですが、今回は特に、西田敏行さんには、抱っこひもで背負ってもらっているくらいに感じています。西田さんとの共演シーンでは、毎回、台本にはないアドリブがあったり、セリフの行間を描くような芝居が入ってきたり、「同じセリフでも、こんな表現方法や伝え方があるんだ!」と学ばせていただいています。スペシャルドラマ「天才バカボン」は、子供からおじいちゃん・おばあちゃんまで、原作を知っている方から知らない方まで、十分に楽しんでいただける作品だと思いますので、ぜひ楽しみに待っていてください。

西田敏行 コメント

今回、第3弾を迎えるスペシャルドラマ「天才バカボン」のクオリティを壊さないように、しっかり演じたいと思って臨みました。私が演じるのは、あのバカ田大学の紙一重教授です。実は、ドラマの中で飼っている愛犬の名前が「アインシュタイン」という設定なので、自分も急遽、アインシュタイン風に変身させていただきました。私は70 歳になるんですが、この歳になっても学ぶことは多いです。逆、私が教えられることはまだないように思います。この撮影現場でも、皆さんが、僕にないものをいっぱい持っていらっしゃるので、吸い取りたい気持ちです。

松下奈緒 コメント

スペシャルドラマ「天才バカボン」はシリーズ3作目となるので、今回もとても楽しみです。実は、今日が撮影初日だったのですが、西田敏行さんと作品でご一緒するのは初めてで、とても緊張しました。西田さんがご出演されている作品は、子供の頃から家族そろって拝見していまして、俳優として、尊敬する大先輩です。ドラマの撮影では、作品ごとにさまざまな方々と出会って、学ぶことがとても多いので、そういう充実した日々が続いてくれればいいなと思っています。

お笑いナタリーをフォロー