お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

ジャンポケ斉藤VS竹中直人、映画「レオン」舞台挨拶でひたすらケンカ

131

ジャングルポケット斉藤(右)にケンカを吹っかける竹中直人(中央)。

ジャングルポケット斉藤(右)にケンカを吹っかける竹中直人(中央)。

本日2月24日、映画「レオン」の初日舞台挨拶が東京・ユナイテッド・シネマ豊洲で行われ、ジャングルポケット斉藤が登壇した。

「レオン」は、同名マンガを原作とする塚本連平監督のコメディ。冴えないOL・小鳥遊玲音(知英)と、玲音が働いていた会社のワンマン社長・朝比奈玲男(竹中直人)の身体が入れ替わってしまったことから起こる騒動を描く。斉藤が演じるのは、玲男の右腕として働きながら虎視眈々と社長の座を狙う朝比奈政夫だ。

初日舞台挨拶には斉藤のほか、知英、竹中直人、大政絢、山崎育三郎、ミッツ・マングローブ、塚本連平監督が登壇した。最初の挨拶では、竹中が「斉藤慎二くんという男が今ここに存在しているのが、とてつもなく納得がいかないです」と理不尽なコメントを放ち、会場の笑いを誘う。斉藤は「どういうことだ!? いい加減にしなさいよあんた!」と反撃するが、「指を差すなよ!」と冷たくあしらわれてしまった。

竹中は公開初日を迎えた心境を語る場面でも、「そうそうたるメンバーが揃っていて、ここにいる自分が信じられませんが……その並びの中に斉藤慎二という男がいるのが納得いかない」と発言。斉藤が「まだ言います!? もういいでしょ!」と声を荒げると、それを超えるテンションで「うるさいな! 指差すな、人を! 気になってしょうがないんだよ、お前の存在が! ただでさえ暑苦しいのに!」とまくしたてた。

また司会から「最近何か大爆笑したエピソードはありましたか?」と聞かれた斉藤が、海外ロケでエリマキトカゲを見つけようとしたときのエピソードを披露するひと幕も。彼は「異常気象になっちゃって、現地の人に『見つからない』と言われたのに3匹見つけて。それを追いかけていったらさらにもう3匹見つかった」という話を意気揚々と語るが、竹中は「それ大爆笑でもなんでもねえだろ? 今は大爆笑の話をする時間じゃねえのか? 『エリマキトカゲいたいたいた!』っていうのが面白いのか? それは“爆笑”じゃなくて“発見”だろ?」と責められてしまい、最後は根負けして「本当にすみませんでした……」と謝っていた。

(c)清智英・大倉かおり / 講談社・2018映画「レオン」製作委員会

お笑いナタリーをフォロー