お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

ドラマ「天才バカボン」にミキ、カミナリ、ANZEN漫才、ホリケンが出演

2036

「天才バカボン3 ~愛と青春のバカ田大学~」より、ミキ出演シーン。(c)日本テレビ

「天才バカボン3 ~愛と青春のバカ田大学~」より、ミキ出演シーン。(c)日本テレビ

来月5月4日(金・祝)放送のドラマ「天才バカボン3 ~愛と青春のバカ田大学~」(日本テレビ系)にネプチューン堀内、ミキカミナリANZEN漫才が出演することがわかった。

くりぃむしちゅー上田がバカボンのパパ、おかずクラブ・オカリナがバカボンを演じるドラマ「天才バカボン」。第3弾となる今回はバカ田大学が舞台で、バカボンのパパと紙一重教授(西田敏行)の奇妙な研究プロジェクトなどが描かれる。

堀内が演じるのは、バカボンパパの大学時代の友人・メイ。「お調子者だが、バカなことにも一生懸命取り組む男」というキャラクターだ。それ以外の芸人が演じる役柄の詳細はまだ明かされていないが、彼らの出演シーンの場面写真やコメントが到着した。チェックしてオンエアを楽しみに待とう。

なお本日の発表では、大塚寧々大野拓朗マツコ・デラックス石黒英雄中村靖日、桝太一アナウンサー、水卜麻美アナウンサーの出演も明らかになった。

ネプチューン堀内 コメント

久しぶりのドラマの現場は、とても楽しかったです。バカ田大学の学生役で出演オファーが来たときは「やっぱりな」という感じでした。メイという役は僕そのものかもしれないです(笑)。ただ西田敏行さんが紙一重というバカ田大学の教授役で、一番、バカ田大学っぽかったので、西田さんには負けちゃったかな(笑)。

ミキ コメント

昴生:ドラマ初出演、本当に嬉しいです。撮影はめちゃくちゃ緊張しました。簡単にできると思っていたんですが、なかなか難しかったです。ドラマの現場の空気も初めての経験で、本番中に「なんだ、この空気!?」って言っちゃいそうになりました(笑)。僕たちの奮闘ぶり、楽しみにしていてください。

亜生:ドラマに初出演させていただき、とてもありがたいです。役者の人が、いかにすごいかを体感できる貴重な体験になりました。撮影では緊張しすぎて皆さんにご迷惑をおかけしましたが、面白いシーンに仕上がっていると思いますので、ぜひ見てください。

カミナリ コメント

まなぶ:スペシャルドラマ「天才バカボン3」に出演できて、めちゃくちゃうれしいです。バカ田大学が舞台ということで、早稲田大学に6年半通って40単位しか取れなかった自分にはピッタリだと思いました。

たくみ:小さい頃からマンガを読んで、アニメも見ていた「天才バカボン」のスペシャルドラマに出演できたことはうれしいです。ちゃんとセリフもありますし、ドラマを観たら「カミナリが出た!」と一発でわかると思うので、楽しんでいただければと思います。

ANZEN漫才 コメント

みやぞん:バカ田大学の「不思議な部活」の先輩役で出演します。この部活はさすがバカ田大学! 本当に面白い発想だと、その一心です。野球部だった僕と、サッカー部だったあらぽんが、一緒に出演できて、本当にうれしいです。

あらぽん:僕はずっとサッカーをやっていたので、学生の頃の気持ちを思い出しました。バカ田大学の部活のシーンでは、みやぞんに本気で強めのパスを出しちゃいました(笑)。みやぞんがカッコつけているので、そこを見てください。

「天才バカボン3 ~愛と青春のバカ田大学~」

日本テレビ系 2018年5月4日(金・祝)21:00~

お笑いナタリーをフォロー