お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

ANZEN漫才と関根勤「映画クレしん」ゲスト声優、みやぞん「実感沸かない」

503

「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」ゲスト声優のANZEN漫才と関根勤(右)。

「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」ゲスト声優のANZEN漫才と関根勤(右)。

4月13日(金)に全国公開される「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」にて、関根勤ANZEN漫才がゲスト声優を務める。

この作品は、野原しんのすけたち「カスカベ防衛隊」のメンバーが春日部の中華街・アイヤータウンで活躍する様子を描く劇場版第26弾。伝説のカンフー・ぷにぷに拳を習うことになったカスカベ防衛隊のメンバーが、1度食べるとやみつきになり凶暴化してしまう「ブラックパンダラーメン」によってパニックに陥った街を救うため立ち上がる。ANZEN漫才みやぞんは「ギター拳法」を繰り出しながらオリジナルソングを熱唱し、カスカベ防衛隊の行く手を阻む拳法家のミヤ・ゾン役。相方あらぽんはブラックパンダラーメンを食べて凶暴化してしまう客役だ。アニメ映画の声優を初めて務める2人とも、本人そっくりのキャラクターで劇中に登場する。

「クレヨンしんちゃん」ファンとしても知られる関根は、ぷにぷに拳の師匠役。関根にとって、2001年に公開された「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」以来、17年ぶり2回目の「クレしん」映画出演となる。なお本日2月16日(金)放送の「クレヨンしんちゃん」(テレビ朝日系)にANZEN漫才が登場して、みやぞんが即興の「しんちゃんに捧げる歌」を披露し、来週2月23日(金)の放送にも関根勤が登場するのでお楽しみに。

ANZEN漫才 コメント

みやぞん
マネージャーから映画の声優決まったよ、と聞かされたときのリアルなリアクションなんですが、「え?……」。リアルこれです! 一瞬パニックです(笑)♪パニックパニックパニックANZENあわててる♪(「オラはにんきもの」の替え歌) ただ、僕らの中で、芸能界に入ったときの目標の1つに、こうしてアニメの中で僕らが描かれるっていうのがあったので、それが叶ったんだなと。恵まれてるんです、我々本当に。有り難いと思っております。
しんちゃんと共演するって! 実感沸かないですけども。実感沸かないながらに言わせてもらうと、ホントの意味で実感沸かないです。
(即興ソング)♪しんちゃんの映画に出ます ほんと嬉しいことです
♪しんちゃんいっつもありがとう 愛と勇気と希望をありがとう
楽しみたいと思います! しんちゃんよろしく!

あらぽん
僕らは小学校の頃から観ていたので、「しんちゃん」と軽々しく言ってますけど、芸歴ではしんちゃんの方が上なので、僕はもう「クレヨンさん」と呼びたいです。だから、芸能界のルールとして挨拶は「クレヨンさん、おはようございます!」って言うべきで、先輩と共演できる、それくらいの気持ちではあります。
しんちゃんの映画では僕は「嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」がすごく印象的で。しんちゃんの能力で憧れるところがあるんです。最初の方のシーンで“のぼり”を風間くんと取り合うところがあって、おしりの筋肉でしんちゃんが上下うまく、右のケツ上げて左のケツ上げてって棒を引っ張るんです。あのケツ筋をこの歳で持ってるのかと。憧れましたね。

関根勤 コメント

師匠の役は年齢が高めなので、大滝秀治さん、あるいは拳法ですから、千葉真一さん、藤岡弘、さんもどうか、でも“ぷにぷに拳”なので、飄々とした柔らかい感じで、「酔拳」のときのジャッキーの師匠をイメージしたりと、いろいろ役作りのイメージをしました。
(共演のANZEN漫才に対して)今ANZEN漫才は勢いがありますからね。キャラクターになっても溶け込めると思います、そもそも2人ともアニメみたいな顔してますから。みやぞんはみやぞんのまま、本当に自由人なので好きなようにやってほしいですね。
オファーをもらったとき、家族にも伝えたんですが、それはもう喜んでくれました。娘の麻里も喜んでくれて、孫も「観に行く観に行く」と言ってますから、完成したら家族で観に行きたいと思います。

(c)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018

お笑いナタリーをフォロー